何をしても治らない肌荒れには「何にもしない」も必要なんです

女性にとって、肌の調子はその日の気分も変えてしまうくらい大切なことですよね。

お肌の調子が悪いとそれだけで気持ちが沈んでしまったり、メイクがうまく乗らなくてイライラしたり。逆にお肌の調子がいいときはすごく前向きな気持ちになれたりします。

毎日のちょっとした肌の変化でもこんなに心や暮らしに影響があるのに、「肌荒れ」になってしまうと一大事。なんとか早く治さなきゃ!と、普段以上に念入りにお手入れをしてみたり、新しい美容液を投入してみたりしたことはありませんか?

この「何とか早く治さなきゃ!」のスキンケアは実は諸刃の剣。たとえば肌荒れの原因がはっきりと乾燥によるものと分かっているならたっぷりの保湿が効果的な場合もありますが、やみくもにスキンケアをすることで荒れた肌を余計に傷めつけ、逆に回復を遅らせてしまうことも少なくないんです。

「思い切って何にもしない」が回復の近道になることも

敏感肌さんはもともと刺激を受けやすい肌ですが、肌が荒れているときはさらにデリケートで刺激に弱い状態になっています。いつもなら平気なはずの微量のアルコールに刺激を感じて化粧水がピリピリしみたり、いつもなら大丈夫だった美容成分が大きな負担になったりすることも。 お肌のために塗る化粧品であっても、基本的には肌にとっては「異物」なんです。

もうどうしようもなくお肌がボロボロなときは勇気を持って何もしない、というのが実はいちばん回復が早かったりします。

メイクや日焼け止めも一時的にストップ。
これには、お化粧や日焼け止めそのものがお肌の負担になるのと、それを落とすためのクレンジングで界面活性剤が必要になったりクレンジングで摩擦が起こったりする、というふたつの側面があります。

そして、洗顔は石けんや洗顔料を使わないでぬるま湯でやさしく洗うこと。洗顔後も何も塗らないことが理想的ですが、乾燥しすぎてどうしても辛いときはワセリンや低刺激のクリームなどをほんの少量付けるだけにします。

早く肌荒れを治すために、思い切って「何にもしない」を実行してみるのもひとつの手です。もちろん酷いときは皮膚科で診てもらってお医者様の指示を仰いでくださいね。

 

yaji ワセリンよりも効果的!肌を外部刺激からブロックするクリームとは

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。