シミの原因は紫外線だけじゃない!?シミを作らないために今すぐできるスキンケアのポイント

美肌の大敵シミの原因といえば、紫外線ですよね。シミがあるとそれだけで老け顔に見えてしまいますから、みんなせっせと紫外線対策をがんばっているわけです。

が、実はシミを作り出す原因になるのは、紫外線だけじゃないんです!
 

そもそもシミってなんなの?どうしてできるの?

シミの元といえば、メラニン色素。
メラニン色素は、表皮の奥にある「メラノサイト」という色素細胞で作られます。シミの元となるせいで、メラニン色素というとすごく悪者のように思われがちですが、実はメラニン色素は紫外線からお肌を守るための大切な防御反応なんです。

紫外線から細胞を守るための日傘の役割というと分かりやすいでしょうか。影を作って細胞をガードするのがメラニン色素の役目です。が、本来はその役割を終えればターンオーバーによって排出されてなくなっていきます。

このメラニンの排出が滞って肌に留まってしまったり、あるいは外部からの刺激が強すぎて過剰にメラニン色素が作られてしまって排出が追いつかない状態が「シミ」なんです。
 

紫外線以外のシミの原因

シミの原因のいちばん有名なものは紫外線ですね。メラニン色素には活性酸素を還元する働きがあります。紫外線を浴びると活性酸素が発生するので、メラノサイトはメラニン色素を作る態勢になります。
メラノサイトを刺激するのは紫外線だけではありません。
肌荒れなどの炎症や毎日のスキンケアによる摩擦がシミの元を作ってしまいます。

肌荒れのように目に見える炎症だけでなく、積み重なった摩擦は皮膚の内部で目に見えない炎症を起こします。炎症の起こっている部分には活性酸素が発生するので、この活性酸素を還元するべくメラニン色素がたくさん作られるわけです。

美しくなるためのスキンケアが、逆にシミの原因を作ってしまう結果になることもあるということです。
 

しみを作らないために今すぐできるスキンケアのポイント

しみを作らないために必要なのは、「こすらないスキンケア」です。
摩擦を減らすことで目に見えない微弱な炎症を減らすことができ、シミの原因を減らすことができます。

特に、洗顔は摩擦がおきやすいスキンケアの代表です。できるだけ摩擦を減らすために、洗顔は直接手で触れずに泡で包むようにして洗う泡洗顔を。クレンジングも摩擦が大きくなりやすいですから、落ちにくいメイクから落としやすいメイクにシフトすることもひとつの手です。

あれこれ塗り重ねるスキンケアも、弱った敏感肌にとっては摩擦・刺激になってしまうことも。スキンケア化粧品をつけるときは、優しく手のひらで包み込むようにしてなじませましょう。オールインワンタイプの化粧品を選べばそれだけ塗り重ねる回数が減り、摩擦は最小限で抑えられます。

また、メイク時のパフやスポンジ、ブラシは肌当たりの柔らかい刺激の少ない物を選ブことも大切です。リキッドファンデやアイシャドウなどは手や指先を使えば道具を使うよりも摩擦が少なくなります。
 

今日から摩擦の少ないスキンケアを始めよう!

シミの原因が分かれば、それを減らすための対策が立てやすいもの。摩擦の少ないスキンケアを心がけることで、シミができる可能性をグッと減らすことができます。そんなことで・・・と思うことなかれ。20歳でスキンケアを始めたとしても、40歳までに20年×365日×朝晩2回でなんと14600回もスキンケアをすることになるんですよ。

日々のお手入れの小さな積み重ねが10年後の肌に大きな差を作ります。早速今日から、摩擦の少ないスキンケアを始めましょう!

 

yaji 年代別・お悩み別スキンケア人気アイテムランキング

yaji 敏感肌にオススメの低刺激&無添加化粧品ブランド特徴まとめ

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。