ぬるま湯洗顔、適温は何度?熱いお湯で洗顔したらダメなの?

洗顔は美肌の基本!と言われています。

正しい方法で顔を洗うことは、肌荒れ予防に繋がりますし、スキンケア化粧品の効果まで左右します。
きちんと洗顔できずに汚れが残った状態で高級美容液を使っても、上手く浸透しないでムダになってしまっているかもしれませんよ。

正しい洗顔というと、ぬるま湯で、たっぷりの泡で直接お肌に触れないように・・・というのが定説ですが、この「ぬるま湯」っていったい何度のことなんでしょうか?

そもそも何故ぬるま湯推奨なのか

そもそもどうして「ぬるま湯洗顔」が推奨されているのかというと、皮脂と毛穴のためなんです。

皮脂は脂(あぶら)ですから、高い温度にさらされることで溶け出します。
つまり、熱いお湯で顔を洗うと必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるんです。

脂コッテリのフライパンを洗うときだって、水だとなかなか脂が落ちないのにお湯で洗うとサッと落ちますよね?
それと同じで皮脂もサッと溶けて洗い流されてしまい、洗顔後カサカサつっぱる・・・ということにもなりかねません。

洗顔後のお肌のツッパリ感は洗顔料の洗浄力の強さのせいだけではないんです。

反対に冷たい水だとどうかというと、毛穴がキュッと引き締まってしまい毛穴に詰まった汚れを落とすことができなくなってしまいます。
これがニキビや吹き出物の原因になってしまうことも・・・。

毛穴がほどよくゆるみ、必要なうるおいを残したまま不要な皮脂を洗い流すのに適しているのが「ぬるま湯」というわけです。

じゃあ「ぬるま湯」って何度のことなの?

一言でぬるま湯と言っても、人によって思う「ぬるま湯」の温度というのはずいぶん違うのではないでしょうか。

洗顔に適したぬるま湯の温度とは「32度前後」だそうです。

温度を測りながら32℃のぬるま湯を作ってみるとちょっと驚きます。
意外と温かくないんです。

想像している「ぬるま湯」というよりも、「冷たくない水」「ちょっと温かい水」と言った方が適切なんじゃ???と思うような温度です。

毎朝毎晩、温度を測りながら洗顔は無理ですが、一度32℃のぬるま湯の温度を体感して、感覚を掴んでみてください。

なお、脂性肌さんは32℃よりやや高めの温度、乾燥肌さんはやや低めの温度推奨です!

最近話題の42度洗顔ってどうなの?

昨年あたりから「42℃のお湯で洗顔」という、ぬるま湯洗顔とは対極の洗顔方法が取り上げられるようになりました。

美魔女の水谷雅子さんも実践されているというこの42℃洗顔をすると、ヒートショックプロテイン(HSP)効果でシミ・シワ予防などのアンチエイジングに役立つんだそうです。

野菜の50度洗いというのも流行りましたが、野菜の細胞も人の細胞も刺激を受けて逆にシャキッとするということもあるんです。

しかし、42度というとけっこうな高温です。お風呂の温度としてもかなり熱いほうです。当然、皮脂は流れ落ちやすいので、乾燥肌さんにはあまり向きません。(たまにならよいかも?)

どちらの洗顔法も、肌質や肌の調子によって合う合わないがあります。肌の状態をよく観察しながら、自分に合う温度で洗顔をしてくださいね!

 

 

yaji 敏感肌のメイク落としはオイル?ミルク?ゲル?お肌に優しいクレンジングの選び方

yaji 敏感肌にオススメの低刺激&無添加化粧品ブランド特徴まとめ

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。