ロベクチンの口コミ・特長まとめ!アメリカ・韓国で大流行の超敏感肌向け高保湿クリームの輸入元に話を聞いてきました

アメリカや韓国を中心に人気爆発中の「ロベクチン」がついに日本上陸しました!もともとガン治療中の肌トラブル対策のために開発された肌疾患ケア向けクリームなのですが、疾患肌・敏感肌さんだけでなく美肌を目指す普通肌さんからも支持が厚く、2年で100万本も売れたというクリームです。

元KARAのニコルさんがインスタグラムで写真を載せていたり、VOGUEで普段使っているスキンケアアイテムとして「ロベクチン」を挙げていたりと本当に愛用されていたり、元℃-uteメンバーの梅田えりかさんもツイッターで紹介していたりと、敏感・疾患肌だけでなく美肌ケアアイテムとしてもすごく有名みたいなのですが、なんせ日本にはまだ上陸したばかり。

にもかかわらず、GLITTERをはじめすでにいくつかの雑誌にも掲載されている今注目のアイテムです。

ロベクチンってどんなクリームなのか?敏感肌でも安心して使えるのか?どんな使い方がおすすめなのか?輸入元に突撃してインタビューしてきました!

yaji ロベクチン公式サイトはこちら
yaji ロベクチンの口コミは?
yaji 管理人yo-koがロベクチンを使ってみた感想

 

ロベクチン日本輸入元JBRM Inc.さまにお邪魔しました

ロベクチンはアメリカで開発・製造されたクリーム。エスティローダーやランコム、ディオール、超高級クリームとして有名なドゥ・ラ・メールなど、そうそうたる有名ブランドの商品製造を手掛けているHCT社で製造されています。

日本の国内発売元はJBRM Inc.という会社でオフィスが大阪にあるとのことなので、ツテをたどってお話を聞かせてください!とお願いしたところ、快くOKをいただくことができました。

JBRM Incさま

今回は国内発売元JBRMの石丸さま、仲間さまにお話をお伺いしました!

yaji ロベクチン公式サイトはこちら

 

ロベクチンってどんなクリームなの?

管理人yo-ko(以下:羊):今日はお時間をいただきありがとうございます!日本初上陸のロベクチンについて興味津々でやってまいりました!まずはロベクチンとはどんなクリームなのか、どういった経緯で開発されたものかを教えてください!

ロベクチンプレミアムクリーム&ボディーローション

i4JBRM石丸さん(以下:石丸さん):ロベクチンは徹底的に低刺激にこだわり、あらゆる美容保湿成分の中から厳選した成分のみを使用して作られた、とてもお肌に優しい保湿クリームです。というのも、元々抗がん治療や放射線治療による皮膚関連の副作用に苦しむ患者さんのために開発された保湿クリームだからです。

そのため、発がん性物質はもちろんのこと、パラベン、石油系界面活性剤、着色料、香料等、皮膚に刺激を与える成分を一切含んでいません。

ROVECTIN

アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局=日本でいう厚生労働省)の認可を受けており、医薬部外品として扱われていまして数々の医療現場でも活躍しています。
羊:だから敏感肌はもちろん、疾患肌にも安心して使うことができるんですね。赤ちゃんや小さい子どもさんでも使えますか?

i2石丸さん:はい、乳幼児でも安心してお使いいただけます。おむつかぶれ対策やお風呂あがりの保湿、アトピー体質のお子さんにもおすすめです。

ロベクチンがアメリカや韓国で爆発的人気になった理由は?

羊:ロベクチンはアメリカ発のクリームだそうですが、アメリカや韓国で爆発的人気になった理由はなんですか?

n05JBRM仲間さん(以下:仲間さん):海外で人気が出た理由は、多くの皮膚科専門のドクターから品質の高さを支持していただきロベクチンの良さを発信していただいていることや、たくさんの有名人が使用してSNSなどに投稿したり、数々のメディアや雑誌に登場したりしたことが挙げられると思います。
羊:元KARAのニコルさんのインスタグラム見ました!

@nicole.Rovectinn04仲間さん:そうなんです、海外セレブにも愛用者が多いんですよ。

また、ロベクチンは世界各地で発売されていまして、アメリカ北部などの寒い地域、ブラジルなどの暑い地域でも使用されております。アメリカ北部とブラジルでは地域によって気温や気候がかなり異なりますが、寒さによる乾燥、紫外線によるダメージ等、さまざまな外部刺激から肌を守るためにロベクチンが重宝され、口コミで広がったのが人気の秘密だと思います。

羊:医療現場でも使われているというのは敏感肌さんにとっても安心ですね。

i01石丸さん:そうですね、海外の皮膚科学会などでもロベクチンが展示されたり、レーザー脱毛後のアフターケア用クリームとして医療機関で使用されていたり、皮膚科専門医からも高い評価を得ています。
有名百貨店でも販売されているということも、ロベクチンの名を広げ人気に火がついた要因のひとつであると考えられます。

 yajiロベクチンの詳細を公式サイトで見る

 

ロベクチンのこだわりポイントを教えてください!

ろべくちん

羊:敏感肌向けクリームというのは他にもいろいろあると思うのですが、ロベクチンならではのこだわりポイントやここがすごいぞ!というところを教えてください!

n05仲間さん:やはり重度の皮膚疾患を抱えている患者さんに焦点を当てて開発したというところです。

「重度の皮膚疾患の方に有効」と聞くと、このクリーム自体がすごくきついんじゃないかと思われるかもしれませんが、そうではないんです。

逆に、重度の皮膚疾患の方やがん治療中の副作用としての肌トラブルを抱えている方たちは、より肌が敏感で刺激に対して弱くなっている状態なので、強い成分を使うことが逆に刺激になってしまいかねません。

ロベクチン肌トラブル例ですから、そういう状態のお肌に使用するクリームというのは「徹底的に低刺激でありながらも高保湿で優しく、肌のバリア機能を高めることを重視した保湿クリーム」でなければなりません。

ロベクチンはそれをベースに、セラミドやアスタキサンチン、その他こだわり抜いた美容保湿成分が最適なバランスで配合されています。この独自の配合バランスは皮膚専門ドクターからも「こんなにバランスの取れた配合のクリームはそうそうない」とお墨付きをいただいております。

羊:具体的には、どんな成分・どんな機能がすごいんでしょうか?

i3石丸さん:ロベクチン独自のバリアリペアコンプレックス(TM)によってバリア機能が損なわれている肌の角層一つひとつを隙間なく整え、即座にバリア機能を修復し、肌の油水分のバランスを整えます。

ロベクチン

また、ロベクチン独自のシルキーシールドベース(TM)は濃厚で高保湿なクリームにも関わらず、ベタつきのない滑らかさを提供し、うるおいを長時間保ってキープします。

yaji ロベクチンの成分や機能をさらに詳しく見る

羊:お肌を刺激からバリアで守って、しっかり潤わせるという「保湿の原点」を忠実に、しかも超低刺激に作られているということですね!

i5石丸さん:はい、バリアリペアコンプレックスは、その名のとおりお肌のバリア機能を修復するはたらきをしてくれるのですが、単にクリームで表面を被って保護するだけでなく、ロベクチンを継続してお使いいただくことで肌本来のバリア機能を取り戻していきます。そのため、6週間継続利用した後2週間使用を止められた場合でも水分蒸散量が10%削減できたというデータが出ています。

このように、重度の皮膚疾患に焦点を当てて開発したことで、誰もが使用できる、いわば「保湿クリーム探しの終着点」とも言える商品が誕生したというのが最大のポイントです。子供から大人まで、皮膚疾患に悩む方から美肌を目指す方まで、多くの方のお役に立てるクリームだと自負しております!

 

ロベクチンが日本で発売されることになった経緯は?どこで購入できますか?

ロベクチンボディローション

羊:海外ではかなり有名なようですが、日本ではまだほぼ無名に近いこのロベクチンをどうして輸入しようと決断されたんですか?

n00

韓国の知人から紹介していただいた化粧品の中にロベクチンがありました。

ロベクチンが開発された経緯や、アメリカや韓国での実績、使用成分の安全性、臨床データの豊富さなどを把握し、ロベクチンが安心安全で信頼のできるクリームで、日本でも必要としてくれる人がたくさんいるはずだという確信が持てたので、日本で販売することを決めました。

ロベクチンは、肌の健康を第一に考え、「生活の質の向上」を目指し開発されているというコンセプトからも、その信頼度をうかがい知ることができました。

今は一部の医療機関とネットでの販売のみとなっています。店舗販売で身近にお手にとっていただけないというのはご不便をかけるかもしれませんが、やはりお客さまに直接お届けする通販限定販売というスタイルは品質管理という面でも非常に大切なことですので、ご理解いただけますと幸いです。

yaji ロベクチンのキャンペーンサイトはこちら

 

ロベクチン、どんな人に使ってもらいたいですか?おすすめの使い方は?

ロベクチン中身

羊:日本初上陸のロベクチン、どんな人に使ってもらいたいですか?

i2石丸さん:今までいろんなクリームを試してみたけれどどれも肌に合わなかった方、乾燥による肌トラブルにお悩みの方、子どもにも使える低刺激の保湿クリームをお探しの方、年中乾燥肌や敏感肌でお悩みの方などに使っていただきたいですね。

肌トラブルを持つ人はこれまでにもあれこれ試しては失望してきたかもしれませんが、最後にもう一度だけロベクチンを信じていただけたらと思います

軽度の乾燥肌から、重度の皮膚疾患まで、何かしらのお肌の悩みを抱えている方には是非一度お使いいただきたいです。

羊:そうなんですよ・・・私もかつてどれだけのスキンケア用品にお金をつぎ込んでドブに投げ捨ててきたか・・・。・゜・(ノД`)・゜・。でもロベクチンは本当に安心して使えそうですね。おすすめの使い方を教えてください!

n06仲間さん:基本的な使用量は、お顔にはパール1粒~1.5粒分くらいです。乾燥の度合いによって量を調節したり、部分的に重ね付けしていただくのがおすすめです。

入浴後や洗顔後、お手持ちの化粧水を塗った後にロベクチンを適量塗布してください。

ロベクチンはオールインワン化粧品として開発されたいう訳ではありませんが保湿力がとても高いですし、いくつものアイテムを何度も塗り重ねることはお肌にとって「摩擦」という刺激になってしまいますので、化粧水なしでロベクチンだけをそのまま塗っていただいても構いません。

ご自身の肌の状態に合わせた使用法でご使用いただけると幸いです。

羊:さっそく私もロベクチンを使ってみたいと思います!!ありがとうございました!

JBRM

急なお願いにもかかわらずお時間を取っていただき、さらにアツくロベクチンの魅力について語ってくださいました。おふたりの「この素晴らしいクリームをたくさんの人に知ってもらいたい!」という熱意が伝わってきたのと同時に、自分もロベクチンを使ってみたい!という気持ちが高まりました。ありがとうございました!

yaji ロベクチンの公式サイトを見る

 

ロベクチンに使われている全成分とは

ロベクチンはガン治療中の副作用からくる肌トラブルに対応するため「超低刺激・高保湿」にこだわって作られたスキンケアクリームです。そのため、敏感肌や疾患肌にもやさしい無添加処方になっています。

低刺激・超高保湿クリーム&ローション

ただし、どんなにいいものであっても人によっては合わない場合がありますので、これまでに肌荒れやかぶれなどの肌トラブルの原因になったことがある成分が入っていないかチェックしておくと安心です。

2016年秋、成分が見直されさらにお肌に優しくリニューアルされました!赤文字が新たに追加された成分、打ち消しは今回のリニューアルで配合されなくなった成分です。

【ロベクチン バリアリペア プレミアムクリームの全成分】

水、グリセリン、ヒマワリ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジメチコン、シア脂、サフラワー油、ヒマシ油、シクロペンタシロキサン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ヘキシレングリコール、ペンチレングリコール、ポリアクリロイルジメチルタウリンNa、セテアリルメチコン、オリーブ油脂肪酸セテアリル、アーモンド油、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ヘマトコッカスプルビアリスエキス、セラミドNP(旧表記:セラミド3)、アラントイン、ヒアルロン酸Na、アロエベラ液汁、ナイアシンアミド、トコフェロール、スクワラン、フェノキシエタノール、アボカド油、ヒドロキシエチルセルロース、エチルヘキシルグリセリン、クエン酸、オリーブグリセリズヘキシルデカノール、ポリソルベート 60、キサンタンガム、トリデセス―10、リノール酸、ダイズステロール、リン脂質、フィチン酸ナトリ ウム、水酸化ナトリウム、水添ポリデセン、ウンデシレン酸グリセリル

【ロベクチン バリアリペア ボディローションの全成分】

水、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シア脂、シクロペンタシロキサン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ヘキシレングリコール、スクワラン、ナイアシンアミド、ペンチレングリコール、ジメチコン、ヒアルロン酸Na、フェノキシエタノール、ポリソルベート60、、アロエベラ液汁、水添ポリデセン、アラントイン、オリーブ油脂肪酸セテアリル、エチルヘキシルグリセリン、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、セラミドNP(旧表記:セラミド3)、トコフェロール、ダイズステロール、セテアリルメチコン、ヒマワリ油、オリーブグリ セリズ、リノール酸、リン脂質、ヒドロキシエチルセルロース、ポリアクリロイルジメチルタウリンNa、ヘマトコッカスプルビアリスエキス、サフラワー油、オリーブ果実油、アボカド油、フィチン酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、アーモンド油、ヒマシ油、クエン酸、ウンデシレン酸グリセリル、トリデセス‐10

ロベクチンの口コミ・評判ってどう?

ロベクチンはまだ日本では発売されたばかりで、@コスメの口コミにも投稿がないほどのルーキーです。でも世界では2年で100万本も売れた実績のある大人気クリーム。アメリカや韓国での反応をチェックしてみました。(Google翻訳機能のおかげです、感謝~!)

まずは良い口コミから。(口調がちょっとアレなのは外国語から口コミを拾っているせいです・・・)

  • 肌の状態が最悪のときに出会った最高のクリーム。ロベクチンのおかげで健康な肌を取り戻すことができた。
  • 子供にも安心して使えるし、自分の肌トラブルにも使えるレスキュークリーム。本当に好き。
  • なめらかな使い心地の安全なクリーム。もう他のクリームは使わないわ。
  • これまでいくつもの美容液やクリームを塗り重ねていたけど、ロベクチンひとつでスキンケアは終わり。
  • 私がこれまでに使ってきたたくさんのクリームの中で最も高い保湿感!

などなど、圧倒的によい口コミが目立ちました!

ro口コミ

一方、悪い口コミでは・・・

  • 医薬品だから仕方ないけど、コスメを使う喜びは感じられない。もっとハッピーなコスメを選びたいわ。
  • 使い心地は満足。だけど、他にももっとよい化粧品はあると思うの。

といった声が見られました。(何せ英語・韓国語からレビューを拾ってきているので、偏ってるかもしれません・・・すみません)

日本でロベクチンが一般的になったらどんな口コミが増えるんでしょうね。国内発売されて間もない今現在すでにたくさんのメディアから注目されていて、あちこちに掲載され始めているので、じきに国内での口コミレビューも見られるようになるのではないでしょうか。


yaji ロベクチン公式サイトはこちら

管理人yo-koがロベクチンを実際に使ってみました

たった2年で100万本以上売れたというロベクチン。日本発売元でお話をうかがって、これはぜひ試してみねば!!!と思いさっそく使ってみました。

ロベクチン口コミ

管理人yo-koは今現在大きな肌トラブルはないものの、もともとは酷いアトピー体質の敏感肌です。
スキンケアだけでなく食生活などにもなるべく気をつけてお肌の状態をできるだけ良好に保つ努力はしていますが、いつ突然酷い肌荒れ(というか皮膚疾患)になるか分からないという不安は常にあります。

脱ステロイドを経験したので、できる限りステロイドの塗り薬には頼りたくありません。
そんな私にとって「疾患肌にも使えるクリーム」が手元にあったら、どれだけ心強いか。

とはいえ、どんなにいいものであってもどれだけ口コミ評価が高くてもすべての人に合うとは限らないですし、私にとってなんらかの成分が合わない可能性もゼロではありません。(ざっくり成分を見た限りでは、これまで肌荒れを起こす原因になったものは入っていないようですが)

とにかく使ってみなければ分からない!というわけで、1週間ロベクチンをためしてみました(`・ω・´)

yaji ロベクチンについて詳しく見る

ロベクチンプレミアムクリーム

こちらはロベクチンプレミアムクリーム。英語表記ではAnti-irritant Barrier Repair Ultra Cream(抗刺激バリアリペアウルトラクリーム)となっています。100ml入りで約2ヶ月分です。半分サイズの50ml入りもあります。

ロベクチンにはプレミアムクリームとボディーローションがあるので、基本的にはこのプレミアムクリームはフェイスケア用みたいなんですけど、全身に使ってOKだそうです。
逆にボディローションを顔に使ってもOK。要は、成分の配合が若干違って、ボディーローションよりプレミアムクリームのほうがより濃厚なんですって。

ロベクチンクリーム中身

JBRMさまでお聞きしてきてなるほど!と思ったので、ロベクチンをいわゆる「ガッテン塗り」で試してみることにしました。
ガッテン塗りとは、一般的に「化粧水を付けずにそのままクリームだけで保湿をする」方法のことを指します。(本来ためしてガッテンでの意図はそこではなかったという説もあるのですが、この意味合いが強く知れ渡っているので敢えてこう呼びます)

化粧水に美容液にクリームに・・・と重ねることは丁寧なスキンケアではあるけれど、そのぶん重ねるアイテムの数だけ顔をこする「摩擦」という刺激が発生するわけで。

せっかくのロベクチンの実力を試すためにも、お肌への刺激を最低限にするためにも、1週間化粧水や美容液など他のものは使わないで洗顔後ロベクチンだけで過ごしてみよう!と思ったわけです。

1回分はパール1粒~1.5粒大くらい。
…パール表現って、どの大きさのパールよ?と毎回思わないでもないのですが、とりあえずなんとなくの目安にはなるよね。要はお肌の状態に合わせて適量使ってねってことなんだろうけどね。

クリーム質感

少しオレンジ色っぽいのは抗酸化作用の高さで知られる美容成分「アスタキサンチン」の色でしょうか。無着色なので、原料の色が反映されていると思われます。
無香料でもあるのですが、うっすらと「何か」のにおいはあります。
これも原料のにおいかと。

でも「何か」という程度のうっすらとしたにおいで、強くもないし嫌なにおいでもないので気になりません。

ロベクチンクリーム伸ばしたところ

肌に伸ばしてみたところ。スルスル伸びて、肌なじみもよくてベタベタしないので使いやすいです。
普段はオーガニック系のクリームや乳液を使うことが多いので、余計そう思うのかもしれないですが。(オーガニック系のクリームとかは丁寧に伸ばさないと白くなっちゃったりするからね・・・ちゃんとハンドプレスすればオーガニック物でもじきに馴染むけど・・・)

刺激感はまったくなし。保湿力は、なんていうかきちんと潤うんだけど表面的じゃないうるおい方なんですよ。
肌表面はベタつかなくてさらっとするのに、中からふっくら潤う感じ。
二の腕の内側とかって、そんなにベタついたりモチモチしたりしてないけど、さらっとしてるのにしっとりしているじゃない?そんな感じのうるおい感です。

普段あんまりコッテリ保湿をしている人が使うと、もしかしたらもの足りなさをと感じるかもしれないくらい軽やかな使い心地です。
でも、化粧水も美容液も何にも使わずロベクチンだけを塗っているだけでもツッパリ感や乾燥を感じることなく過ごすことができました。
むしろお肌の状態はすこぶるよろしいような。

ロベクチンボディローション

ボディケアもロベクチンのボディローションで過ごしてみました。普段のボディケアはいろいろなボディオイルを使ってみたりボディローションを使ってみたり、まだ自分の中で「これ!」という定番が定まっていません。フェイスケアよりどうしても「まあいいか」と思いがちだし、ついいろんなものを試してみたくなったりするんですよねえ。

ボディローションテクスチャー

色や質感はプレミアムクリームとあまり変わらないように見えます。容量が200ml入りと大きめです。

ボディローション質感

でも伸ばしてみると、クリームに比べてより軽い使い心地というか、伸びのよさを感じます。スルスル伸びるし、保湿感も高いのでこれは案外コスパもいいかもしれません。乾燥や肌トラブルが軽い人ならボディローションで顔も含めて全身保湿しちゃうのもアリかも。

ちょうど乾燥が激しくなり始めるこの時期でとっても満足な保湿感なので、(しかもプレミアムクリームと同じくベタつかないでさらっとしてるのにキッチリお肌は潤ってる感があるのです)これはかなり良さそうです。

すごく乾燥している部分がある、肌荒れというより肌疾患に近い場合は、カラダも部分的にプレミアムクリームを使うといいかもです。
(アメリカではロベクチンは医薬品扱いだけれども、日本では化粧品として扱われています。本当にお肌の状態が悪いときは皮膚科に行く選択も忘れないでくださいねー)

ロベクチンクリーム&ボディローション

ロベクチンを使ってみて1週間、肌の状態はとても安定していてきちんと肌をケアできていると感じられて、これは本当に安心して使える!と思いました。
特に季節の変わり目、しかもホルモンバランスが乱れる時期、という「普段なら絶対新しいアイテムは試さない時期」に敢えて使ってみましたが全然平気でした。

ガン治療の副作用による皮膚疾患のために開発されたクリームというのは伊達じゃないなこれは・・・、というのが正直な感想です。
美肌を目指したい人にも、肌トラブルに悩まされている人にとっても、頼もしい存在になってくれるクリームだと思います。

日本上陸したばかりのロベクチンですが、じきにこれは有名クリームになる気がする・・・。
今のところ美容クリニックと公式通販のみでしか手に入らないし(楽天やAmazonでも売っていないこともないのですが、並行輸入品なのか公式サイトよりお値段が高いです)、ちょっとお高いので躊躇しちゃうかもですが、「お値段なりの価値」はちゃんとあるし、取り寄せてでも使ってみる価値アリです。

 

yaji ロベクチン公式キャンペーンサイトを見る

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。