ライスパワーNo.11の効果とは?厚生労働省認可の美容成分ライスパワーNO.11の開発元にお話を聞いてきました

敏感肌さん、乾燥肌さんなら、「ライスパワーNo.11」という成分名が気になったことがあるのではないでしょうか。

ライスパワーNo.11とは、「皮膚水分保持能の改善」ができると厚生労働省に認められ、有効成分として認可されている唯一の成分です。大手化粧品メーカーがライスパワーNo.11配合の化粧品を発売したことで、ライスパワーNo.11の名前は一躍広く知られるようになりました。

「皮膚水分保持能の改善」というと少し難しいのですが、分かりやすくいうと、皮膚が本来持っているうるおい機能を改善する効果がある、ということです。

つまり、肌が元々持っているけれども加齢や肌トラブルで衰えがちな、健康に、美しくなろうとする力を高める働きをしてくれるということでもあり、さらにいえば肌のバリア機能の回復・改善につながるという、敏感肌にとっては使うしかない!と言っても過言ではない成分なんです。

このライスパワーNo.11を開発したのは、化粧品メーカーや製薬会社ではなく、なんと香川県にある160年以上の歴史をもつ酒造会社でした。

勇心酒造

今回、そのライスパワーNo.11の開発元である勇心酒造さまにお邪魔して、その効果や開発秘話についてお聞きしてきました!

 

yaji成分開発元が作るライスパワーNo.11配合化粧品の詳細を見る

yaji500個限定!1か月分の化粧水付きトライアルキャンペーンを見る

yajiライスパワー化粧品の口コミ・評判を見る

yaji管理人yo-koのライスパワー化粧品体験談を見る

 

ライスパワーNo.11ってどんな成分?

管理人yo-ko(以下:羊子):今日はお時間をいただきありがとうございます!ライスパワーNo.11のすごさについて、開発元にお聞きしたくてやってまいりました。よろしくお願いします!まず、ライスパワーNo.11とはどんな成分なんでしょうか?

ku04勇心酒造(株)常務取締役農学博士 研究所長 大久保さま(以下:大久保さん):よろしくお願いします。

ライスパワーNo.11とは、私どもが開発したライスパワーエキスのうちのひとつで、厚生労働省から「皮膚水分保持能の改善」という効果の認可を受けた成分です。

ライスパワーエキスNo.11

皮膚水分保持能の改善という効果は、「今までにない、まったく新しい効果・効能をもつ成分」として薬事法制定以来、皮膚関連では初めての新規効能として認められました。

どんな効果なのか分かりやすくいいますと、うるおいを与えるのではなく、うるおいを肌が作り出すようにする成分なんです。

羊子:ふつう、保湿成分はお肌の表面にうるおいを与えるものですよね。グリセリンなどの保水力のあるものだけでなく、もともと肌に存在するヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどもありますが、これらの成分とは全く違うのですね。

ta01勇心酒造(株)営業部 谷矢さま(以下:谷矢さん):そうですね。外からうるおいを与えるのではなく、肌みずからがうるおいを生み出せるようになる!という点が評価されて、厚生労働省の認可が下りました。これまでの保湿成分にはない機能ですので、認可を受けた直後は、取材陣やお客様からのお問合わせが殺到しました。

外からうるおいを与えるのではなく、肌が本来持っている自らうるおう力を高めることで、一時的ではなく、使うごとにトラブルの起きにくい肌へと変化します。

 

羊子:どれぐらい続けて使うと効果を感じられるものでしょうか?

ka03勇心酒造(株)営業部 風間さま(以下:風間さん):効果を実感する、というのは、個人差があるかと思います。ですが、ライスパワーNo.11の即時水分保持能改善効果試験では、塗布した2時間後にもとの2.14倍の水分保持が確認できたという結果が出ています。

同時にその他の一般的な保湿成分のデータをとったところ、ほぼ誤差といっても差し支えのない範囲の数値の動きしかありませんでした。水分保持能が減ることもない代わりに、増えてもいなかった、ということです。

お肌が弱って水分が足りていない人、お肌の状態が悪い人ほど、すぐにライスパワーNo.11の効果を感じていただけると言えるかもしれません。

また、ライスパワーNo.11を1週間継続使用後に皮膚のセラミド量が40%増加したというデータもあります。使い続けていただくうちに、肌が自らセラミドを作り出せるようになり、健康な状態になるという、自助力を助けるのがライスパワーNo.11の特別な力です。

 

水分保持能グラフ
皮膚水分保持能とは、角質層内に水分を保つ能力。これが健全だとみずみずしい肌となり、外部からの高原や外部刺激の皮内侵入を防ぐことができる。
63回日本皮膚科学会東部支部学術大会発表
徳島大学医学部皮膚科 荒瀬誠治教授(2004年)アトピーに朗報! 入野和生 著(小学館新書)より引用

 

羊子:ライスパワーNo.11というからには、ほかのナンバーもあるということですよね?それはどんな働きをする成分なんでしょうか?

ku01大久保さん:ライスパワーエキスは、現在36種類が開発されており、そのうち11種類が商品に配合され実用化されています。

それぞれのエキスが共通して「生体機能(人体に元々備わっている健康になろうとする力)」を高める効果をもっていますが、そのアプローチは各エキスごとに様々です。

ライスパワーエキスの様々な種類と効果
実用化されている11種類のうち、厚生労働省から医薬部外品の有効成分として認可を受けているのは2種類で、ライスパワーNo.11とライスパワNo.1-Dです。

それぞれの原液をご用意しています。色だけ見ていただいても、こんなに違うんですよ。少し触ってみませんか?

ライスパワーエキス

羊子:えっ、いいんですか?化粧品の原料そのものに触れる機会なんてなかなかないので嬉しいです!

ta01谷矢さん:ぜひぜひ。
こちらがライスパワーNo.11です。
(と、手になじませてくれる)

ライスパワーNo.11の原液体験

羊子:うわー、うわー、みるみる入っていく感じがする!それと、何の香りと表現したらいいのかわからないけど、フンワリいい香りがしますね!甘いような、さわやかなような、なんだか懐かしいような・・・

ta04谷矢さん:はい、ライスパワーNo.11は、すぐに肌に溶け込むような浸透力を持っている成分なんです。香りはお好みが分かれやすいものなのですが、お米と発酵から生まれた優しい自然の香りです。

今のが原液、つまり成分そのものです。

では次に、このライスパワーNo.11配合の化粧水もぜひお手に取ってみてください。

化粧水ライスパワー

羊子:あっ、いま原液を左手に付けていただいたので、右手で試してみてもいいですかっ!?
・・・うわー、これもググッと入っていく感じがすごいですね!!しかもなにこれ、左手も右手も、味わったことのないようなしっとり感なんですけど!?

化粧水体験

ta01谷矢さん:そうですね、そのお肌に入っていくイメージや、中からふっくらとうるおうような感覚は、ライスパワーエキスがもつ力を素直に実感していただけていると思います。成分の力が最大限発揮されるよう処方をくんでいますから。

お肌は細胞がどんどん生まれ変わってできているものですから、ライスパワーNo.11をお使いいただくと徐々に水分保持能が改善されていきますが、肌表面部分の改善は進んでいるので、こんなふうにすぐに違いを体感していただけるのも、ライスパワーエキスの特長でもあるんです。

 

羊子:ライスパワーエキスは、ライスパワーというからにはお米からできていると思うんですけど、どうやって作られるのですか?

ku01大久保さん:すべてのライスパワーエキスは100%国産米が原料です。遺伝子組み換えなどのように、自然界にはないものを作り出す西洋型のバイオではなく、麹菌、酵母、乳酸菌などの微生物の力をありのままに活用した発酵技術によって開発されています。

人間も自然の一部であり、微生物をはじめとする自然の中に生かされているという理念から生まれたこの技術を、「日本型バイオ」と名付けました。

それらの微生物の組み合わせであったり、発酵の時間であったり、そういう違いからさまざまなライスパワーエキスが生まれています。

それこそ、無限の組み合わせで無限のライスパワーエキス候補が生まれるわけですが、実感できる効果があること、それを科学的なデータで裏付けられることが揃って初めて「ライスパワーエキス」を名乗ることができるんです。

 

羊子:お米が原料とのことですが、ライスパワーNo.11配合の化粧品は米アレルギーの人でも使うことはできますか?

ku04大久保さん:ライスパワーエキスはほとんどの抗原性(アレルギーの原因となる物質)を除いて作られていますので、お米にアレルギーがある方でもお使いいただける場合がほとんどです。

ですが、やはりアレルギーをお持ちの場合は不安を感じられる方もいらっしゃると思いますので、トライアルセットでパッチテストを行ってからご利用いただくとよいかと思います。

 

羊子:ライスパワーエキスは安全性の高い成分なんですね。

ka02風間さん:もともと、私どもは安全なものしかできない製法を守り通すこと、お客様にとっていちばん確実なものを作ることにこだわって開発を進めてきました。

ライスパワーエキスは舐めても大丈夫なくらい安全性が高いものです。

じつは、ライスパワーNo.11の安全性テストでは面白い結果が出ているんです。蒸留水と同等以上の安全であることが確認されているのですが、蒸留水よりもライスパワーNo.11のほうが、肌に塗ったときの刺激が少ないという結果が出たんですよ。

 

羊子:えっ!水よりもライスパワーエキスの方が肌に刺激がないってどういうことですか?

ka03風間さん:水よりも刺激がないなんてビックリしますよね。笑

汗をかいたときに、お水を飲むよりもスポーツドリンクを飲むほうが浸透・吸収されるというのはみなさんご存じかと思いますが、それと同じで、ライスパワーNo.11が水よりもヒトの体の組成に近しいものだからなんです。

羊子:なるほど・・・。たしかに、人体の多くは水分でできていますけど、水そのものは異物であるのに対して、ライスパワーNo.11はより体液に近い組成ということなんですね。

ライスパワーエキス安全性試験1999年、40名のボランティアを対象に健康保険鳴門病院皮膚科で行われたライスパワーNo.11の安全性試験では、皮膚刺激指数が蒸留水よりも低く、安全性の高い成分であることが実証されました。
アトピーに朗報! 入野和生 著(小学館新書)より引用

 

羊子:ところで、こんなすごい成分を開発したのが、こう言っては失礼かもしれないんですけど、化粧品会社ではなくて酒造会社さんだったというのが不思議なんです。なぜ勇心酒造ではライスパワーエキスを開発しようと思われたんでしょうか?

ku03大久保さん:日本酒の衰退にともない、多くの酒造では苦しい境遇におかれるようになりました。そんな中、大学院で発酵学を学んできた社長は「行き詰った境遇を変えるには、原点に帰り、古くから日本で育てられてきた米、そして微生物の存在すら発見されていないころから受け継がれてきた発酵・醸造という技術に立ち返るしかない」と思い立ったのです。

お米にはまだ見つかっていない可能性があると思う、お米から何か人にいいものを作ろう、というところから、ライスパワーエキスの開発が始まりました。

もちろん最初からこういったものが生まれると分かっていたわけではなく、開発には40年もかかりました。そうして生まれてきたライスパワーエキスのうち、これは非常に肌に良さそうだ、というものを漢方の専門家に見ていただき、さらに皮膚科の先生を紹介していただき、さまざまな方面からのご協力をいただいて厚生労働省の認可を得るまでに至りました。

そういった経緯ですから、ライスパワーエキスは化粧品を作ろうとしてできたものではないのです。でも、逆にそれが他にはない発見の元になったのではないかと考えています。

ta04谷矢さん:私たちはもともと酒造でお米とは切っても切れない間柄ですので、そのお米のもつ力を引き出すことで何か新しいものが生まれるのではないか、といったところから研究が始まり、そのなかである意味「運よく」「偶然」見つかったのです。

今現在は化粧品メーカーとしての側面もありますが、よい化粧品をつくろうという出発点ではないことが、私たちの強みだと思っています。

 

ライスパワーNo.11の入った化粧品はどんな人におすすめですか?

羊子:ライスパワーNo.11が配合された化粧品は、どんな人におすすめですか?

ka03風間さん;そうですね、ほぼすべての肌質の人におすすめですが、敢えて言えば「完全に健康な状態の肌」をお持ちの方には必要ありません。ライスパワーNo.11の特長は、生体機能を回復させるものですので、それが衰えていない方には不要なんです。

でも、残念ながら、そんな健康な肌を持つ人はほとんどいないといっても過言ではありません。ヒトの肌はだいたい20歳をピークに機能の衰えが始まります。さらに、日々の紫外線や環境の変化、ストレスなどによって、肌の健康は少しずつ確実に損なわれていくのです。

それが顕著になって表面化してくると、敏感肌、荒れ肌、乾燥肌、さらにはくすみやハリ・弾力の低下などの肌悩み、肌トラブルになってくるわけです。

ですから、お肌の衰えや乾燥、お肌が発するなんらかの健康ではないサインを感じておられる方すべてにおすすめしたいですね。

 

羊子:いくつかのメーカーからライスパワーNo.11配合の化粧品が発売されていますが、原料メーカーとして、「こんな化粧品を選ぶといいよ!」というポイントや、ライスパワーNo.11との相性のいい成分があれば教えてください。

ta03谷矢さん:ライスパワーNo.11は、肌を健康でうるおいのある状態に改善するものですので、シンプルな処方で原液のよさを実感していただけるようなものをおすすめします。「素直な」使用感と申しましょうか。

浸透感

化粧品を作る上で、使用感を高めるためや品質保持のために、さまざまな成分を配合していくのですが、先ほど実際にライスパワーNo.11をお手に取っていただいたように、スッと肌に溶け込むような浸透力がこの成分の特長でもありますので、それを妨げない配合が重要であると考えています。

ですから、その素直な素材の持ち味をしっかりと商品から感じられるということは、その化粧品がライスパワーNo.11の効果を最大限に発揮していると言えると思います。

 

羊子:各メーカーにライスパワーNo.11を原料として販売している一方で、勇心酒造さまでもライースリペアという化粧品を発売されています。ほかのライスパワー化粧品に、こういう点では負けないよ!という点はどこですか?

ku01大久保さん:私たちはライスパワーNo.11の開発元であり、原料としてのライスパワーNo.11の販売者でもあります。ライスパワーNo.11は、国産米100%からできた天然物で、非常に取り扱いの難しい成分です。私たちは原料屋ですので、ライスパワーNo.11の特性をどのメーカーよりも熟知しています。

ライスパワーエキスを化粧品として商品化するうえで、ライスパワーNo.11の強みや弱み、もっとも効果的に働く環境に対する深い知識がなければ、エキスのもつ効果を最大限に発揮させることは難しいでしょう。

ライースリペアシリーズ

ta04谷矢さん:その点、私どものライースリペアは、開発元ならではの深い知識をつめこんだ、使ってくださる方が「最高レベルの肌質改善効果」を感じていただける自慢のブランドです。

さらに、ライースリペアは、ライスパワーNo.11を肌の基底層と呼ばれる肌細胞の生まれるところまで効果的に届けられるように処方を組んでいます。どんなに成分が素晴らしいものでも、しかるべき部位に届かなければ意味がありません。

そういった意味で、それぞれのアイテムの「浸透力」もぜひ実感していただきたいです。

 

羊子:ライースリペアのほかに、アトピスマイルというライスパワーNo.11配合の薬用クリームも販売されているとお聞きしました。

ku04大久保さん:はい、ライースリペアよりも先に発売しましたアトピスマイルという医薬部外品クリームは、アトピーをはじめ皮膚バリア機能が弱った方の皮膚の水分保持能を改善する薬用クリームとして、お子さんからご年配の方まで幅広い年代の方にご利用いただいています。

アトピスマイル

こちらはライスパワーNo.11が皮膚水分保持能の改善という効果を厚生労働省(当時は厚生省)の認可を受けて、初めて世の中に出た製品です。

アトピスマイルは日ごろスキンケアの習慣がない男性や、お子さんのカサカサ対策にもお使いいただきやすいと思います。

yajiアトピスマイルの詳細を見る

 

羊子:最後に、どんな方にライースリペアを使ってもらいたいですか?

ta03谷矢さん:お肌が完全に健康な方というのは残念ながらほとんどいらっしゃらないので、たくさんの方に使っていただきたいのですが、これまでにいろいろな化粧品を試してもお肌に合うものや効果を感じるものが見つからなかった「スキンケア迷子」いわゆる「スキンケアジプシー」の方にぜひ使ってみていただきたいです。

一般的なスキンケアでは、「外から補うケア」が基本ですので、続けて使っていてもなかなか「肌が変わった!健康になった!」と感じられるものは少ないのではないかと思います。

ライースリペアでは、「内側から高めるケア」で、継続使用していただくことによって驚くほどの肌の変化を実感していただけます。

女性にとってお肌の調子は、気持ちや行動にも大きな影響を与えるものです。肌の調子ひとつで、心の持ちようや気分まで変わってきますよね。

肌の調子が悪ければ人に会いたくなくなったり、仕事にやる気が出なかったり、生活にも大きな影響を及ぼします。逆に、肌の調子が良ければ、気持ちが明るくなって新たな出会いを求めて外に出たくなったり、前向きに仕事や趣味に打ち込むことができるのではないでしょうか。

ライスパワーNo.11の力を最大限に引き出したライースリペアで、お肌を根本から健康な状態に改善することによって、気持ちや暮らしのプラスの変化へとつなげていただくことができれば、勇心酒造としてこんなにうれしいことはありません!

 

羊子:今日は貴重なお話をお聞かせいただき、本当にありがとうございました!

 

個人的に、肌水分保持能改善効果がある「ライスパワーNo.11」という成分はこれまでも気になっていましたし、実際これまでにライスパワーNo.11が配合されたアイテムを使ったこともあったのですが、今回開発元さまに直接お話を聞くことができて、そのすごさをさらに深く知ることができました。

「スキンケアの基本はとにかく保湿」といわれていますが、外からうるおいを与えるのではなく、みずからうるおう肌に改善していくことができる成分は、今現在ほかにはありません。

本当に健康な、美しい肌を取り戻したいと願う人にとって、ライスパワーNo.11は何よりも頼りになる存在になってくれること間違いなしです。

yajiライースリペアの公式サイトを見る

yaji1ヶ月分の化粧水+トライアルセット数量限定キャンペーンサイトを見る

 

ライースリペアの口コミ・評判

ライスパワーエキスの開発元が、エキスの力を極限まで引き出して作ったスキンケア化粧品「ライースリペア」の口コミ・評判はどうでしょうか?

まずはよい口コミから。

  • こんなに肌が変わった!と実感できた化粧品ははじめてです。もう何度もリピートしています。
  • ライースリペアを使い始めてから、肌荒れしにくくなりました。
  • 秋冬はカサカサ粉をふいてしまうほどの乾燥肌だったのに、メイクの乗りもよくなったし肌をほめられることも増えました!
  • ときどきつい他の化粧品に浮気してしまうけど、やっぱり戻ってきてしまうコスメ。

など、肌の変化を実感している口コミ多数です。

やはり乾燥はすべての肌トラブルや肌悩みの元凶といってもいいほど、お肌にとっては大きな問題なので、それに直接働きかけるライスパワーNo.11の力は伊達じゃないといったところでしょうか。

ライースリペア口コミ

どんないい化粧品でも、合う合わないはあります。悪い口コミも見てみましょう。

  • 残念ながら、私の肌には合わなかったみたいです・・・。期待していただけに、すっごく残念。
  • 使い心地は好きだったんだけど、お値段がちょっとお高め。ケチりながら使うよりは、安めの化粧品をたっぷり使った方がいい気がして、継続使用をやめました。
  • 毛穴が目立たなくなったし、乾燥しにくくなったし、すごくいいけど、私はニオイが気になっちゃいました。よい化粧品なんだけどなぁ・・・。

よさを感じながらも、合わなかった、お値段がネック、などの評判が見られました。どんなにいい化粧品、お肌に優しい化粧品でも、残念ながら合う合わないはあるものなので、本商品購入前にトライアルで相性を試してみるのがベターです。

yajiライースリペアの公式サイトを見る

yaji1ヶ月分の化粧水+トライアルセット数量限定キャンペーンサイトを見る

 

管理人yo-koがライースリペアを使ってみました

管理人yo-koがライースリペアのトライアルセットを使ってみました!ライスパワーNo.11配合のスキンケア化粧品はライースリペアの他にもいくつかあるし、使ったこともあるのですが、その成分の開発・製造元の化粧品となるとちょっとテンションが上がります。

開発元なら成分の特性を知り尽くしていて、それを最大限に生かせる配合にしてあるに違いないですからね!

ライースリペアトライアル

トライアルセットは、化粧水、美容液、クリームの3点セットです。使い方にもよりますが、だいたい10日分くらいの容量になっています。

ライスパワー化粧品トライアル

左から、インナーモイスチュアローションNo.11(化粧水)、インナーモイスチュアエッセンスNo.11(美容液)、インナーモイスチュアクリーム(クリーム)です。

手頃な大きさなので、旅行とかに持っていくにもちょうどいい大きさです。(個人的には、環境が大きく変わる旅行には普段から使っているコスメを持っていくこと推奨ですが)

それではさっそく、まずは化粧水から。

ライースリペア化粧水

ライースリペアの化粧水、インナーモイスチュアローションは透明でとろみのある化粧水です。無香料ですが、ほんのりと化粧品らしいさっぱりした香りがあります。これは、原料のライスパワーNo.11のにおい。

口コミを調べているときに、においが苦手!という声があったので、大丈夫かな・・・どんなにおいなんだろう・・・と思っていたのですが、個人的には全然イヤじゃないというか、さっぱりしていてむしろ好きな香りでした。

ライースリペア インナーモイスチュアローションの全成分はこちら

有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)
その他の成分:水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・ メタクリル酸アルキル共重合体、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.) (30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプ ロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然 ビタミンE、クエン酸

とろっとしてるのに、グイグイ浸透していく感じがすごく気持ちいい!乾燥肌の私ですが、しっとり感にも満足です。だけどベタベタしてなくてさらりとしてるので、インナードライの人にも向いていそうです。

ライースリペア美容液

こちらは美容液、インナーモイスチュアエッセンスです。乳白色で、ジェルと乳液の間のような質感の美容液も、化粧水と同じ香りがします。

ライースリペア インナーモイスチュアエッセンスの全成分はこちら

有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)
その他の成分:水、デカメチルシクロペンタシロキサン、エタノール、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリ コール、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、2-エチルヘキサン酸セチル、オリ ブ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、ポリアクリル酸アミド、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、バチ ルアルコール、軽質流動イソパラフィン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、メチルパラベン、キサンタンガム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ポ リオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、天然ビタミンE、グリチルリチン酸ジカリウム、エデト酸二ナトリウム、植物性スクワラン、オレンジ果 汁、モモ果汁、カミツレ油(2)、クエン酸、水酸化ナトリウム

美容液質感

このうるっとした伸び、写真で伝わるでしょうか。伸びのいい使いやすい美容液です。これも、美容液なのに不思議とスイスイ入っていく感じがします。こ、これがライスパワーNo.11の浸透性・・・?

個人的な好みの問題ですけど、ジェルっぽい質感って実はあんまり好きじゃないんです。だけど、この美容液はそんなに気になりません。

付けた後、肌がモッチリするのはもちろんのこと、そのモッチリ感がすごく長続きするのが気に入りました。

ライースリペアクリーム

最後に、モイスチュアスキンリペアクリーム。白くてぷるっとしたクリームです。

ライースリペア インナーモイスチュアクリームの全成分はこちら

有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)
その他の成分:水、1,3-ブチレングリコール、2-エチルヘキサン酸セチル、植物性スクワラン、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、N-ラウロイル -L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、モノステアリン酸ポリグリセリル、モノス テアリン酸プロピレングリコール、モノラウリン酸ソルビタン、N-ミリストイル-L-グルタミン酸ナトリウム、カルボキシビニルポリマー、2-アミノ -2-メチル-1,3-プロパンジオール、メチルパラベン、キサンタンガム、プロピルパラベン、ブチルパラベン、グリチルリチン酸ジカリウム、オレンジ果 汁、モモ果汁、エタノール、クエン酸

クリームも、どこか懐かしいようなライスパワーNo.11の香りです。香りがあるとはいえ、人工的な香りではないし、付けてじきに飛んでしまう弱い香りなので、香料が苦手な私でも大丈夫です。

クリーム質感

手に取った瞬間はどちらかというとこっくり固めのテクスチャーかな?と思ったのですが、伸ばしてみるとうるっとよく伸びていい感じです。

エイジングケア向けのコスメだけあって、しっとり感も高め。しかも、ライスパワーNo.11が肌の保水力を改善してくれるというのですから、シワ対策の頼もしい味方になってくれそう。

ライスパワー化粧品って、なんというか、本当に不思議な浸透力とうるおい感があって、使い続けているうちにお肌が健康的にきれいになっていけそうな期待感があります。ライースリペア、これはなかなかデキル化粧品です。

ただ、大手コスメブランドみたいに、旬の芸能人を使ってCMをしてるわけでもないし、そういう華やかさは残念ながらありません。ライスパワーNo.11配合のコスメにはライースリペアよりも知名度で上回っているブランドはいくつかあります。

最近はアスタリフトなどのように、化粧品メーカー以外の会社が化粧品を作ることも珍しくはなくなってきているとはいえ、やはり酒造が作っているものより化粧品会社が作っているものの方がよさそうと思う人は多いかもしれません。

でも、やはりライスパワーNo.11を開発したメーカーが作っているということは、ライスパワーNo.11の持つパワーをどこよりも理解してどこよりも最大限発揮できるように作られているはず。個人的には、知名度よりもその実力のほうが大切です。

これはリピ買いしたい・・・または、美容液だけでも普段使ってるアイテムにプラスしたい・・・。うるおいを補うのではなく、肌そのものがうるおいを作り出す機能を改善できる成分は、今現在ライスパワーNo.11だけですからね。

「肌がうるおいを作り出す機能」が衰えていることそのものが、敏感肌・乾燥肌の原因でもあります。肌の悩みを根本から改善したい、健康で美しい肌を作りたいという気持ちに答えてくれるコスメを探しているなら、試してみる価値がある化粧品です。

yajiライースリペアのトライアルセットを見る

yaji1ヶ月分の化粧水+トライアルセット数量限定キャンペーンサイトを見る

 

ライースリペアどこで買える?

ライースリペアの化粧品が買えるのは、店頭の対面販売だと、香川県にある勇心酒造本社と、いくつかの三越の化粧品カウンターのみ(すべての三越に入っているわけではありません)です。直接購入できる場所はあまり多くはないので、通信販売がメインといってもいいかもしれません。

ライースリペア販売

通販メインとはいえ、楽天やAmazonなどでは扱っておらず、メーカー直販での扱いになります。化粧品は保管状態の管理なども大切なので、ある意味ではその方が安心ですね。

 

yajiライースリペアトライアルキャンペーンを見る

yaji1ヶ月分の化粧水+トライアルセット数量限定キャンペーンサイトを見る

 

ライスパワーNo.11まとめ

ライスパワーエキスNo.11ライスパワーNo.11は、肌の表面にうるおいを与えるのではなく、肌内部の水分保持能を改善することができる厚生労働省認可の有効成分です。化粧品メーカーではなく、勇心酒造によって開発されました。

ライスパワーNo.11を配合している化粧品はいくつかのブランドから発売されていますが、原料の開発元である勇心酒造からもライースリペアというスキンケアシリーズが発売されています。

yaji勇心酒造 ライースリペアの詳細を見る

特別な成分であるライスパワーNo.11の特長を知り尽くしている開発元が作った化粧品ですから、そのパワーを最大限に生かす製品作りがされているので、圧倒的信頼感があります。

敏感肌の場合、肌のバリア機能が低下して水分がキープできていないことがほとんどですので、肌が水分を蓄える力を改善してくれるライスパワーNo.11は、ぜひ毎日のスキンケアに取り入れたい成分のひとつです。

極端な話ですが、肌の保湿力さえ回復して肌が本来あるべき健康な状態になれば、ほとんどの肌トラブルや肌悩みから解放されるといっても過言ではないくらい、肌の保湿力は美肌の要であり、スキンケアの要だからです。

まずはトライアルセットで肌との相性を確かめてみてくださいね!(ライスパワーNo.11自体はアレルギーなどの心配は低いのですが、どんなに良い化粧品でも合う合わないはあるので、特に敏感肌の場合はまず相性を試してみることが大切です。

yajiライースリペアトライアルキャンペーンを見る

yaji数量限定!1か月分の化粧水付きトライアルキャンペーンを見る

 

 

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。