ReFa(リファ)プラチナ電子ローラーどれを選ぶ?タイプ別特長と選び方

フェイスラインのたるみや深まっていくほうれい線をなんとかすべく、美顔器を使ってみよう!と思い立ち、あれこれ迷ってMTGのReFa(リファ)にすることに決めました。

yaji 美顔器の選び方 詳細はこちら

リファ

リファに決めたのはいいものの、リファってすごくたくさん種類があるんですよね。丸いボールが二つ付いたリファカラットがいちばん有名のようですが、自分に合うのはどれなのかいまひとつよく分かりません。

ちょうどよいタイミングでMTG様のRefa説明会に参加することができたので、リファの特徴やそれぞれのタイプの特徴をお聞きしてきました!リファが気になるけどほかの美顔器とどう違うの?リファを買いたいけどどれを選べばいいの?など、購入を迷っておられる方の参考になれば幸いです。

yaji プラチナ電子ローラーRefa(リファ)公式サイトを見る

 

ReFa(リファ)の特長まとめ

プラチナ電子ローラーReFaは、株式会社MTGから発売されている美顔器です。

賀来千賀子さんがイメージキャラクターをつとめていて、高級感のある見た目と効果の実感の高さで口コミ評価が高く、雑誌やテレビなどでもよく紹介されています。

リファの特長は、大きく分けて3つ。

  • エステティシャンの手の動きを再現したローラーの形状
  • マイクロカレント(微弱電流)で肌表面をケア
  • プラチナムコートで金属アレルギーを起こしにくい&丈夫で熱に強い

つまみ感

エステサロンで、エステティシャンさんが行う「つまむ、流す、さする」などの手わざの動きを再現した形で、自宅にいながらセルフエステができるところがなんといってもReFaの大きな特徴です。

プラチナコートでキラキラと輝く見た目は女心にグッとくるだけでなく、丈夫で熱に強いので、まるで一生モノの自分専用エステティシャンのように頼もしい味方になってくれます。

また、他社製品にない「マイクロカレント」を発生させるしくみでお肌の表面を整える点もリファの優れたところ。
皮膚に電流!?と思うかもしれませんが、生体電流といってもともと人間の皮膚の表面にはごくごく弱い電流が流れているそうです。

リファのマイクロカレントはその生体電流ととても近い微弱電流。だからお肌の表面を整え、キメやハリ、つやに影響をあたえるんですって。

電源を必要とせず、全身に利用でき、防水仕様でバスタイムに使用できる(一部タイプを除く)のも嬉しいポイント。
たくさんの女性から支持されているのは、こういったリファならではの特長が優れているからのようです。

yaji Refa(リファ)の公式通販サイトを見る

 

ReFaの効果的な使い方

リファは全身のリンパや血流の流れを促して老廃物の代謝を高めながら、肌表面をマイクロカレントでケアできる美顔器です。
顔や手足、おなか周りなど、気持ちよいと思うところを中心にコロコロと転がすだけでOKなので、使い方はとても簡単。

1点だけ気をつけたいのが、なるべく素肌に当たる状態で使うことです。衣服の上から使うこともできますが、服の上からではマッサージ効果は得られるものの、せっかくのマイクロカレントの働きかけがお肌に届きません。直接お肌の上を転がすことで、リファの力を最大限に引き出すことができます。

そういう意味でも、お風呂場に持ち込める防水仕様になっているのは嬉しいポイント。

また、顔にコロコロする場合はメイクの上からでも大丈夫だそうです。ちょっと疲れたな・・・というときなどに手軽に使えます。

リファ使い方

鎖骨の上や首筋など、リンパの集まる部分をケアしたり、フェイスラインやほおを持ち上げるように使ったりするのが基本の使い方ですが、こんな使い方も。

頭にコロコロ

頭のてっぺんをコロコロすると、自律神経の働きを整える効果も期待できちゃいます。

頭のてっぺんには「百会(ひゃくえ)」というツボがあって、ここをリファのつまみ技とマイクロカレントで刺激することで、自律神経を整えてくれるというわけです。

現代美容の美顔器で東洋医学のツボケアもできるなんて、おもしろいですね!

 

ReFaの選び方 どのタイプを選べばいいの?

リファには7種類もの種類・形状が用意されています。(その後さらに種類が増えていますが、基本的な分類はこの通りなのでご参考までに。)

リファプロ、リファカラット、リファアイスタイル、オースタイル、リファ フォーボディー、そして最近発売されたリファ4カラット、リファSカラットの7種類です。

それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

リファ比較表

ReFa PRO(リファプロ):リファの初代タイプ。面でのケアが得意。全身使用OK。
ReFa CARAT(リファカラット): 一番人気の最も汎用性の高いタイプ。全身これ1本でケアできます。
ReFa for BODY(リファフォーボディ): ボディの引き締め、セルライトケアならこれ!痩せたい人に。顔にも使えないことはありませんが、体用に作ってありボールが大きいのでゴツくて使いにくいです。
Refa I Style(リファアイスタイル): バータイプの美顔ローラー。顔のキメや毛穴対策に最適。小顔で肉付きの少ない人のフェイスケアにも。
ReFa O Style(リファオースタイル): ひとつのボールが転がる美顔ローラー。目じりやほうれい線、こまかいシワなどのケアに。
Refa 4CARAT(リファフォーカラット): 全身に使用可ですが、顔6:4体をイメージして作られたボール4つのタイプ。たるみや顔やせケアを重点的にしたい人向き。
ReFa S CARAT(りふぁエスカラット): 人気のリファカラットを小さくした小型版。眉間や目元、口元などより細かいところのケアに最適。また、小さくて軽いので持ち運びにも便利。

 yaji プラチナ電子ローラーRefa(リファ)公式サイトを見る

 

管理人yo-koが選んだReFaは?

実際にさまざまなタイプのリファを手にとって体感させていただくことができ、でもだからこそ逆にすごく迷ってしまいました!バータイプよりもボールの「つまみタイプ」のほうが気に入ったので、その中でどれにしようか絞り込みました。

フォーボディー

リファフォーボディは、4つのボールが体の肉をギュッとつまみこんですごく気持ちいい!
ずっと腕や足をコロコロしていたいくらいです。

つまみパワーが一番高いのはこのフォーボディではないでしょうか。

でも当初の目的は「美顔器」。
ボディケアは他のものでも可能なので、ボディケア中心のフォーボディは今回は泣く泣くあきらめ・・・。

カラット&4比較

新作の4カラットと定番人気のカラット。
ボールの大きさの違いが伝わるでしょうか。

4カラットのほうが少し小ぶりのボールになっていました。

4カラットのつまみ感や気持ちよさは捨てがたいのですが、細かい部分のケアは4つもあるボールが逆に邪魔になってしまいそうな気も…そういう意味ではやはりカラットの万能感に惹かれます。

Sカラット

細かいところをケアするなら、断然Sカラット。

眉間やほうれい線などが気になる私はSカラットいいなーーー!と思いました。
が、Sカラットは小さいので全身ケアには不向き。
防水でもないのでお風呂での使用は不可です。

フォーボディで体にコロコロする気持ちよさを知ってしまった私は、Sカラットだけでは物足りないかも。
2本目として持つんだったらSカラットでもいいかもです。

Sカラット比較

Sカラットと定番カラットの大きさ比較。こうしてみるとだいぶ違いますね。

やっぱり定番カラットの全身にも細かい部分にも使いやすい汎用性の高さは最初の1本としては最適に思えます。

つまみ心地も気持ちいいし、フェイスラインにもぴったりフィットする感じだし、私はリファカラットを購入することに決めました!

 

ReFaどこで買うのがお得?

リファは公式ショップのほか、エステサロンや美容室、家電量販店や楽天・Amazonなどの通販などで購入することができます。
が、気をつけたいのはリファの偽物が多く出回っていること。

偽物に注意

公式サイトでも注意喚起の表示がありますが、見た目はそっくりでもシリアルナンバーがない、防水加工になっていない、マイクロカレントが出ないなどの偽物が安く販売されているケースが後を絶たないそうです。

これだけ有名かつ人気の商品なので、偽物で儲けようとする悪徳業者も残念ながらいるんですね・・・。

特に、定価よりもかなり安く売られている場合は注意が必要です。
せっかく買ったのに偽物だった・・・では悲しすぎますし、逆に高くついてしまいます。

ReFaはもともと開発や素材に非常にこだわって作られていて、その上でできるだけ購入しやすい価格にする努力をされているため、値下げされることはほとんどありません。
極端に安くなっているものは、ネット通販でも店舗販売でも気をつけるようにしましょう。

そういう点では、公式サイトでの購入がいちばん安心です。
もし万が一不具合があった場合でも、公式サイトからの購入であれば速やかに対応してもらうことができます。

というわけで、管理人yo-koはRefa(リファ)公式通販楽天店で購入することにしました。

届いたらパッケージや使い心地のレポートをお届けしますね!

 
 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。