妊娠中のスキンケア、どうしてる?敏感になりやすい、肌トラブルが起こりやすいマタニティ期間でも安心して使えるお悩み対策化粧品

妊娠中

こんにちは、コスメコンシェルジュの伊藤羊子です。

赤ちゃんを授かって、幸せな気持ちでいっぱいの妊婦生活!の一方で、妊娠中の体調や生活の変化に振り回されて何だか毎日イッパイイッパイという人も多いのではないでしょうか。

妊娠することによってホルモンバランスが大きく変わり、お肌が妊娠前よりも敏感気味になったり、つわりや体調不良、重たいおなかでスキンケアをじっくりするのが辛い、という声が多いのも妊娠中特有のスキンケアのお悩みです。

これまで使っていた化粧品が急に合わなくなった、これまで気にならなかった化粧品のニオイが突然ダメになったという人も多く、またスキンケアのために時間を取るくらいなら横になって休んでいたい、なんていう声も。

とはいえまったく何もケアしないでいる、というわけにもいきませんよね・・・。

先輩ママに聞いてみると、「敏感肌でも安心使えて、ひとつでパパッとお手入れができるオールインワンゲルを持っておくと頼もしいよ!」「そうすれば、元気な日は通常のお手入れをすればいいし、辛いときはオールインワンでササッとスキンケア完了しちゃえるからホント楽だった。最終的には私はオールインワンゲルひとつになったけど(笑)」との経験に基づいたなるほど!なアドバイスが返ってきました。

スキンケアに手をかけてる場合じゃない!でも何にもしないのもつらい!と、もし今あなたが感じているなら、ひとつでキッチリうるおいケアができるオールインワンゲルに頼ってみませんか?

急にシミ、シワ、ニキビなどが気になり始めたマタニティスキンケアにはこちら

妊娠中、こんなポイントに注意してオールインワン化粧品を選ぼう

お手入れが1アイテムで完了できるオールインワン化粧品なら、つわりが辛いときや体調が思わしくない時でもパッとスキンケアができるので、ひとつは手元に置いておくと安心です。

とはいえ、どんなオールインワンゲルでもいいわけではありません。

スキンケア化粧品

妊娠中のオールインワン化粧品を選ぶ場合はこんなことに注意して選びましょう。

  1. 合成香料を使っていないこと
    妊娠中は普段以上ににおいに敏感になる人が多いです。直接お肌に付けるものですから無香料または天然香料(精油など)を使っているものを選びましょう。
  2. お肌に優しい敏感肌向け・無添加処方の物を選ぶこと
    普段より揺らぎがちな妊娠中のお肌。これまで特に敏感肌ではなかったという人も、敏感肌向けのアイテムや無添加処方・低刺激処方のお肌に優しいものを選んでください。
  3. 保湿効果の高いアイテムを選ぶこと
    お肌のトラブルの多くの原因は「乾燥」から始まります。ホルモンバランスの変化で揺らぎやすくなっている妊娠中の肌トラブルを未然に防ぐために、保湿力の高い物を選ぶのがポイントです。

 

先輩ママ25人に聞いた厳選おすすめオールインワンゲル

先輩ママ25人におすすめオールインワンゲルを聞いてみました。
これ有名だよね!というものから、妊婦さんの中で特に愛用者が多いアイテムをご紹介します。

osusume 妊婦さんのおすすめオールインワンゲル その1


メディプラスゲル

テレビショッピングや広告などで「これ1本でいいんです!」のキャッチフレーズでおなじみのメディプラスゲル。
子供のころからアトピーだった社長が敏感肌でも安心して使えることを考えて作られたオールインワン化粧品です。

合成界面活性剤、パラベン、フェノキシエタノール、着色料、香料は無添加。
子供からお年寄りまで年代を問わず使えるよう、お肌への優しさにこだわった処方です。

また、特にそれ用に特化して作られた製品ではありませんが、保湿効果が高く体にも使用できることから、スタッフさんの中には妊娠線予防として愛用された方もいらっしゃるそうです。

他オールインワンゲルと比べてコスパが良いこと、30日間返金保証付で肌との相性を試しやすいことでも人気です。

妊婦さんの安心ポイント

肌トラブルに悩む社長がお肌への優しさにこだわって開発した製品

reten合成界面活性剤、防腐剤、着色料、香料を配合しないこだわりの無添加処方

reten30日間返品保証付(開封後OK)

 

>>メディプラスゲルの詳細を見る

 

メディプラスゲルの特徴・口コミまとめを見る >>

 

osusume 妊婦さんのおすすめオールインワンゲル その2

コンシダーマル
コンシダーマル スキンライズローション

 

肌本来が持っている成分を中心に配合し、肌の「ラメラ構造(油分と水分が層になって重なった状態)」を保つことに重点を置いた本格オールインワンゲルです。

美的、GINGER、オトナMUSE、LEEなど有名雑誌にも掲載され、徐々に知名度も上がってきています。

皮膚臨床薬理研究所と共同開発されたスキンケア化粧品というのも信頼性が高く安心して使えるポイント。

鉱物油、パラベン、アルコール、着色料、香料無添加で、お肌へのやさしさにも配慮されています。
初回半額・30日間返金保証付と肌に合うかどうか不安の大きい敏感肌さん・妊婦さんにも嬉しい制度付きです。

 

妊婦さんの安心ポイント

皮膚臨床薬理研究所と共同開発されたスキンケア化粧品

reten鉱物油、パラベン、アルコール、着色料、香料は不使用

reten初回半額・30日間返品保証付

>>コンシダーマルの詳細を見る

開発者さまインタビュー&伊藤羊子の使ってみた感想はこちら >>

osusume 妊婦さんのおすすめオールインワン化粧品 その3
ロベクチンシリーズ

ロベクチン バリアリペアクリーム

 

ロベクチンクリーム・ローションは、元々抗がん治療や放射線治療による皮膚関連の副作用に苦しむ患者さんのために開発された保湿クリームです。
そのため、超敏感肌や疾患肌でも安心して使うことができます。

パラベン、石油系界面活性剤、着色料、香料など、お肌に刺激になるものは不使用。顔だけでなく全身に使えます。

オールインワンとして作られているものではありませんが、その保湿力の高さから、単品使いで充分保湿が可能です。

 

敏感肌さんの安心ポイント

疾患肌向けに開発されたお肌に優しい保湿クリーム

reten肌に負担になる成分を排除した低刺激処方

reten顔だけでなく全身に使用可

>>公式キャンペーンサイトを見る

 

ロベクチン販売元インタビューを見る >>

 

妊娠中も、ママになっても綺麗でいたい!と思うのは女性にとってとても大切なこと。
オールインワンアイテムでお手入れの負担を軽減しながらも、きちんとケアをすることで幸せなマタニティライフをより充実したものにしたいですね!

がんばってお手入れをしていても、以前よりシミやクスミが気になるようになった、急に乾燥しやすくなって小じわが目立ち始めた、ニキビができやすくなった、など、人によってはさらに深いお肌の悩みを感じ始める人も。

そういう場合は、次に解説するそれぞれのお悩みに特化された安全なスキンケア化粧品で早めにケアをするようにしてください。

妊娠中の肌の急な変化によるお悩み…シミ、しわ、ニキビ

普段からホルモンバランスの変化の影響を受けやすい女性のお肌ですが、妊娠をきっかけに肌質がガラリと変わった!これまで使っていた化粧品が合わなくなった!という人は少なくありません。

妊娠するということは女性ホルモンの状態が通常時とはガラリと変わるということので、そう感じる人が多いのも無理はないですよね。

ここで妊娠前のことをちょっと思い出してみてください。
生理前は肌荒れしやすかったりニキビができやすかったり、女性なら誰しもホルモンバランスによってお肌の調子が崩れた体験をしたことがあるのではないでしょうか。

妊婦さんのお肌のお悩みをたずねてみると

  • 肌が敏感になった(これまでの化粧品がピリピリしみてしまう)
  • 乾燥しやすくなって、小じわやほうれい線が目立つようになった
  • シミが増えた、できやすくなった
  • 急にオイリー肌になってニキビができやすくなった

など、普段以上に敏感になったり肌トラブルが増えたという人が多いようです。

人によってその症状の出方も様々でまったく違うところが不思議ですよね。
妊娠中は新陳代謝が活発になることから、逆に「過去最高の肌状態」を体験する人もいるようですが、多くの場合は、妊娠初期は特にお肌が敏感になる人が多いようです。

そんな「お肌が敏感な状態」が長く続くと、バリア機能が弱まってしまうためお肌が乾燥しやすく、外部刺激の影響を受けやすくなってしまいます。

お肌が乾燥しやすいということはシワが目立ちやすくなりますし、外部刺激を受けやすいということは肌荒れが続いたり、紫外線の影響を受けやすくなってシミが出来やすくなったりもするのです。

妊娠中のお肌はデリケート、かつ普段よりも弱っていると思って、なるべく低刺激のスキンケア化粧品で優しく労わってあげてくださいね。

妊娠中のお悩み対策に使える低刺激のおすすめスキンケア化粧品

妊娠中に多い「しみ」「しわ」「ニキビ」のお悩み。それぞれにおすすめのスキンケア化粧品をご紹介します。

どのアイテムも、妊娠中でも安心して使える物、敏感肌向けに作られている物を選んでいますのでお肌への負担は少ないですが、すべての人の肌質に合うとは限りませんのでまずはトライアルセットでお肌に合うか、使い心地はどうかを試してみることをおすすめします。

osusume 妊娠中でも安心して使える美白・シミ対策化粧品


ディセンシア サエル

ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌専門ブランド「ディセンシア」の美白ライン「サエル」は、弱ったお肌を外部刺激から守りながら美白成分が効きやすい状態に整え、クリアな肌に導いてくれます。

一般的な美白コスメにありがちな刺激の強さや乾燥しやすさがなく使い続けられる!と敏感肌さんの間でも評価の高い美白化粧品です。

ストレスがシミを加速させていることに着目し、「肌ストレス対策」成分を配合してリニューアルされました。

 

妊娠中の敏感肌さんの安心ポイント

合成香料不使用で自然なほのかな香りだから妊娠中でも使いやすい

reten敏感肌専門ブランドが作ったお肌への優しさいこだわった美白化粧品

reten30日間返金保証付きトライアルセットあり

>>このアイテムの詳細を見る

osusume 妊娠中でも安心して使えるエイジングケア・しわ対策化粧品

ayanasu
ディセンシア アヤナス

サエルと同じく、敏感肌専門ブランド「ディセンシア」のエイジングケアラインの「アヤナス」です。

外部刺激をブロックしながらうるおいを閉じ込め、しっとりやわらかな肌に導いてくれます。また、自らコラーゲンを生み出す力をサポートするオリジナル成分配合なので、しわやたるみが気になる人にもオススメ。

もちろん敏感肌でも安心して使用できる低刺激処方です。

 

妊娠中の敏感肌さんの安心ポイント

敏感肌専門ブランドが作った低刺激処方のエイジングケア化粧品

reten合成香料不使用で自然なほのかな香りだから安心

reten30日間返金保証付きトライアルセットあり

>>このアイテムの詳細を見る

osusume 妊娠中でも安心して使えるニキビ対策化粧品


NOV(ノブ)ACアクティブシリーズ

皮膚科で販売されていることも多い、常盤製薬のスキンケアシリーズNOV(ノブ)。そのノブシリーズから登場した大人ニキビを積極的にケアするのがACアクティブシリーズです。

アクネ菌対策や皮脂対策、マイルドピーリングといったニキビケアに大切なポイントは押さえつつも、敏感なお肌にも負担をかけず安心して使える低刺激処方。

治りにくいニキビ&ニキビ跡を素早くケアします。

 

妊娠中の敏感肌さんの安心ポイント

製薬会社開発&臨床皮膚医学に基づいた医薬部外品。

reten多くの皮膚科でも販売されている実績アリ

retenお肌に優しく、かつニキビに積極的に働きかけます。ニキビ跡対策にも。

>>このアイテムの詳細を見る

妊娠中はお肌の状態が不安定になりやすいので、普段は大抵どんな化粧品でも大丈夫!という人でも必ずサンプルやトライアルセットで肌に合うかどうかを試してから継続して使用するかどうかを検討しましょう。

また、栄養バランスのよい食事を摂ることはお肌にとっても赤ちゃんの成長にとっても大切なこと。

つわりで思うように食べられないときもあるかもしれませんが、スキンケアだけでなく食生活からもお肌の状態を見直してみてくださいね。

 

【あわせて読みたい関連記事】
yaji 敏感肌さんに本当におすすめしたい化粧品@敏感肌のスキンケア研究所

yaji 安心と信頼の製薬会社発スキンケアブランドまとめ

yaji 低刺激&無添加化粧品(化粧水・クリーム・美容液・ファンデetc)ブランド特徴まとめ

 

 

この記事を書いた人

伊藤羊子

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュ、ホリスティックビューティーアドバイザーです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。

敏感肌のスキンケア研究所
公式LINE@はじめました!
友だち追加はこちらから ↓ ↓ ↓
友だち追加