ローションパック、何分がベスト?効果的&コスパのよいやり方とは

お肌が乾燥してるな、調子がイマイチだな、疲れてるな…という時に手軽にできて効果も高いのがローションパック。スペシャルケアとしては定番ですよね!

でもこのローションパック、手軽でシンプルな方法だからこそやり方によって差が出てしまいます。むしろ、逆効果になってしまうことも!?

せっかくのローションパックの効果を最大限に発揮するためのポイントをまとめました。
 

ローションパックは3分程度でじゅうぶん

ひたひたになったコットンをお肌に貼って、どれぐらいの時間置くのが良いのでしょうか。たっぷりうるおいを与えたいという重いから、長ければ長いほど良さそうな気もしますが、実は3分~5分程度がベストなんです。

長時間コットンを乗せておけばおくほどたっぷり浸透しそうなイメージですが、逆にお肌の水分がコットンに吸い取られてしまうことがあるので要注意!

3分程度ではまだコットンに化粧水が残っていてもったいない…という場合はそのコットンの化粧水は首筋や腕などに馴染ませれば余すことなく利用できます。
 

コットンは先に水で濡らしておく

コットンパックをすると、化粧水の消費量が一気に増えてしまいます。お手ごろ価格の化粧水をコットンパック用に準備するのも良いですが、コットンを先に水で濡らしておくだけでもかなりローションの節約になりますよ。

コットンを精製水(水道水でも可)で軽く濡らして、水分を軽く切ります。それから化粧水をしみこませれば、乾いたコットンに化粧水を入れるよりも少量で効率よく使うことができます。

あの佐伯チズさんもオススメの方法です。試してみてくださいね。
 

パック後は油分で蒸発を防ぐ

ローションパックでお肌に水分を与えたら、オイルや乳液などで水分の蒸発を防ぎましょう。せっかくパックで水分を与えても、それがすべて蒸発してしまったら元も子もないどころか、蒸発していく時にもともとあった水分まで一緒に奪われてしまいます。

コットンをはがした後、手のひらで押さえ込むようにしてローションを馴染ませます。その後、美容液やクリームなどいつものお手入れをしてきちんと保湿してあげてください。
 

 あくまでも「スペシャルケア」と考える

お肌がふっくらモッチリするローションパック、毎日やれば赤ちゃん肌になれそう!と思う人も多いのではないでしょうか。

でも、やりすぎは禁物!肌を甘やかすことは肌本来の機能を低下させることに繋がります。やり始めて数日は肌の調子が良くなっても、続けていくうちに逆に乾燥を強く感じる人も少なくありません。

大切なのは水分と油分のバランス。ローションパックはスペシャルケアとして取り入れるのが良さそうです。

 

yaji 敏感肌のための低刺激・無添加化粧品ブランドまとめ

yaji 当サイト一番人気のスキンケア化粧品はこちら

 
 
 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。