花粉症は肌にも来る!花粉の時期の肌荒れを乗り切る大切なポイント

そろそろスギ花粉が飛び始める時季・・・。特にアレルギー体質の人や敏感肌さんは花粉の影響を受けやすい人が多いので、このシーズンが毎年憂鬱・・・という人は多いのではないでしょうか。

花粉症といえば鼻や目の症状が特に大変なのはいうまでもありませんが、最近多いのが花粉の季節に肌荒れが酷くなるという「皮膚に来る花粉症」です。

そもそもスギ花粉が飛び始める1月中旬~2月は、1年のうちでもっとも寒い上に乾燥も激しく、お肌にとっては過酷な時期です。乾燥しやすい=バリア機能が低下しやすい、ということですから、ただでさえお肌が荒れやすい時期だともいえます。

バリア機能が弱ったお肌に、異物である花粉が接触するとかゆみや赤みの原因になったり、酷い時には顔が腫れてしまうほどの「花粉症皮膚炎」という状態になってしまうことも…。

こういった「直接花粉が肌に触れることによって起こる肌荒れ」だけでなく、「花粉症による涙や鼻水、鼻をかむことによって起こる肌荒れ」が重なってしまって、メイクをするのも難しい状態に陥ることも少なくありません。

この時期のお肌を守るために大切なポイントは

・花粉にできるだけ接触しないこと(接触したらきちんと落とすこと)
・とにかく保湿!保湿!保湿!!

この2点です。
 

花粉に出来るだけ接触しない

花粉の影響を軽減するには、可能な限り接触を防ぐことが重要です。髪をコンパクトにまとめる、帽子をかぶることで花粉が髪に付着するのを最小限にすることができますし、マスクをすることで花粉を吸い込んだり顔に付着したりすることを軽減することができます。

花粉症対策

また、フェイスパウダーなどを使って顔に膜を張っておくことも花粉予防の手段として有効です。保湿することはお肌のバリア機能を高めるうえで重要ですが、肌の表面が油分たっぷりに覆われているとその油分に花粉が吸着してしまいます。たっぷり保湿をしたあとは、表面をサラッとさせておくこと!

花粉によってかゆみを感じる場合、かいたりこすったりすることで症状は悪化してしまいます。表面に付着した花粉をよりお肌の中に入れ込むことになってしまうからです。できるだけ我慢して、はやめに洗い流す・拭きとることがおすすめです。出先で顔を洗えない!という場合は、柔らかいフェイスブラシで払うのもアリですよ。
 

花粉をきちんと洗い流す

どんなに注意していても花粉は皮膚や髪の毛に付いてしまうもの。付いてしまった花粉は出来るだけ早く、きちんと洗い流すことが大切です。

やさしく洗顔

洗い流す際も、ゴシゴシとこすらないこと。天然成分のやさしい洗浄剤で、たっぷりの泡でなで洗いをしましょう。お肌が弱っている時期ですから、スクラブ入りの洗顔料やピーリング効果のあるものはなるべく避けて。

衣類もなるべく花粉がつきにくいサラッとした生地のものを選び、こまめに洗濯しましょう。もちろんこの時期だけは部屋干し推奨です。

とにかく花粉と接触する機会や時間を最小限にすることが、花粉からくる肌荒れを予防するのには何よりも重要なポイント。とはいえどうしても100%避けきることは難しいので、可能な範囲で花粉との接触を減らすこと、接触したらきちんと落とすことを心がけましょう。
 

とにかく保湿!保湿!保湿!!

ただでさえ、乾燥したお肌や荒れがちな敏感肌は皮膚のバリア機能が弱っています。そこへ異物である花粉が付くことが「外部刺激」となり、肌荒れを引き起こしてしまうのです。

花粉の刺激寒さや乾燥にさらされて自覚がなくてもお肌が弱りがちになるこの時期は、いつも以上に意識して保湿に特化した低刺激のスキンケア化粧品を選びましょう。抗炎症作用のある成分や皮膚の再生を促す働きのある成分、外部刺激をブロックしてくれる成分などが配合されていると良いですね。

 

yaji 花粉の季節におすすめ!特許技術で外部刺激からお肌を守る敏感肌用化粧品

 

普段はなんともない化粧品や愛用中の化粧品でも、刺激を感じたり赤みが出たりする場合は刺激の少ないものに変えましょう。特に、アルコールがしみるという人は少なくないので、アルコールフリーのものを選ぶのもひとつの手です。

顔を洗うときも化粧品を塗るときも、できるだけこすらないこと・刺激を与えないことが重要です。

無添加・低刺激のスキンケア化粧品でお肌を優しくかつシッカリ保湿することは、バリア機能を回復させることにも荒れた肌を元に戻すことにも繋がります。いつも以上にお肌をやさしく労わって、この辛いシーズンを乗り切りましょう!

 


 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。