Jurlieque(ジュリーク)の特徴・口コミまとめ|ジュリークってどんなブランド?敏感肌でも使える?

世界のオーガニックコスメの中でも最高水準を誇り、独自の世界観をもつJurlique(ジュリーク)は、オーガニックの世界へ足を踏み入れた人なら一度は使ってみたいオーガニックコスメブランドのひとつではないでしょうか。

雑誌の特集でもよく取り上げられていますし、芸能人の愛用アイテムの中にジュリークのアイテムが入っていることも少なくありません。シンプルだけどかわいいパッケージや、デパートのコスメカウンターのちょっと高級な、でもあたたかみのある雰囲気などがとても魅力的なブランドです。

オーガニックコスメに興味がなくても、その名前やブランドロゴは知っている、という人が多いジュリーク。今日はそんなジュリークについて、どんなブランドなのか、どんなアイテムがあってどんなアイテムが人気なのか、口コミや評判はどうなのかなどをまとめてみました。

yaji ジュリークの公式サイトを見る
yajiジュリークの口コミ・評判を見る
yaji管理人yo-koのジュリーク口コミを見る

 

ジュリークってどんなブランド?

ドイツ出身の化学者でもあり薬草学者でもあるユルゲン=クライン氏と、園芸学の専門家ウルリケ夫人によって誕生したジュリークは、2人の名前であるJurgen(ユルゲン)とUlrike(ウルリケ)を合わせて名付けられました。

ジュリークについて

1985年以来ジュリークでは、南オーストラリアにある自社農園で化学薬品等を一切使用しない「バイオダイナミック無農薬有機農法」で化粧品原料になる植物やハーブを育てており、そこでたくましく育った植物を手摘みで収穫しています。

【バイオダイナミック農法とは】
人智学者・哲学者のルドルフ・シュタイナー氏によって提唱された有機農法・自然農法の一種で、循環型農業のこと。「すべての生命は、地球上だけで完結しているのではなく、地球を含む宇宙の営みからも影響を受け、調和しながら生きている」という考えのもと、土作りや種まき、植え付けに自然の力や天体の動きまで取り入れているところが特徴的です。

ジュリークの製品に使われる約85%の植物はこの南オーストラリアの自社農園で育てられています、中には(気候などの問題で)自社農園で育てられないものもあります。それらについては、世界中から厳選された天然由来成分を取り寄せ、独自の製法でジュリーク流に成分を抽出・ブレンドしています。

nature+science=beauty

ジュリークは、自然の恵みと自然科学の融合で生まれたすこやかで美しい肌づくりを提案するスキンケアブランドです。

yaji さらに詳しくジュリークについて知る(公式サイトへ)

 

ジュリークの製品ラインナップは?人気アイテムは?

ジュリークには、スキンケア(フェイシャルケア)、バスケア(ボディウォッシュやシャンプーなど)、ボディケア、エッセンシャルオイルなどの製品があります。

スキンケアアイテムは6種類のシリーズに分かれています。

juliqueラインナップ

  • ローズモイスチャープラスコレクション
    自然の力でみずみずしい肌へ導く、うるおいケアシリーズ。ジュリークのローズは、ダマスク、ガリカ、センティフォリアなどの原種に近いオールドローズ(アンティークローズ)を使用しています。
  • ハーバルコレクション
    ヴィオラ(三色スミレ)を中心に、ジュリーク農園で育った力強いハーブのエキスがお肌の基礎力を目覚めさせてくれるファーストエイジングケアシリーズ
  • グレイスフルビューティーコレクション
    大人肌のサインが気になり始めたエイジングケア対策シリーズ
  • ニュートリディファインコレクション
    より総合的なトータルエイジングケア向けシリーズ
  • ピュアホワイティコレクション
    独自のツヤ肌成分「ビタブライトKX」を配合した、ナチュラルに輝くつや肌へ導くシリーズ
  • CAコレクション(カレンドラ)
    古くから赤ちゃんのスキンケアや肌荒れ対策に用いられてきたカレンドラエキス配合で、揺らぎ肌をしっかり集中ケアするシリーズ

ジュリーク店頭

肌の悩みに合わせて、それぞれのコレクションのライン使いももちろん良いのですが、ジュリークでは肌質やお肌の状態に合わせて、それぞれのシリーズから最適なアイテムを組み合わせて使用することもオススメされています。

ジュリークの数あるアイテムの中で、もっとも人気があるのはクレンジングローションリプレニッシング(乳液状メイク落とし)です。今年はちょうど発売10周年を記念して、エキスが配合されているマシュマローの花の限定デザインパッケージが発売されています。

10周年記念ボトル

天然由来成分配合率95%以上で、美容液みたいなミルクタイプのクレンジングです。マシュマロー以外にも、サンシキスミレ、カレンドラ、コハコベなどのエキスや、シアバター、マカデミアナッツ油などの天然オイルが贅沢に配合されています。

マシュマローはあのお菓子のマシュマロの名前の由来にもなっているアオイ科の植物です。ウスベニタチアオイ、アルテアなどとも呼ばれています。マシュマローは全身に水分を蓄えられるのが特徴で、特に根の部分の水分保持力がすごく、そのとろりとしたシロップ状の液にはお肌をやわらかくしたり、 うるおいを与えたりする働きがあります。

昨年のジュリークの全店舗、全アイテムの中でもっとも売れたのがこのクレンジングローションリプレニッシングです。ナチュラルな成分でメイクをやさしく落とし、洗顔後もお肌がつっぱらないだけでなく、まつ毛エクステにも対応しているのもうれしいポイントです。

yaji ジュリークのアイテムをもっとたくさん見る

 

ジュリークの化粧品、どこで買える?

ジュリークのコスメカウンターは主にデパートのコスメフロアにあります。また、コスメキッチンやバーニーズニューヨークなどのセレクトショップでも一部取扱があります。

yajiジュリークの店舗一覧、取扱店一覧を見る

ジュリークの化粧品はお値段がお高めなので、毎日使うなら少しでも安く買いたい!と思うかもしれません。楽天やAmazon、ヤフオクなどで、正規の料金よりも安く販売されていることがありますが、そういった商品は並行輸入品(日本の正規代理店を経由せず、輸入されたもの)であったり、酷い場合はニセモノであったりすることも考えられます。

ジュリークの公式サイトでも、そのような正規取扱店以外の商品は購入しないよう呼びかけられています。(詳しくはこちら→ジュリークの正規取扱製品について

安いからといって、値段につられて購入しても、もしその商品に不具合や不明な点があった場合でもジュリークの保証やサポートを受けることはできません。ジュリークの製品を購入する場合は、正規販売店で購入するようにしましょう。

お値段重視で、正規販売店以外のショップやオークションなどで購入する場合は、あくまでも自己責任で、ということを覚えておいてください。

 

 

ジュリークの口コミ・評判は?

オーガニックコスメ上級者さんからも定評のあるJurlique。実際に使ったことがある人の評判や口コミを調べてみました。

ジュリーク店舗

  • お肌にやさしいのはもちろんのこと、使うたびに香りに癒やされます!ただ甘いだけじゃなく、ハーブ感たっぷり。
  • ちょっとお高いんだけど、それだけの価値はあると思います。肌力がアップしたみたい。
  • 昔からニキビに悩まされ続けてきたんだけど、本当にニキビができにくくなりました。
  • ジュリークを使っている、という満足感・・・。オーガニックコスメ好きとしてはたまりません。
  • カウンターで丁寧に相談に乗ってもらえます。安心して相談できるので頼りになります。

などなど、お肌へのやさしさ、香りの良さについては本当に評価が高いようです。

ジュリーク口コミ

一方で、残念な口コミを見てみると・・・

  • どのアイテムがダメだったのか分からないけど、白ニキビができるようになってしまって・・・。残念。
  • 好きなんですけど、高い。お財布に優しくない。続けられないお値段なのはツライ。
  • パッケージの使い勝手が私にはイマイチでした。オイルとか適量がうまく出せず・・・。
  • お値段のわりに、そこまでの効果が分からなかったのでリピはなしです。

など、お値段の高さやお値段に対する期待感のわりにイマイチ?といった声が見られました。

比較的よい口コミが多いジュリークではありますが、どんな優秀コスメであっても肌質や肌の状態によって合う合わないはありますので、Juliqueが気になる人はまずはコスメカウンターで相談してみてくださいね!

yaji ジュリークの公式サイトを見る

 

 

ジュリークのスキンケア、敏感肌でも使える?管理人yo-koの場合

ジュリークのアイテムを管理人yo-koも使ってみました!じつは十ウン年前、いちど使ってみたことがあるのです。

が、当時は特に何の知識もこだわりもなく、単にお肌に良さそう、パッケージかわいい、香りも自然でいい、という感じでジュリークを選んだような気がします。オーガニックコスメ界でもかなりのこだわりブランドとは知らず・・・。

いろいろなコスメの経験をつんで、化粧品の成分やお肌についての知識も増えた今、改めて使ったらどんな感想を持つだろう?とちょっとワクワクしながらジュリークのカウンターに行ってきました。

ジュリークイントロキット

いきなり現品購入は肌に合うかどうか不安なので、トライアルセットのようなものはありますか?と聞いたところ、出てきたのがこちら。日本限定発売の「Best of Jurlique イントロキット」です。

デパートコスメ系は、トライアルセット的なものがないブランドが多くて、サンプルをもらうも1~3日分程度しか試せないことが多いので、多少割高でもいいから1週間くらいじっくり試せるキットを置いてほしい・・・!というのがつねづね私の願いでした。

ジュリークにはそれがある!ブラボー!!と思いつつ、お値段を聞くとなんと4,500円。(税込み4,860円)

・・・うん、普段さ、コスメのトライアルセットって1000円とか、高くても2000円くらいのものが多いから、正直ちょっと一瞬引いたよね・・・。

ジュリークトライアルキット

ジュリーク イントロキット(トライアルセット)の内容はこちら。

  • クレンジングローション リプレニッシング 30ml(ミルクタイプクレンジング)
  • フォーミングクレンザー リプレニッシング 30ml(泡立つ洗顔料)
  • ローズミスト バランシング 15ml(化粧水)
  • ハーバル アドバンスセラム 15mL(美容液)
  • デイケアクリーム バランシング 15mL(デイクリーム)

トライアルしおり

一応、約1週間分の内容とのことなんですが、美容液のハーバルアドバンスセラムは本商品の30mlで約2ヶ月分なので、15mlのこのトライアルサイズで約1ケ月使えちゃうんです。

ハーバルアドバンスセラムは30mlで10000円。そう考えると、半分サイズの美容液が入って、その他のアイテムもひととおり試せて5000円以下になるイントロキットは逆にお得だと言えます。

juliqueナイトクリーム美容オイルサンプル

デイクリームは文字通り日中用なんですが、夜に使ってはいけないというわけではないので、おためし中は朝と夜同じケアで大丈夫。でも、ぜひこちらもお試しくださいね、とナイトクリームのサンプルも2ついただくことができました。(ついでに美容オイルのサンプルももらっちゃいました)

ジュリーククレンジングローション

さて、それでは順番にまいりましょう。こちらはリプレニッシングクレンジングローションです。

ジュリークの全アイテムの中で最も人気のある商品だそうです。管理人yo-koは、クレンジングはミルク派なので、これはとても楽しみでした。

メイクおとし質感

ぷるん、としたクレンジングローションは、乳液よりもクリーム寄りのテクスチャーです。とはいえコッテリした感じや固さは感じられません。何より、手に出した瞬間からローズとラベンダーのいい香り~!

リプレニッシングクレンジングローションの全成分はこちら

水、ホホバ種子油、ステアリン酸エチルヘキシル、マカデミアナッツ油、グリセリン、クエン酸ステアリン酸グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリ セリル、アボカド油、ステアリン酸グリセリル、セタノール、アルテア根エキス、ヒレハリソウエキス、サンシキスミレエキス、トウキンセンカ花エキス、ニオ イスミレエキス、オランダセンニチ花エキス、コハコベエキス、セイヨウキズタエキス、シア脂油、スクワラン、香料(植物精油:ラベンダー、ローズダマスク、ハニーサックル)、レシチン、加水分解コムギタンパク、 デヒドロ酢酸Na、キサンタンガム、乳酸、グレープフルーツ種子エキス、トコフェロール、トタロール、変性アルコール

クレンジング質感

伸ばしやすい質感なので、メイクにクルクルとなじませやすいです。ひととおり顔全体になじませたら、少量の水分を足してメイク汚れと乳化させながら使うのがコツみたい。洗い上がりはとてもしっとりです。

クレンジングとしての機能もまずまずだと思いますが、きっちりアイメイクやウォータープルーフ系のいわゆる「落ちにくい」アイテムを使っている場合はこれだけだと無理そうなので、専用リムーバーを使った方がいいと思います。(それはジュリークのクレンジングに限らずですよね)

ジュリーク洗顔料

洗い上がりはかなりしっとりめのクレンジングの後は、リプレニッシングフォーミングクレンザー(洗顔料)の出番です。フォーミング、という名前のとおり泡立てるタイプの洗顔料です。

ジュリーク リプレニッシングフォーミングクレンザーの全成分はこちら

水、デシルグルコシド、マカデミアナッツ油、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、アボカド油、ポリソルベート20、キサンタンガム、アルテア根エキス、ヒレハリソウエキス、サンシキスミレエキス、トウキンセンカ花エキス、ニオイスミレエキス、オランダセンニチ花エキス、香料*、乳酸、レシチン、アロエベラ葉エキス、加水分解コムギタンパク、ビサボロール、塩化Na、変性アルコール、香料(植物精油:ローズダマスク、ラベンダー、ハニーサックル)

洗顔料質感

こちらはとろりとした乳液状。こちらもローズやラベンダーが織り交じったハーブの香り。

洗顔料泡立ち

泡はフワフワ系です。もともと泡立てが下手なこともあって、泡立てネットは手放せないのですが、ネットを使ってもこれくらいの泡立ちなので、手早く泡立てて手早く顔を洗いたい感じ。

洗い上がりは、クレンジング後のちょっと油分が残った感じをさっぱりと落としつつも、乾燥してつっぱるようなことはないうるおい感のある感じです。

ジュリークバランシングミスト

そしてスプレータイプの化粧水、ローズウォーターバランシングミストです。

ジュリークローズウォーターバランシングミストの全成分はこちら

水、エタノール、グリセリン、アルテア根エキス、ガリカバラ花エキス、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、フェネチルアルコール、ポリソルベート20、香料(植物精油:ローズセンティフォリア、ローズダマスク)、アロエベラ葉エキス、乳酸、ソルビン酸K

ジュリーク化粧水質感

小さいボトルのせいもあると思うんだけど、けっこうビシャッと出ます。しかしこの香りは!すばらしい!自然で、でもとても華やかなローズの香りに癒されます(*´ω`*)

化粧水のうるおい感としては、比較的さっぱりめかな。

ジュリークアドバンスドセラム

お次は美容液、ハーバルアドバンスセラムです。30mlで1万円もする美容液・・・。ジュリークを代表するオーガニックハーブのエキスがギュッと濃縮されています。

ジュリークハーバルアドバンスセラムの全成分はこちら

水、グリセリン、ビオサッカリドガムー1、ナイアシンアミド、プロパンジオール、異性化糖、ケイ酸Mg、スクワラン、ジカプリリルエーテル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、セテアリルアルコール、ネムノキ樹皮エキス、ゴシュユ果実エキス、サフラワー油、月見草油、ローズヒップ油、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、オランダセンニチ花エキス、ガリカバラ花エキス、トウキンセンカ花エキス、コハコベエキス、ムラサキバレンギクエキス、サンシキスミレエキス、カンゾウ根エキス、ヒナギク花エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウタンポポエキス、セイヨウニワトコ花エキス、セイヨウハッカ葉エキス、モモ葉エキス、ウイキョウ果実エキス、カラギーナン、トコフェロール、アスコルビン酸テトラヘキシルデシル、キサンタンガム、結晶セルロース、海塩、加水分解ダイズタンパク、セルロースガム、香料(植物精油:ローズセンティフォリア、ジャーマンカモマイル)、セテアリルグルコシド、変性アルコール、リン脂質、クロルフェネシン、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン、安息香酸Na、クエン酸

ジュリークセラム質感

とろりとして、少しクリーム色がかった乳液状です。お花屋さんに入った瞬間の香りにハーブ感をプラスしたような、うっとりする香り。

セラム伸び

このうるっとした伸び感、伝わるでしょうか。スッと肌になじんで、しっとりします。この伸びのよさだと、たしかに1回に使う分量は少しで済みそうだから、長持ちはしそう。お肌に栄養を与えるのはもちろんのこと、化粧水とクリームとの間を上手に繋いで相乗効果をアップしてくれそうです。

ジュリークデイクリーム

最後にバランシングデイケアクリーム。デイケアクリームだけど、夜も使用可です。でも、できればナイトクリームと使い分けたほうがよいとのこと。外部刺激の多い昼のお肌と、休息と再生をする夜のお肌では必要なものが違うから、だそうです。

ジュリーク バランシンぐデイケアクリームの全成分はこちら

水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アボカド油、セテアリルアルコール、ローズヒップ油、グリセリン、サフラワー油、クエン酸ステアリン酸グ リセリル、ホホバ種子油、シア脂油、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、チャ葉エキス、ヒレハリソウエキス、ガリカバラ花エキ ス、ブドウ種子エキス、ヒナギク花エキス、ニオイスミレエキス、エチナシ根エキス、サンシキスミレエキス、ウコン根エキス、マカデミアナッツ油、ラウロイルリシン、香料*、加水分解ダイズタンパク、変性アルコール、デヒドロ酢酸Na、パンテノール、キサンタンガム、乳酸、レシチン、月見草油、パルミチン酸レチノール、酢酸トコフェロール、トタロール

デイクリーム質感

手に出した瞬間は、お?わりとシッカリ固めなテクスチャー?と思ったのですが、

デイクリーム伸び

伸ばしてみると意外とスルッと伸びて、軽い使い心地でした。とはいえクリームなので、そこそこキッチリ保湿感はあります。べたつき感が少ないのに、キッチリうるおいを保ってくれるクリームは、忙しい朝でもすぐにメイクに移れるので使い勝手が良いですよね。

 

管理人yo-koの「ジュリークを使ってみた全体の感想」と「まとめ」

ジュリークは歴史もこだわりも、世界のオーガニックコスメの中でも最も優秀なブランドのひとつです。

イントロキットのどのアイテムを使っても、さすがジュリークだなぁ・・・と思える香りと使い心地でした(*´ω`*)キットのお値段に最初は躊躇しましたが、内容的には大満足です。

一度くらいはライン使いしてみたいなぁ・・・とは思うものの、正直全体的にお値段が高い!!!そしてクリームが日中用・夜用と分かれているように、アイテム数も多い!!!これ、全部揃えるのはけっこうな出費になっちゃいます。

もちろんそれなりの価値もブランド力もあるとは思うし、初期出費は大きくてもコスパそのものはそこまで悪くないと思うんです。でも、普段使っているローズの国産オーガニックコスメがコスパ・効果ともに優秀すぎて満足していることもあって、ジュリークのお値段や効果と天秤にかけるとどうしても・・・どうしても・・・思い切れないなぁ、と個人的には思ってしまいます。

ジュリークメイク落とし本商品

それでも、ひとつくらいは本商品を買ってじっくり使ってみたい!!と思い、ジュリークのいちばん人気アイテムであるクレンジングローションを買っちゃいました。

ただ・・・これまた愛用しているミルククレンジングがW洗顔のいらないタイプでして・・・、W洗顔の手間もあり、別途洗顔料を準備する必要もあり、うーん・・・どっちにしようか迷った化粧水(これまたジュリークの定番大人気アイテム)を買った方がよかったかな・・・とも思います。ジュリークにもクレンジング&洗顔料が一つになったW洗顔のいらないアイテムもあるんですが、それはミルクタイプではなくて泡立てるタイプだし・・・。(このあたりは完全に個人的な好みの問題ですが)

でも、洗面台にジュリークがある(*´ω`*)という満足感は素晴らしいです♡ 普段使いで全部揃えるのは私にはちょっと贅沢な気がするけど、たまに「ごほうび買い」でいつものお手入れにジュリークを取り入れていけたら気持ち的に豊かになれそうです。

ジュリークを使ってみたいけど、どうなのかなぁ・・・と思っている人は、やっぱりまずイントロキットを試してみる価値アリだと思います。その中で気に入ったアイテムを取り入れるもよし、お財布が豊かな人はライン使いするもよし。まずはカウンターでジュリークの香りを実感してみるのもおすすめです♪

yaji ジュリークの公式サイトを見る

 

【あわせて読みたい】
yaji本当におすすめしたい国産オーガニックコスメ厳選5つ
yajiHANAオーガニックのトライアルセット 4アイテムを1480円でおためし

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。