ホリスティックビューティーアドバイザーの資格を取得しました

私事ではございますが、管理人yo-ko、このたびホリスティックビューティーアドバイザーの資格を取得いたしました。昨年2014年11月末に試験を受けて、合格発表がクリスマスごろ、そして先日ついにディプロマ(認定証)が届いたのです!

今日は直接美容とは関係のないお話になりますが、お時間がありましたらお付き合いください。

日本ホリスティックビューティー協会外部リンクはビューティーアナリストの岸 紅子さんが代表理事を務めているNPO法人です。代表顧問にはスキンケア関連の本を多く出版されている岡部美代治さんや、日本にオーガニックコスメを普及させた美容家の吉川千明さんをはじめ、多くのミス・ユニバースの生みの親でもありビューティーエキスパートでもあるイネスリグロンさん、代替医療師として有名なアレクサンダー陽子さん(Vanillaさん)などなど、そうそうたる名前が連ねています。

DSC_6493

ホリスティックビューティー協会とは何かを簡単に説明しますと、外見と身体と心の健康とバランスによって美しさが作られているということを基本理念に、外からのケアだけでなく食事や生活、ホルモンバランスやストレス、皮膚のしくみや身体のしくみなどを理解して適切なセルフケアとキレイを目指しましょう、という活動をしている団体です。

美容関係の本私自身、年齢的にも体質的にも、外からのケアだけではとても自分のなりたい「キレイ」に追いつかないことをしみじみと実感していました。仕事やこのブログの運営を通して、美容やスキンケアについての本を読んだり化粧品の勉強会に参加したり、いろいろな角度から健康やスキンケア、美しさということについて学ぶ機会が多くなるにつれ、その実感や確信はどんどん強くなっていきました。

たくさん勉強してはいるつもりだけれど、もっともっと体系的にきちんと身体と美容とのつながりを学びたい!という思いが大きくなっていく中で、縁あって参加した「キレイに差が付く。コスメの裏側の読み方」のセミナーを主催していたのがホリスティックビューティー協会でした。

それが私とホリスティックビューティー協会との出会いです。

ホリスティックビューティー協会では、各地でさまざまなミニセミナーを開催して啓蒙活動をしているだけでなく、ホリスティックビューティー検定を通じて健康と心と美とのつながりをより具体的に系統立てて学ぶことができることを知り…何年ぶりでしょう、資格試験に挑戦しようと思ったのは!

HBAテキスト

ホリスティックビューティー検定2級対策の分厚いテキストをめくりながら、体のしくみやホルモンバランス、食事と栄養、運動、睡眠、ストレスケア、代替療法、そしてスキンケアなどについての勉強をしました。たくさん付箋が貼ってありますし、中には書き込みやラインがいっぱいです。笑

何しろ「勉強する」という行為自体が本来得意ではない上に長い長いブランクがあったので、最初はちっとも頭に入ってきませんでした。でも、少しずつテキストを読み進めていくうちに、これまで本を読んだり化粧品の勉強会に参加したりネットで検索したりして集めてきた自分の中の知識がどんどんと繋がっていくのを感じ始めました。

そして、漠然としていた私の中の健康や美容に対する意識や知識が一気にまとまって形になってきました。細かいピースを組み合わせて作っていくパズルが出来上がってくるみたいに。

よく考えると、私たち人間の体もそれぞれのパーツや臓器、細胞が複雑に関わり合って作用し合ってヒトとしての形を成しています。体について、皮膚について、美容についての知識もそれぞれ複雑に関わり合って関係し合って成り立っているのも同じことなんですね。

DSC_6489 ホリスティックビューティー検定2級を受験しようと決めたこと、受験して合格したことは、私にとってこれまでの知識や経験を繋ぎ合わせてより深いものにするきっかけになってくれました。

自分の肌の状態、身体の状態、心の状態をじっくりと見つめることからホリスティックビューティー、全体的な包括的な美しさに近づいていけたらと思います。

そしてホリスティックビューティーアドバイザーの名前をいただいたことで、これからもっとお肌だけでなく心や身体全体のケアも含めて敏感肌さんにとって少しでもお役に立つ情報を伝えていきたいという思いを新たにしました。

今後とも、「敏感肌のスキンケア研究所」とのんびりとお付き合いいただけたらとても嬉しいです。^^

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。