お肌に優しい!敏感肌のための日焼け止めの選び方と使い方&石けんで落とせる日焼け止め厳選3つ(フェイス用編)

UV対策は美肌のためには必須だけれど、日焼け止めはお肌に負担がかかるものが多いのも事実。日焼け止めでお肌が乾燥する、日焼け止めを使うと肌荒れしてしまう、かゆみが出てしまう、という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

紫外線からお肌を守るための日焼け止めが欠かせませんが、その日焼け止めでお肌が荒れてしまうのはこれまた本末転倒ですし悲しいことです。

できるだけお肌に優しい日焼け止めを選ぶことは敏感肌さんにとって、とても大切なこと。そのためのポイントとおすすめアイテムをご紹介します!

「紫外線吸収剤」不使用のものを選ぶべし

日焼け注意

日焼け止めを購入する時に何を目安にしていますか?メーカー、ブランド、価格など、選ぶポイントは様々だと思いますが、敏感肌さんの場合はまず何よりも「紫外線吸収剤を使っていないか」ということを選ぶポイントにしてください。

日焼け止め効果のあるものとして「紫外線吸収剤」と「紫外線撹乱剤(反射材)」がありますが、この「紫外線吸収剤」の方がよりお肌への負担が大きいと言われています。紫外線吸収剤は、化学物質で紫外線を吸収してお肌の上で化学変化を起こすことによって、紫外線からの肌への刺激を抑えるという仕組みで「紫外線を防止する力」は強く、特に強力な日焼け止めや外資系の日焼け止めには配合されていることが多いようです。反面、紫外線吸収剤の成分そのものに刺激を感じたり、化学変化の影響で肌を酸化させてしまったりすることも多いことから最近では「紫外線吸収剤不使用」の日焼け止めが増えてきています。

「数値」が高いものは「肌への負担」も高いと心得るべし

日焼け止めを選ぶ上で大切な「SPF」と「PA」の数値。SPFは紫外線B波を、PAは紫外線A波をどれだけ防ぐことができるか、ということを表しています。数値が高ければ高いほど、紫外線からお肌を守る時間が長持ちする目安になります。

とはいえ、それならとにかく数値が高いものを選べばいいのね!というのは間違い。
SPFとPAの数値は高ければ高いほど、お肌への負担も高くなります。

日焼け止め

SPF1で20分間の紫外線を防ぐことができるとされているので、例えばSPF20であれば400分、SPF30なら600分日焼けを防げるというわけです。日常紫外線であればSPF20~30、PA+または++で充分と言えます。

高い数値だけを頼りに日焼け止めを選んでお肌を傷めることがないよう、適正な数値のUVケアアイテムを選びましょう。

また、ウォータープルーフや落ちにくさを売りにしている日焼け止めは確かに「持ち」は良いものの専用クレンジングが必要になったり、その分どうしても肌への負担は大きくなります。敏感肌さんには「石けんで落とせる日焼け止め」がおすすめです。

たっぷり保湿スキンケアで乾燥を防ぐ

日焼け止めやUV効果のある化粧下地を使うと肌がパサパサに乾燥してしまう、という経験がある人は多いのではないでしょうか。日焼け止めに使われている「紫外線撹乱剤(反射材)」は主に酸化チタンや酸化鉄等の鉱物やタルク、スターチ類などのパウダーから構成されているので、その日焼け止めがクリームタイプであろうともどうしても油分を吸い取られて乾燥しがちになってしまいます。

日焼け止めの前のスキンケアでたっぷりとお肌に水分を蓄えておくことが、カサカサや乾燥からくるかゆみを防ぐ大切なポイントです。

「塗りなおす、重ねる、併用する」がスキなしUV対策の要

UVクリーム

ふと顔に触れてしまったり、汗をかいたりすることでどうしても落ちてしまうのが日焼け止め。メイクと同じく「お直しが必要なもの」と心得てください。

メイクを直す時に乳液などで一旦もとのメイク&日焼け止めを軽くオフして、もう一度日焼け止めからきちんと塗りなおすのが理想的ですが、そこまでできない!という場合はUV効果のあるフェイスパウダーやファンデーションを重ねることで日焼け止め効果を維持することもできます。

また、肌に直接塗る日焼け止めだけに頼らず、日傘やアームカバーなどの紫外線対策グッズを併用してUVブロックすることも忘れずに!

石けんで落とせる!お肌に優しい日焼け止め厳選3つ(フェイス用編)

それじゃ敏感肌にはどんな日焼け止めがいいの?というわけで、上記の条件を満たした石けんで落とせるおすすめUVケアアイテムを3点ご紹介します。

osusume 敏感肌さんのおすすめ顔用日焼け止め その1
ウェアルーUVHANAオーガニック ウェアルーUV

厳しい自社基準を設けている国産オーガニックコスメブランドのHANAオーガニックから新発売のUVケアティント乳液、ウェアルーUV。石油由来成分は一切使わず、オーガニックなのに伸びが良く白浮きしない日焼け止めを作り上げました。

美容成分たっぷり配合で乾燥を防ぎ、SPF20/PA++(製品にPA表示はされていませんが販売元に確認しました)で紫外線からお肌をしっかり守ります。同時発売のパウダーも併用することで、スッピン美人のようなナチュラル肌に!もちろん、通常の化粧下地としても使用できます。

>>管理人yo-koのウェアルーUV使用レポートはこちら

敏感肌さんの安心ポイント

石油由来成分不使用のオーガニック処方

retenノンケミ・ノンナノ&酸化チタン・酸化亜鉛はアミノ酸でナチュラルコーティング

reten30日間返金保証付き(開封使用後OK)

>>このアイテムの詳細を見る

>>ウェアルーUVも試せるトライアルキャンペーンはこちら

osusume 敏感肌さんのおすすめ顔用日焼け止め その2
ブルークレールUV
ブルークレール UVラグジュアリーデイクリームII

ブルークレールは徹底的な無添加とオーガニック素材、そしてセラミドやコラーゲンなどの肌構成成分にこだわった高機能オーガニック化粧品として有名なメーカーです。

そのブルークレールのUVケアアイテム、UVラグジュアリーデイクリームIIは合成保存料や合成界面活性剤、合成ポリマー、シリコンオイル、鉱物油、合成着色料、合成香料などは配合しない徹底的な無添加処方ながらもSPF23/PA++で、お肌を紫外線からしっかりガードしてくれます。

ローズリッチフェイスパウダーとの併用でさらにUV効果&美肌見せ効果がUP。
まずはトライアルセットでお肌との相性の確認を。

敏感肌さんの安心ポイント

合成成分無添加処方でお肌に優しく、口コミ評価も高い日焼け止め

retenノンケミ・ノンナノ&酸化チタン・酸化亜鉛は天然由来成分でコーティング

retenスキンケアアイテム&UVケアアイテムがセットになったトライアルセットあり

>>このアイテムの詳細を見る

osusume 敏感肌さんのおすすめ顔用日焼け止め その3
ママバターUV
ママバター UVケアシリーズ

お肌に優しいナチュラルスキンケアで有名なママバターのUVケアシリーズは、ノンシリコン、ノンパラベン、紫外線吸収剤、合成保存料、合成着色料無添加の日焼け止めです。

ナチュラルシアバターを配合したしっとりした使い心地が評判。SPF25/PA++
無香料、ローズ、アロマインの3種類があるので、好みや目的によって選ぶことが出来ます。

また、クリームタイプ以外にもスプレータイプ、フェイスパウダー、リップクリームなどUVケアアイテムが豊富に揃うのもママバターならでは。
トライアルサイズや返金保証はありませんが、比較的安価で買いやすい価格なのは魅力的。

敏感肌さんの安心ポイント

ノンシリコン、ノンパラベン、合成保存料等、お肌への優しさにこだわった無添加処方

reten紫外線吸収剤不使用のノンケミ処方

retenやさしい使い心地で大人から子供まで使える

>>このアイテムの詳細を見る

 

こちらでご紹介した石けんで落とせるおすすめ日焼け止め3点は、どれもお肌に優しい処方になっていますが、すべての人のお肌に合うとは限りません。返金保証やトライアルセットを活用するなど、使用する際はお肌の様子に充分注意しながら使ってみてください。

 

yaji  お肌に優しいおすすめボディ用日焼け止めを見る

yaji日焼け止め選びのための用語や疑問についてもっと詳しく見る

yaji飲む日焼け止めって効果ある?成分・特長比較まとめ

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。