肌荒れにいい食べ物・悪い食べ物 お肌が荒れているときこれは避けるべき!

肌荒れや肌トラブルと切っても切れない関係なのが食生活。外食続きでニキビが増えた・・・とか、野菜不足でお肌が荒れてきた・・・とか、心当たりのある人も多いのではないでしょうか。

肌荒れにいい食べ物というと、「バランスよく、野菜多めでビタミンたっぷり」のようなことを思い浮かべる人が多いと思いますが、もちろんそれは大正解。お肌のためにはビタミン類が欠かせません。 また、健康なお肌を作るためにはたんぱく質も重要な働きをします。77し、近年糖質制限の流行で炭水化物を避けている人も増えていますが、極端に炭水化物の摂取を減らすとお肌に影響が出てしまいます。お肌が脂っぽい人は油分を控えめに、逆にカサつきやすい人は油分をやや多めにするなど、体質に合わせて考えた「全体のバランス」が美肌を作ります。

逆に、お肌が荒れているとき避けたほうがいいものというと、何が思い浮かびますか?暴飲暴食や外食・市販のお弁当などを避けるのはもちろんのこと、いくつかの例を挙げてみましょう。

刺激物を控えめに!

スパイシーな食べ物やカレーは新陳代謝を促す意味ではいいのですが、胃腸にとっては刺激物です。またお酒=アルコールや、コーヒーなどカフェインが多く含まれるものも刺激物になります。

脂っこいものは控えめに!

脂身たっぷりのお肉や揚げ物など、脂っこいものの食べすぎや連続は控えましょう。もちろんたんぱく質や脂質はお肌にとっても必要なものですが、調理法や脂の少ない部位などを少し考えてみる必要があります。

スナック菓子や甘いものは控えめに!

これも当然と思っている人も多いと思いますが、知ってはいても止められない人も多いですよね。(反省・・・汗)スナック菓子の油分や食品添加物、甘いお菓子のお砂糖はやっぱりお肌にとっては良くないもの。できることなら肌荒れの時だけでもビシッと切り捨てたいところです。特に、かゆみが強い時甘い物を控えると楽になる人が多いようです。

共通点は「胃腸への負担」と「体を冷やすもの」

刺激物、アルコール、カフェイン、脂っこいもの、添加物、砂糖・・・これらの共通点が見えてきましたか?「胃腸に負担がかかるもの」や「体を冷やすもの」が肌荒れの回復を遅らせてしまいます。「お肌は食べた物で作られている」「胃腸とお肌はつながっている」そう思って、いたわってあげてくださいね。

とはいえ、あまりにも神経質にがんばってしまうと、逆にそのこと自体がストレスになってお肌に悪影響を及ぼすことも。前述のとおり、大切なのは「バランス」です。お肌の様子を見ながら、いつもよりちょっと気をつけてみる!くらいの気持ちのほうが長くがんばれるかもしれません。

 

yaji 肌を強くするためのおすすめサプリメント厳選3つ

yaji 腸内環境を整えて美肌になるための3つのポイント

yaji その肌荒れ、疲れ、うつ、睡眠障害、鉄分不足が原因かも!?ためしてガッテンで紹介の隠れ鉄不足

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。