覆面コスメブランド&化粧品グループ会社一覧まとめ

数え切れないほど存在しているコスメブランド。ですが、デパートの高級ブランドも、コスメショップのあのブランドも、通販限定のあのブランドも、元をたどってみると実はあの大手化粧品メーカーだった!なんてことがよくあります。

ブランド

このような「覆面ブランド」は多種多様になった消費者のニーズに応えることや、新しいブランドとして興味を持ってもらえる目的でたくさん生まれています。「覆面」というとなんだかちょっと悪そうなイメージかもしれませんが、アウトオブブランドという呼び方もされています。
新鮮さや新たな技術を求めての企業の戦略ですので、決していけないことをしているわけではありません。笑

隠しているわけではないけれどブランド名だけが独立して有名になって元会社が知られていないパターンもあれば、完全に子会社や別会社にして母体の企業のイメージは一切出さない場合もあります。

たとえば、まだ記憶に新しい美白化粧品の白斑問題では、該当の成分が配合された化粧品は自主回収されるという流れになりました。そこで初めて「え、このブランドって○○系列だったの!?」と知った人も多いのではないでしょうか。

化粧品売り場

管理人yo-koは昔からなぜか某大手化粧品メーカーのアイテムが肌に合いません。
いつもCMやプロモーションが素敵で、どうしても使ってみたくなるのですが必ず肌荒れしてしまいます。

それで泣く泣くそのメーカーのブランドは避けるようにしていたのですが、別のメーカーのブランドだと思っていたのにこれも合わなかったか・・・と思ったブランドが実はその某大手メーカーのグループ会社だった、という経験があります。

同じグループ会社のものであれば製造工場や研究所が同じであることも考えられますし、コンセプトや成分や配合量なども多少の違いはあれども似ている可能性があります。(もちろん逆に完全に違う場合もあります)

覆面ブランド

あるブランドのコスメが合わなかった場合、同系列のブランドのものを新たに使う場合は通常よりも少し気をつけるといいかもしれません。
逆に、あのブランドのコスメを使いたいけど、似たものでもう少しお手頃価格のアイテムはないかな?という探し方をすることもできます。

敏感肌さんのコスメ選びに、また美容業界に興味のある人に、何か参考になれば幸いです。

グループ会社別一覧
reten 資生堂グループ


reten 花王グループ

 

reten ポーラオルビスグループ

 

reten コーセーグループ

 

reten ファンケルグループ

 

reten ノエビアグループ

 

reten ピアスグループ

 

reten P&G JAPAN

 

reten 日本ロレアル

 

reten エスティーローダー

注)
個人で調べた情報ですので、間違いがある場合があります。お気づきの点がありましたらご一報いただけますと幸いです。→ お問い合わせ
コスメ業界はどんどん変化しており、業務提携・解除があちこちで行われているため、情報が追いついていないことも考えられます。(2015年6月1日現在 の情報を掲載しています)ここでの内容はあくまで参考までの情報としてください。グループ会社といっても、連結子会社、同族会社、業務提携、資本提携、ライセンス契約など形態はさまざまです。詳細な情報は該当する会社の公式サイトをごらんください。

各メーカーが通販限定ブランドや通販限定アイテムを持っている場合もありますので、通販限定スキンケア化粧品についてはこちらの記事をごらんください。
通販でしか買えない!でも使える!通信販売限定のスキンケア化粧品ブランドまとめ

資生堂グループ

国内最大手化粧品メーカーの資生堂。自社ブランド、系列会社とも他の追随を許さない数の多さです。

株式会社 資生堂

資生堂

主なブランド:エリクシール、ベネフィーク、クレドポーボーテ、dプログラム、HAKU、ナチュラルズ、マキアージュ、ベアミネラルなど

あらゆる年代、あらゆるニーズに合わせたブランドを展開。長年日本の化粧品業界を牽引しつづけている国内最大手メーカー。
公式サイト: ワタシプラス 資生堂外部リンク

【関連記事】
yaji 最新スキンケアは「肌免疫力」に注目!肌免疫を高めるケアのふたつのアプローチ

株式会社 アユーララボラトリーズ

アユーラ 化粧品

ブランド:Ayura(アユーラ)

肌・からだ・心のつながりに目をむけ、西洋科学と東洋叡知の融合をコンセプトにしたホリスティックなケアを目指すブランド。アユーラとは、サンスクリット語で「生命」の意味をもつ「AYUS(アーユス)」からの造語。
公式サイト:-東洋美学できれいになる-《公式》アユーラ外部リンク

株式会社 イプサ

IPSA 公式サイト

ブランド:IPSA(イプサ)

一人ひとりの肌に合った美容法をお共に創る「レシピの共創」をコンセプトに、「ベーシックケア」と「カスタマイズケア」を組み合わせてそれぞれの肌悩みに対応するカウンセリングコスメ。IPSAはラテン語で「自ら」という意味を持ち、肌自ら美しくなろうとする力をサポートするという意味合い。スタイリッシュなパッケージやカウンターも人気。

公式サイト:IPSA 公式サイト外部リンク

【関連記事】
yaji IPSA(イプサ)って敏感肌でも使える?どんなブランド?口コミ評価は?イプサのブランドまとめ

株式会社 エテュセ

エテュセ公式サイト -ettusais-

ブランド: Et tu sais(エテュセ)

プチプライス設定ながらも、高品質なアイテム揃いと口コミでも人気。ブランド名のEt tu sais(エテュセ)は、フランス語の「ネ、ネ、知ってる?」という意味を持ち、「思わず誰かに伝えたくなるような商品」を提案し続けたいという願いが込められている。
公式サイト:et tu sais(エテュセ)公式サイト 外部リンク

株式会社 ディシラ

ディシラ[dicila]

ブランド:δicilà(ディシラ)

肌と心は繋がっているという考えのもと、スキンケアではなくスキンワークという考え方でお肌のお手入れを提案しているブランド。心地よいと感じるお手入れが脳へと伝わって感性へとはたらきかけ、リラックスと肌の活性化を生み出していくことを目指す。「ディシラ」はフランス語で「今から、そのときまで」という意味。
公式サイト:δicilà(ディシラ) 外部リンク

株式会社 キナリ

草花木果

ブランド:草果木花(そうかもっか)

肌質に合わせ、ゆずどくだみなど、植物と和の雰囲気を取り入れたナチュラル系ブランド。通販限定販売にもかかわらず、知名度・人気ともに高く、@コスメの口コミでも高評価。

公式サイト:草花木果外部リンク

株式会社ピエールファーブルジャポン

avene

ブランド: Avene (アベンヌ・アヴェンヌ)

南フランスのアベンヌ温泉水は、約270年もの歴史をもち肌に良いミネラルバランスが特徴。全アイテムにアベンヌウォーターを配合して作られたナチュラル化粧品ブランド。

公式サイト: Avene(アベンヌ)ピエールファーブルジャポン外部リンク

【関連記事】
yaji アベンヌ化粧品の特徴・口コミまとめ アベンヌってどんなブランド?敏感肌にもいいの?

>>グループ一覧に戻る

花王グループ

家庭用・業務用洗剤、トイレタリー用品、化粧品、食品など幅広く手掛ける大手化学メーカー花王。洗剤・トイレタリー部門では国内首位、化粧品では2位(子会社含め)のシェアを誇る。2006年、化粧品大手メーカーのカネボウを買収、子会社化し、化粧品部門の業績を一気に伸ばした。

花王株式会社

est(エスト)公式サイト

主なブランド:SOFINA Jenne(ソフィーナ ジェンヌ)、SOFINA Beaute(ソフィーナ ボーテ)、GRACE SOFINA(グレースソフィーナ)、ALBLANC(オルブラン)、est(エスト)、Primavista(プリマヴィスタ)、AUBE couture(オーブクチュール)など

主に花王ソフィーナとest(エスト)に分かれる。est(エスト)は百貨店限定ブランド。

公式サイト:花王ソフィーナ外部リンクest(エスト)外部リンク

株式会社カネボウ化粧品

カネボウ化粧品

主なブランド:TWANY(トワニー)、suisai(スイサイ)、Impress(インプレス)、ブランシール、freeplus(フリープラス)、LISSAGE(リサージ)、ブランシール、coffret d’or(コフレドール)、LUNASOL(ルナソル)など

旧カネボウ株式会社から化粧品事業を切り離し、発足したのが株式会社カネボウ化粧品。現在は花王株式会社の完全子会社。

公式サイト:カネボウ化粧品公式サイト外部リンク

株式会社 エキップ

SUQQU [スック]

ブランド:SUQQU(スック)、RMK(アールエムケー)

スキンケアからメイクアップまで揃うSUQQU(スック)、メイクアップアイテムに重点を置きながらもスキンケアから一通りそろえられるRMK、どちらも百貨店で人気のブランド。

会社名が違うためカネボウ系列ということが知られていないことが多い。
公式サイト:SUQQU(スック)外部リンクRMK外部リンク

>>グループ一覧に戻る

ポーラ・オルビスグループ

化粧品の訪問販売事業で爆発的に業績を伸ばし、国内有数の化粧品メーカーになったポーラ。通販部門としてオルビス株式会社を設立、後年ポーラオルビスホールディングスとしてさらにグループを拡大中。

株式会社ポーラ

POLA

主なブランド:APEX(アペックス)、B.A(ビーエー)、RED B.A(レッド ビーエー)、WhiteShot(ホワイトショット)、D(ディー)、モイスティシモなど

昔は訪問販売で有名だったポーラ。今ではデパートブランドとしても絶大な人気を誇る。自社研究所を持ち、技術力の高さでも定評がある。

公式サイト:POLA(ポーラ)外部リンク

【関連記事】
POLAの美容液がすごい!ベストコスメ受賞続出のポーラ美容液おすすめ3選

オルビス株式会社

オルビスの化粧品

主なブランド:オルビスユー、エクセレントエンリッチ、クリアシリーズ、アクアフォースなど

オイルカットスキンケアにこだわったスキンケア化粧品ブランド。通信販売のイメージが強いが、最近は店舗販売にも力を入れている。化粧品以外にも、サプリメント、ダイエット食品分野でも人気。

公式サイト:ORBIS(オルビス)ホームページ外部リンク

株式会社ディセンシア

decencia(ディセンシア)

主なブランド:アヤナスサエルつつむ など

ポーラオルビスグループから誕生した敏感肌専門ブランド。特許取得技術を採用したヴァイタサイクルヴェールが特長。完全通信販売限定。

公式サイト:DECENCIA(ディセンシア)外部リンク

【関連記事】
yaji 肌バリア機能が弱った敏感肌に、「もうひとつの肌バリア」を。敏感肌専門ブランド、ディセンシアの最先端技術とは
yaji ストレス肌対策の最先端技術を加えてリニューアル!ディセンシアのエイジングケアシリーズ「アヤナス」が新しくなりました
yaji 敏感肌向け美白化粧品「サエル」がストレス肌のシミ対策までケアできるようになりました

株式会社ACRO(アクロ)

THREE

ブランド: THREE(スリー)

オーガニック・国産原料にこだわったナチュラル系デパートコスメブランド。芸能人・メイク業界にも愛用者多数。

公式サイト: THREE公式サイト 外部リンク

【関連記事】
THREE(スリー)の特徴・口コミまとめ THREEってどんなブランド?敏感肌でも使える?

ジュリーク・ジャパン株式会社

ジュリーク

ブランド:Jurlique(ジュリーク)

オーストラリア生まれのオーガニックコスメブランド。日本に「オーガニックコスメとは」を知らしめた草分け的存在。

公式サイト:Jurlique(ジュリーク)外部リンク

【関連記事】
Jurlieque(ジュリーク)の特徴・口コミまとめ|ジュリークってどんなブランド?敏感肌でも使える?

株式会社 オルラーヌジャポン

ORLANE

ブランド:ORLANE(オルラーヌ)

フランスの貴族によって設立された香水会社生まれのスキンケアブランド。フランス オルラーヌ社とポーラの合弁会社。

公式サイト:ORLANE PARIS外部リンク

株式会社フューチャーラボ

フューチャーラボ

主なブランド:デルマQ2ヘアボーテシークレットマジークなど

テレビショッピングで人気のデルマQ2などのブランドを持つ化粧品会社。

公式サイト: フューチャーラボ オフィシャルサイト外部リンク

>>グループ一覧に戻る

コーセーグループ

大手化粧品会社コーセーとアルビオンが関連会社であることは意外と知られていない。コーセー内ではコスメデコルテ・ジルスチュアート・アウェイクをはじめ、アルビオン内でもイグニス・エレガンスなど覆面ブランドが多いため、非常に複雑な状態になっている。

株式会社コーセー

株式会社コーセー

主なブランド:コーセー(プレディア、インフィニティ、エスプリーク、雪肌精、ヴィセ、ファシオ、ネイチャー&コー など)、コスメデコルテ、アウェイク、ジルスチュアートなど

コーセーブランドとして全面的に打ち出されたラインと、戦略ブランドとして活躍するコスメデコルテやアウェイク、ジルスチュアート、ポールスチュアート、アディクションなど、消費者のニーズに合わせた多岐にわたるブランド展開が特徴。

公式サイト:KOSE(コーセー)外部リンクCOSME DECORTE(コスメデコルテ)外部リンクJILL STUART(ジルスチュアート)外部リンクAWAKE(アウェイク)外部リンクなど

【関連記事】
ONE BY KOSÉ(ワンバイコーセー)の効果・特徴・口コミまとめ うるおい改善美容液ワンバイコーセーってどう?

株式会社アルビオン

ALBION-アルビオン公式サイト

主なブランド:アルビオン(エクサージ、エクシア、アンフィネス、エクラフチュールなど)、IGNIS(イグニス)、エレガンス、アナスイ コスメティクス、ポールアンドジョー ボーテ、レ・メルヴェイユーズラデュレなど

スキコンの名で知られるスキンコンディショナーをはじめ、名品揃いのアルビオンに加え、ナチュラル路線のイグニス、高級メイクアップアイテムのElégance、さらにANNA SUI、PAUL & JOE、Les Merveilleuses LADURÉEなどのファッション・コンセプトブランド路線など幅広く取り扱う。

公式サイト:ALBION(アルビオン)外部リンクIGNIS(イグニス)外部リンクElégance(エレガンス)外部リンクLes Merveilleuses LADURÉE(レ・メルヴェイユーズラデュレ)外部リンクなど

【関連記事】
ALBION(アルビオン)の特徴・口コミまとめ アルビオンってどんなブランド?敏感肌でも使える?

>>グループ一覧に戻る

FANCL(ファンケル)グループ

無添加化粧品の草分け的存在のファンケル。その子会社で、毎日たっぷり使える手の届きやすい価格帯の高品質化粧品を追及したアテニア。どちらも派手な宣伝や複雑な流通ルートを極力抑え、身近で信頼感のあるブランドとして愛されています。

株式会社ファンケル化粧品

ファンケル

主なブランド(シリーズ):FANCL 無添加エイジングケアラインFANCL 無添加モイスチャライジングラインFANCL 無添加ホワイトニングラインなど

無添加化粧品の代名詞ともいえるファンケル。保存料などの気になる成分を排除し、お肌に優しいスキンケアを提唱したブランド。スキンケアアイテム以外にも、サプリメントや青汁などの健康補助食品にも力を入れている。

公式サイト:FANCL(ファンケル)化粧品外部リンク

株式会社アテニア

アテニア

主なブランド(シリーズ):Dress lift(ドレスリフト)、Prima moist(プリマモイスト)、メディチューン ベーシックスキンケアなど

パラベンフリー、ハイグレードな原材料、毎日たっぷり使い続けられる価格帯にこだわって作られているスキンケア化粧品。メイクアップアイテムや健康食品、インナーウェア、ファッションなども扱っている。

公式サイト:Attenir(アテニア)オンラインショップ<外部リンク

>>グループ一覧に戻る

ノエビアグループ

薬草化粧品の輸入販売から始まったノエビア化粧品。訪問販売・通信販売を主な販売経路とし、比較的高価格なスキンケア化粧品を扱っている。(シリーズによって価格帯はさまざま)常盤薬品工業を傘下におさめ、プチプラスキンケア化粧品のSANA、敏感肌・疾患肌向けスキンケア化粧品のNOVなど幅広い層から愛される商品を提供している。

株式会社ノエビア

株式会社 ノエビア

主なブランド:SPECIALE(スペチアーレ)、NOEVIR505、NOEVIR105、NOEVIR88、BLANCNEW(ブランニュー)など

訪問販売が中心であり、かつては化粧水・乳液・クリームの三点で60,000円するなど、高価格帯アイテムが多かったものの、近年では親から子へ引き継がれるよう若年層向けのラインも発売されている。植物成分にこだわった自然派化粧品ブランド。

公式サイト:NOEVIR Style外部リンク

常盤薬品工業株式会社

NOV

主なブランド:NOV(ノブ)、SANA(サナ、なめらか本舗)など

臨床皮膚医学に基づいて開発された「皮膚科でおすすめできるスキンケア化粧品」のNOV、ドラッグストアやバラエティショップなどで気軽に手に入れられるプチプライスコスメのSANAのほかに、医療機関専売用化粧品なども販売している。一般医薬品、健康補助食品なども豊富。

公式サイト:常盤薬品工業外部リンクNOV公式サイト外部リンクSANA外部リンク

【関連記事】
NOVのスキンケア化粧品ってどう?NOVの特徴・口コミまとめ/ノブの営業&開発担当さまにお話を聞いてきました

>>グループ一覧に戻る

ピアスグループ

ピアスの名前はあまり知られていないものの、デパートコスメメーカーからプチプラコスメメーカーまでを束ねる化粧品グループ。
公式サイト:ピアス株式会社外部リンク

アクセーヌ株式会社

アクセーヌ公式

ブランド:ACSEINE(アクセーヌ)

アレルギー、アトピーなどでも使える低刺激処方にこだわった製品作りで、皮膚科から紹介されることも多いブランド。肌質別スキンケアアイテムに加え、ベースメイク用品、カラーメイク用品が揃っている。

公式サイト:アクセーヌ 外部リンク
yaji アクセーヌってどう?ACSEINEの特長・口コミまとめ

カバーマーク株式会社

カバーマーク

ブランド:カバーマーク

あざや傷跡、皮膚の変色などを隠すために開発された化粧品から発展したメイクアップブランド。現在はスキンケアラインやカラーアイテムもあり。

公式サイト:COVERMARK外部リンク

ケサランパサラン株式会社

ケサランパサラン

ブランド:ケサランパサラン

カラーアイテムに強いメイクアップブランドとして有名だったが、近年はまつげエクステンションや眉デザインなどのパーツ美容に力を入れている。

公式サイト:ケサランパサラン外部リンク

イミュ株式会社

イミュ

ブランド:dejavu(デジャヴュ)、ナチュリエ、OPERA、EYE PUTTI(アイプチ)など

バラエティショップやドラッグストアを中心に展開されるプチプラコスメブランド。ハトムギ化粧水、塗るつけまつげ、アイプチなどが有名。

公式サイト:imju(イミュ)公式サイト外部リンク

【関連記事】
yaji @コスメで大人気のハトムギ化粧水の効果は?敏感肌でも使える?

 

>>グループ一覧に戻る

P&G JAPAN(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社)

P&G Japan

主なブランド:SKⅡ(エスケーツー)、MAX FACTOR(マックスファクター)、illume(イリューム)

アメリカに本拠地がある世界最大級の日用品メーカー。洗濯洗剤や食器洗剤などのイメージが強いが、SKⅡをはじめとする化粧品、パンテーンやヴィダルサスーンなどのヘアケア用品でも大きなシェアを占めている。

公式サイト:P&G Japanオフィシャルサイト外部リンク

>>グループ一覧に戻る

日本ロレアル株式会社

日本ロレアル

主なブランド:ヘレナルビンスタイン、shu uemura( シュウ ウエムラ)、MAYBELLINE(メイベリン)、ランコム、キールズ、イブサンローランボーテ、ラ・ロッシュポゼなど

フランスに本部がある、世界最大級の化粧品会社。日本ロレアルはもともとコーセーとロレアルが提携して合弁事業となっていたのが、1996年日本ロレアル株式会社となった。

公式サイト:日本ロレアル株式会社外部リンク

>>グループ一覧に戻る

Estée Lauder Companies, Inc.(エスティーローダーカンパニーインク)

エスティローダー

主なブランド:Estée Lauder(エスティーローダー)、CLINIQUE(クリニーク)、オリジンズ、Bobbi Brown(ボビイブラウン)、Aveda(アヴェダ)、ドゥ・ラ・メール、M・A・C(マック)など

アメリカに本拠地を置く大手化粧品メーカー。多くの高級化粧品ブランドを傘下に置いている。

公式サイト:Estée Lauder(エスティローダー)コーポレートサイト外部リンク

 

>>グループ一覧に戻る

 

 

【合わせて読みたい】
yaji敏感肌さんに本当におすすめしたい化粧品@敏感肌のスキンケア研究所

yaji 低刺激&無添加化粧品(化粧水・クリーム・美容液・ファンデetc)ブランド特徴まとめ

yajiカサカサ乾燥・ピリピリ敏感対策にセラミドケアを!おすすめのセラミド化粧品5選

そのテカり、本当に脂性肌?インナードライを改善して化粧崩れしない肌を手に入れるために必要なこと

 

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。