カネボウ freeplus(フリープラス)の特長・口コミまとめ&リニューアルしたウォータリークリームを使ってみました

2001年、敏感肌用スキンケア化粧品としてカネボウから登場したfreeplus(フリープラス)。

発売当時、敏感肌用化粧品といえば薬のようなイメージの素っ気ないパッケージが多い中で、明るく、化粧品らしいデザインが目を引いたブランドです。

発売後なんどもリニューアルを繰り返しながら、愛され続けてまもなく20年。

今年2月にはメインアイテムのひとつであるクリームがリニューアルされ、いま再び注目を集めている敏感肌ブランドのひとつです。

この記事では、フリープラスの特長や口コミ、コスメコンシェルジュである伊藤羊子が新しくなった敏感肌用保湿クリーム「フリープラス ウォータリークリーム」を使ってみたレビューなどをまとめています。

まとめるにあたっていろいろ調べてみた結論からいうと、フリープラスは特にこんな人が選べば失敗ナシのスキンケア化粧品です↓↓↓

    1. パラベンやアルコールなど無添加にこだわりたい
    2. 刺激がないだけの敏感肌ケアでは物足らない
    3. 和漢や植物エキスが好き

フリープラスの公式サイトを見る

フリープラスの人気アイテムは?

伊藤羊子が使ってみた感想を見る

フリープラスの口コミ・評判は?

フリープラスの化粧品はどこで買える?

 

フリープラスは肌に不要なものを「フリー」に、必要なものを「プラス」にしたブランドです

フリープラスは、敏感肌向けスキンケアブランドとして、

  • パラベンフリー
  • 香料・着色料フリー
  • アルコール(エタノール)フリー(一部製品を除く)
  • 紫外線吸収剤フリー
  • 鉱物油フリー(一部製品を除く)

など、肌に刺激を感じやすい成分をなるべく排除した低刺激設計にこだわっているのが特長です。

また、アレルギーテスト、パッチテスト、スティンギングテストなど、敏感肌でも安心して使えるかどうかのテストも重ねています。(ただし、すべての人にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません)

そして、肌バリア機能のうるおいを保つはたらきをサポートしてくれる和漢植物をプラスすることで、弱ったお肌に力を与えてくれるのがフリープラスです。

最近のブランドコンセプトは
「敏感を愛そう。」

肌が敏感だということは、必ずしも弱さではない。
敏感さは繊細さ。

ありのままの自分を愛そうというメッセージが込められています。

フリープラスの化粧品は日本国内だけでなく、中国、台湾、香港などでも大人気。
日本国内のドラッグストアでも、アジア系観光客の多い店舗ではフリープラスのスペースを大きく取ってアピールしているところもあるほどです。

ドラッグストアの店員さん曰く、特に中国ではフリープラスの洗顔料が人気だそうで、2本セットなどがおみやげ用によく売れているとのことでした。

フリープラスの公式サイトを見る>>

 

フリープラスの人気アイテムはリニューアルしたウォータリークリーム

フリープラスの中で特に人気なのは、2019年2月にリニューアルした「ウォータリークリーム」です。

ウォータリークリームはその名のとおり、肌に触れると水状に変わり、肌への摩擦を可能な限り軽減した敏感肌に優しいクリームです。

その使い心地から、「無重力のように軽い使い心地」「水感クッションクリーム」とも呼ばれています。

もちろん肌への負担が少ない低刺激設計や、カネボウの敏感肌研究から生まれた和漢植物美肌処方はブランドコンセプトどおり。

軽い使い心地でべたつかないのにしっかり潤う質感が人気の秘密になっています。

フリープラス ウォータリークリームの特設ページを見る>>

残念ながらウォータリークリームにはトライアルサイズがありませんが、化粧水・乳液がセットになったトライアルセットも気軽にお試しできる、旅行に持って行くのに便利と人気です。

モイストケアラインのさっぱり/しっとり、エイジングケアラインのさっぱり/しっとりの4種類から選ぶことができます。

フリープラスを使ってみたいな、と思ったら、まずはこのトライアルセットから始めてみるといいかもしれません。

フリープラスの商品ラインナップを見る>>

 

伊藤羊子がフリープラス ウォータリークリームを使ってみた感想

しっかりうるおうことはもちろん、そのうるおいが持続すること。
使い心地がやわらかくて伸びがよいこと。
ベタつかず、肌になじみやすいこと。

もともと乾燥がひどく、乳液だけでは物足りない肌質の伊藤羊子、クリームにはけっこうこだわりがあります。

フリープラスは、20代後半のころにしばらくお世話になったきりでしたが、今回クリームが新しくなったと聞いて久しぶりに使ってみることにしました。

「無重力のように軽い」、「水感クッションクリーム」というキャッチコピーを聞くだけで、うるおいたっぷりの伸びの良いクリームが想像されて、期待が高まるではありませんか(n*´ω`*n)

ただ、フリープラスは化粧水乳液のトライアルセットはあるものの、新しいクリームのトライアルサイズはない模様…。

久しぶりにだいぶ思い切って「いきなり本商品買い」をしました!!

ウォータリークリームの特設ページを見る>>

水感クッションクリーム(ウォータリークリーム)の特徴は、

  1. 肌にのせた瞬間水のように変わる
  2. 軽い感触で肌にやさしい
  3. ベタつかないのにたっぷり保湿
  4. 敏感肌に優しい無添加処方

などなど。

個人的には、「水感クッション」と形容されている質感が特に気になります(*’ω’*)

カネボウ ウォータリークリームの全成分はこちら↓↓↓

水、グリセリン、BG、DPG、スクワラン、マルチトール、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、水添レシチン、カルボマー、コレステロール(羊毛)、マカデミアナッツ油、水酸化K、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、グリチルリチン酸2K、ナイアシンアミド、EDTA-2Na、キサンタンガム、メチルセリン、スイカズラ花エキス、シソ葉エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、アシタバ葉/茎エキス、カンゾウ葉エキス、モモ種子エキス、ハトムギ種子エキス、フェノキシエタノール

フリープラスのアイテムはすべて肌に優しい敏感肌向けの低刺激配合になっていますが、肌に合わない成分がないかチェックしてみてください。

さっそくフタを開けると、ぷるん、とろん、としたクリームが入っています。
クリームという言葉からイメージする質感よりはずいぶんやわらかそう。

付属のスパチュラですくってみたところ。
いわゆる「ジェルクリーム」的な質感ですかねえ。

手に取って伸ばしてみると、なるほど、ゆるっとほどけるように水状になって広がります。

たしかに軽くて、「無重力のように軽い使い心地」とはうまいこと言ったなぁ…
これが水感クッションクリームかぁ…(*’ω’*)

軽い使い心地とは裏腹に、しっとり感は高め。
ベタベタしないながらも、薄い膜で皮膚の表面をしっかり守ってくれている感じがします。

ただ、これは個人的な感想ですが、夜塗って朝まではしっとり感を保ってくれていたけど、朝塗って夕方にはちょっともの足りなさを感じてしまいました。

やっぱり個人的うるおい度1位のヒフミドクリームは越えられなかったかーと思いながらも、この軽いながらも肌にしっかり寄り添ってうるおってくれる心地よい質感はなかなか良いなと思います。

おそらく普通肌や軽い乾燥肌くらいならじゅうぶんうるおいを保ってくれそうではあるので、

  • クリームの重さに苦手意識があるんだけどちょっと保湿を強化したい
  • 肌にやさしい敏感肌向けクリームの中で軽い質感のものが欲しい

という人にはすごく良さそうです。

ウォータリークリームの特設ページを見る>>

私もこの使い心地や質感は気に入ったので、オイルちょい足しなどでもう少し自分に合ったうるおい感を追求してみたいと思っています(*’ω’*)

 

フリープラスの口コミ・評判は?

2001年から愛されている敏感肌ブランド、フリープラスの口コミや評判はどうなのでしょうか。
実際に使ったことがある人の声をSNSやブログ、口コミサイトなどで調べてまとめました。

まずはよい口コミから。

  • 普段は別のブランドを使っているのですが、肌が揺らぐ時期は毎回フリープラスに戻ってきます。私にとってお守りコスメ的な位置付けです。
  • べた付く質感のクリームが苦手なんだけど、フリープラスのクリームはうるうるで使いやすい。
  • 敏感肌向けの無添加処方なので安心して使うことができます。長年愛用中です。

など、安心して使える!敏感肌の味方!などの口コミが多くみられました。

一方で、残念ながらフリープラスが合わなかった、という声も。

  • 肌に優しい感じはするけど、特によくも悪くもなく…。リピートはありません。
  • 敏感肌用とのことだったので使ってみたのですが、私の肌には合わなくてブツブツニキビができてしまいました。
  • 悪くはないけど、このお値段出すならほかの物を選ぶかな、という感じです。

よい口コミが多いフリープラスですが、中には肌に合わなかった、いまひとつ良さが分からなかった、という声もありました。

全体をみると、低刺激で使いやすい、しっかりうるおって安心感がある、といった評価が多いフリープラスですが、どんな優秀コスメであっても人によって合う合わないはありますので、初めて使う場合はサンプルを使う、パッチテストを行うなど、自分の肌との相性を確認してみてくださいね。

フリープラスの公式サイトを見る>>

 

フリープラスの化粧品、どこで買える?

フリープラスは、全国のドラッグストア(マツモトキヨシ、ツルハドラッグ、コクミン、スギ薬局などなど)で購入することができます。

公式オンラインショップはありませんが、Amazonや楽天で公式販売しているので、近くにフリープラスが売っているところがない!という場合はネット通販で取り寄せるのが便利です。

Amazonでフリープラスを見る>>

楽天でフリープラスを見る>>

フリープラスは低刺激・無添加にこだわって作られているブランドとはいえ、肌質によって合う合わないはありますので、まずはトライアルセットやサンプルなどで肌との相性を試してみてくださいね。

 

 

この記事を書いた人

伊藤羊子

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュ、ホリスティックビューティーアドバイザーです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。

敏感肌のスキンケア研究所
公式LINE@はじめました!
友だち追加はこちらから ↓ ↓ ↓
友だち追加