脱毛サロンで肌質を理由に施術を断られることってあるの?

脱毛エステのCMや広告は見ない日がないほど、身近な存在になってきている脱毛サロン。昔に比べて金額もずいぶん安くなっているし、キャンペーンなどで格安で始められることもあって、脱毛している人はかなり増えています。

ムダ毛の自己処理はかえってムダ毛を濃く太くしてしまうこともあるし、お肌が敏感だとカミソリ負けしてしまったり除毛ローションで肌荒れしてしまったりと、ムダ毛の自己処理は何かと肌トラブルにも繋がりやすいのが悩みのタネ。プロに任せてムダ毛のないツルツルお肌になれたら理想的ですよね。

でも、アトピー体質などお肌の状態によっては一般的な脱毛サロンでは施術を断られてしまうこともあります。健康なお肌の人でも、日焼けしていたりシミや色素沈着がある場合は脱毛ができないことも。

それにはこんな理由があるんです。

一般的な脱毛法「光脱毛」では施術できないケースって?

大手脱毛サロンのほとんどが「光脱毛」という脱毛法を採用しています。フラッシュ脱毛とかIPL脱毛、SSL方式など様々な呼び方がありますが、これらは全部ひっくるめて光脱毛です。

レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて痛みが少なく、一度に広範囲に照射できるので施術の時間も短時間で済むことから主流の脱毛法になっているのですが、この光脱毛では施術できない場合があるんです。

そもそも光脱毛はどんな原理で毛が抜けるのかといいますと、黒い色に反応する強い光を肌に当てることで、毛が再生する為の組織を焼いて破壊するという仕組みになっています。ものすごく端折った説明ですけど、黒い色に反応するというところが重要なポイントです。

つまり、本当なら毛穴(成長期の毛穴はメラニンがたくさんある=黒い)に反応させることで脱毛をしたいわけですが、それ以外の黒い場所に反応してしまうとヤケドや肌トラブルに繋がってしまいます。

そのため、日焼けしている場合やシミ・色素沈着がある場合・・・つまり黒い部分がある場合は施術を断られてしまうんです。

また、高温で焼くという行為はお肌に負担が大きいですし、アトピーやニキビなどの肌トラブルがある部位は赤くなったり黒ずんでいたりする場合もあるので、やはり一般的な脱毛サロンでは施術を受けられない場合が多くなっています。

管理人体験談 シミの部分は避けて施術されています

ワキの一部にシミがいくつか集まっている部分がある私。某有名脱毛サロンで超お得なワキ脱毛に通ったところ脇のシミのある部分は避けて光を当てますね~と言われました。毎回、シミの部分はシールか何かを貼られて、光が当たらないように処置をされます。(施術中はまぶしくないよう目隠しをされていて見えないのではっきりとは分からないのですが「お印を付けますね~」と何か貼られた感じ)

もちろん、ヤケドするのは困るので仕方ないのですが、シミの部分は外されるということはその部分は脱毛できないわけです。他はツルツルになってもそこだけは生えてくるって、正直ちょっと微妙です・・・。

通常とは違う脱毛法のサロンなら、日焼けや肌トラブルがあっても大丈夫!

日焼けしていたり、シミがある部分は脱毛を諦めるしかない・・・と思うのはまだ早い。多くの脱毛サロンが採用している光脱毛の場合は残念ながら難しいですが、ハイパースキン脱毛法を採用しているサロンなら、光脱毛のサロンで断られるお肌の状態でも施術を受けられる可能性大です!

諦めないで、一度カウンセリングや体験を受けてみてくださいね。

 

yaji アトピーやニキビ、日焼けで脱毛を諦めた人、断られた人も。
ハイパースキン脱毛があります。

 

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。