Cetaphil(セタフィル)ってどう?アメリカからやってきた敏感肌・乾燥肌向け低刺激スキンケアブランド

こんにちは、コスメコンシェルジュの伊藤羊子です。

「皮膚科の先生から、セタフィルっていう乳液薦められたんだけど、セタフィルってどう?」とアトピーの子供を持つ友人から尋ねられました。
・・・不勉強ですみません、伊藤羊子、今回初めてセタフィルというブランドを知りました。

これまで皮膚科で薦められる保湿剤といえばワセリンやヒルドイドなどが処方されるのが一般的で、その他それぞれのお医者さんの方針によってNOVやアクセーヌなどの皮膚科医推奨ブランドのスキンケア化粧品が置いてあったり、という程度でした。

他のお肌の弱い友人やアトピーの家族をもつ友人など身近な人に聞いてみると、セタフィルは最近皮膚科で薦められることが激増している低刺激&高保湿スキンケア化粧品のようです。

ただし、ヘパリン類似物質配合のヒルドイドローション・クリームのように薬としての処方ではなく、スキンケア化粧品として通常購入になるのですが、とはいえそれほどお高いわけでもなく、口コミでも評判はよく、このまま行ったら第二のニベアにでもなるのでは!?と思わせるほどの勢い。

友人の質問に答えるためだけでなく、個人的にも俄然興味がわいてしまったので、セタフィルについて詳しく調べてまとめました!

 セタフィルの公式キャンペーンサイトを見る

 

セタフィルって何物なの?お肌にやさしいの?

つい最近まで耳にすることがなかった「セタフィル」。
日本にセタフィルがやってきたのは昨年2014年のことです。

もともとはアメリカ発祥だそうですが、今やヨーロッパ、オセアニア、アジアなど50ヶ国以上もの国で65年以上に渡って敏感肌や乾燥肌に悩む人たちに愛されているスキンケアブランドです。

セタフィル

誕生したのは1947年、アメリカ・テキサス州の薬剤師さんが、皮膚の治療中の患者さんのためにお肌にやさしいクレンザー(洗浄料)を開発したのが始まりです
治療薬の基剤から作られたクレンザーだけあって、皮膚トラブルに悩む人でも安心して使える処方
になっています。

セタフィルの特徴的な点は、

  • 泡立たない・ふき取りでもOKのジェルクレンザー
  • 洗うジェル・保湿(乳液またはクリーム)のシンプル2ステップ

という2点です。
こちらは主にフェイスケア用として扱われています。

最近では、さらに肌が敏感な人向け(敏感肌向けのアイテムでも刺激を感じやすい人向け)のボディケア用品、レストラダームシリーズが人気のようですが、そちらのボディウォッシュは泡立てて使うタイプとのこと。

 セタフィルの公式キャンペーンサイトを見る

赤ちゃんから大人まで老若男女問わず使える皮膚科医推奨の低刺激性と、シンプルステップのスキンケアであることがセタフィル人気の要因のようです。

 

通常のセタフィルとレストラダームシリーズ、どう違う?

セタフィルはもともと敏感な肌向けに作られた製品ですが、肌が本当に弱っているときは敏感肌向けのアイテムでも刺激を感じたり肌に合わなかったりすることがあります。

そんな人向けに作られたのが、より肌への優しさにこだわって作られた超敏感な肌向けのレストラダームシリーズです。

レストラダームシリーズは、世界初の技術「フィラグリン分解産物配合」で肌のバリア機能を整えてくれるところ、保湿成分セラミド前駆体を配合しているところが特徴です。

現在、レストラダームシリーズのお得な2本セットキャンペーンをやっていますので、まだレストラダームシリーズを使ったことがなければ、ぜひチェックしてみてください。

 セタフィルの公式キャンペーンサイトを見る

 

セタフィルのクレンザーやボディウオッシュ、ローション、クリームはどこで買える?

セタフィルのスキンケアアイテムは、まだ取扱店が少ないのが難点です。

公式サイトの取り扱い店舗紹介によると8店舗しかありません。が、実際には皮膚科で販売されていたり、バラエティショップなどで扱われていたりもしている模様。東急ハンズやコストコで見つけた!という声も挙がっています。

ドンキホーテにもあるのでは?という書き込みも見かけましたが、実際あるかどうかは未確認です。

また、公式サイト外部リンクではお得なキャンペーンが行われているので、店頭よりもネット通販で購入したほうがいい可能性があります。

楽天市場、Amazonなどのネット通販でも売られているので、近くを探しても売ってない!どこで買えるのか分からない!という人はサクッとネットで購入するのが手っ取り早いです。

yaji Amazonでセタフィルを見る外部リンク

yaji 楽天市場でセタフィルを見る外部リンク

 

セタフィルの全成分は?保湿効果は?副作用は?

セタフィルの名前の由来は、「セタノール」という保湿成分から付けられたそうです。セタノールは古くから使われている保湿剤・乳化剤・乳化安定剤で、それ自体は敏感肌でも安心して使える低刺激性です。

保湿効果は高く、クレンザーは肌の潤いを落とさずに汚れを落とし、ローションやクリームはやさしくしっとりとお肌を保湿してくれます。

が、人によっては他に配合されている成分が合わなかったり、肌荒れを起こしたりする可能性も否定できません。まずは全成分をチェックして、これまで自分が肌トラブルを起こしたことがある成分は入っていないかな?ということを確認してください。

 

セタフィル ジェントルジェルクレンザー(洗浄料)の全成分はこちら

セタフィルクレンザー成分

水、セタノール、PG、ラウリル硫酸Na、ステアリルアルコール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

セタフィル モイスチャライジングローション(乳液)の全成分はこちら

水、グリセリン、水添ポリイソブテン、セテアレス-20、セテアリルアルコール、マカデミアナッツ油、酢酸トコフェロール、ジメチコン、ベンジルアルコール、フェノキシエタノール、パンテノール、ステアロキシトリメチルシラン、ファルネソール、ステアリルアルコール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化Na、クエン酸

セタフィル モイスチャライジングクリーム(クリーム)の全成分はこちら

セラフィルクリーム成分

水、グリセリン、ワセリン、ジカプリリルエーテル、ステアリン酸グリセリル、ジメチコン、アーモンド油、セタノール、ステアリン酸PEG-30、ジメチコノール、酢酸トコフェロール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、フェノキシエタノール、ベンジルアルコール、(アクリル酸グリセリル/アクリル酸)コポリマー、PG、EDTA-2Na、水酸化Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

セタフィル レストラダーム ボディウォッシュの全成分はこちら

水、シア脂、トリデセス硫酸Na、ヒマワリ種子油、グリセリン、ラウロアンホ酢酸Na、塩化Na、コカミドMEA、クエン酸、ナイアシンアミド、カプリリルグリコール、1,2-ヘキサンジオール、酢酸トコフェロール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PCA-Na、ソルビン酸K、アラントイン、アルギニン、EDTA-2Na

セタフィルレストラダーム ボディローションの全成分はこちら

水、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヒマワリ種子油、ペンチレングリコール、シア脂、シクロペンタシロキサン、セテアリルアルコール、ソルビトール、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、酢酸トコフェロール、セタノール、ナイアシンアミド、アルギニン、エチレンジコカミドPEG-15ジ硫酸2Na、クエン酸ステアリン酸グリセリル、ポリアクリル酸Na、カプリリルグリコール、セテアレス-20、PCA-Na、クエン酸、パンテノール、アラントイン、ジメチコノール、EDTA-2Na、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシパルミトイルスフィンガニン

 

yaji セタフィル公式サイトを見る外部リンク

 

セタフィルのクレンザーとクリームを使ってみました

セタフィル買ってみた

セタフィルのクレンザーとクリームを東急ハンズで購入しました!

本当は乳液も一緒に買ってクリームと比較したかったのですが、乳液(ローション)は売り切れで、しかも当面入荷する予定がないとのことです。人気があって、製造元の在庫も現在少ないのではないか、と店員さんはおっしゃっていました。

店頭には乳液のテスターだけが残っていたので手にとって試してみたところ、乳液にしては比較的コッテリ目だけど伸びがよくてお肌にスッとなじむ感じでしたよ!

セタフィルクレンザー

こちら、セタフィルのジェントルスキンクレンザー。
うるおいを逃さずに汚れを落としてくれるお肌に優しいクレンザーです。顔だけでなく全身に使えます。

セタフィルクレンザー質感

とろんとしたジェル状です。そのまま顔や身体にクルクルとなじませて、汚れを浮かせて、洗い流すだけ。泡は立ちません。

セタフィルジェル伸び

すごく伸びがいいので、少しでもタップリ使えます。ジェル系のなかでもかなりゆるゆるな質感ではないでしょうか。

ちょうど手に伸ばしたとき、先日炒め物の油でやけどした傷があったんですが、しみたりチクチクしたりすることはありませんでした。

洗顔をして洗い流すと、普通は「洗った!」「さっぱり!」という感じになると思うんですけど、セタフィルで洗ったあとはなんだかすごくしっとりしています。

しかも、水で洗い流しをしないで、コットンでふき取るだけでもOKだそう。つまり、お肌に残っても大丈夫なくらい低刺激ということですね。

セタフィルクリーム

こちらはセタフィルのクリーム。チューブタイプと大容量のジャータイプがあるようですが、東急ハンズではチューブタイプのみしか販売されていませんでした。

セタフィルクリーム質感

手に出してみたところ。けっこうコテッとした感じのクリームです。ニベア青缶と同じくらいのコッテリ具合です。

セタフィルクリーム伸び

ただ、伸びや肌なじみのよさはセタフィルのほうが良いような気がしました。濃厚クリームだけあって、塗ってすぐはさすがにちょっとベタッとした感じもしますが、しばらくするとスッとなじんでくれます。あと、ニベアは香りが強いけどセタフィルはそんなに強いニオイがありません。それは個人的にはありがたいです。

保湿力はかなり高め。顔にも、身体にも使えます。

乳液は店頭でちょっと試しただけなので詳しくは分からないけど、乳液もけっこう保湿力が高くてクリームより肌なじみが早かったので、ボディ用に使ってみたいところです。

@コスメの口コミでもおおむね「乾燥しない」「保湿力が高い!」「コスパがいい」「お肌に優しい」と好評でした。

敏感肌向けのお肌に優しい全身ケアアイテムを探している人や、家族みんなで使える保湿剤を探している人は試してみる価値アリかもしれません。

 セタフィルの公式キャンペーンサイトを見る

 

 

【あわせて読みたい関連記事】
yaji 花王Curel(キュレル)ってどう?キュレルの特長・口コミまとめ

yaji ミノン アミノモイストってどう?ミノンのスキンケア化粧品 アミノモイストの特長・口コミまとめ

yaji 敏感肌さんに本当におすすめしたい化粧品@敏感肌のスキンケア研究所

yaji 低刺激&無添加化粧品(化粧水・クリーム・美容液・ファンデetc)ブランド特徴まとめ

 

この記事を書いた人

伊藤羊子

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュ、ホリスティックビューティーアドバイザーです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。

敏感肌のスキンケア研究所
公式LINE@はじめました!
友だち追加はこちらから ↓ ↓ ↓
友だち追加