カサカサ乾燥・ピリピリ敏感対策にセラミドケアを!おすすめのセラミド化粧品5選

敏感肌にとって、乾燥の悩みは切っても切れない関係です。
むしろ、乾燥こそが敏感肌の大きな原因になっているといっても過言ではありません。

健康なお肌であれば、肌がうるおいに満たされていて、外部からの刺激をブロックしてくれます。
ところが、乾燥している肌は外部からの刺激を受けやすく、そのせいで炎症や肌荒れを起こしてしまうからです。

だからこそ、保湿はスキンケアの中でも何よりも大切なのですが、敏感肌さんの場合はもともとカサカサ乾燥してしまいやすいことを自覚しているので、日ごろから人一倍保湿には気を遣っているはずです。

それなのにちっとも潤わない、カサカサが改善されない、こんなにコッテリ保湿をしても砂漠のように乾燥してしまうのはなんでなの?と思っていませんか?

ひどい乾燥

保湿を頑張っているはずなのにちっとも乾燥がおさまらない、そんな敏感肌さんに必要なのは保湿から一歩進んだ「保水ケア」です。
「セラミドケア」といってもいいかもしれません。

保湿をしっかりしているつもりなのに肌は乾燥していく一方・・・というお悩みがあるなら、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

yajiおすすめセラミドケア化粧品5選を今すぐ見る

 

「油分でフタ」だけでは乾燥を止められない

「保湿」というと、化粧水をたっぷり浸透させたあと、油分たっぷりのクリームでフタをしてうるおいを閉じ込める、というイメージが一般的ですが、じつはそれだけでは乾燥が進んでしまった肌のうるおいは回復してくれません。

お肌が健康な状態であれば「水分を与えて油分でフタをする」というケアだけでも充分うるおいを保つことができます。
健康なお肌は、水分を抱え込んで保ってくれるセラミドが豊富だからです。

セラミド

一方で、乾燥しているお肌はセラミドが不足しています。
その水分をギュッと捕まえておいてくれる役割をするセラミドが少ない肌では、水分をたっぷり与えてもその水分を保つことができません。

油分でフタをするといっても、油がラップのようにぴったりと密封してお肌を覆ってくれるわけではないので、どうしても油のすき間をすり抜けて水分は蒸発していってしまいます。

せっせと保湿をしていても乾燥するから、どんどんコッテリめのクリームに変えているのに、まだまだ乾燥してしまう・・・という悩みの原因はここにあります。

つまり、大切なのは「油分をたっぷり与えること」ではなく、「水分を肌がキープできるようにする」こと。

水分を肌にキープできるようにするために必要なのが「セラミド」というわけです。

ラメラ構造

セラミドはもともとヒトの皮膚に存在している油性の成分で、水分をギュッと挟み込んで逃さない高い保水能力をもっています。
皮膚の表皮細胞の間で、水分と油分がミルフィーユ状に重なって、うるおいを保っている構造をラメラ構造と呼びます。
詳しくはこちら⇒ ラメラ構造について専門家に聞いてきました

その「油分」の多くを占めているセラミドが足りないと、ラメラ構造が乱れ、肌は充分な水分を保つことができず、外からどれだけ水分を与えても潤わない、という状態になってしまうのです。

乾燥肌は肌に水分を保てない状態、つまり、肌に水分を保つ働きをするセラミドが不足している状態のことです。

セラミドは年齢とともに減少していくものですが、それだけではなく、外部刺激やストレスの影響でも減ってしまいます。
体質的に、もともと肌でセラミドを作り出す機能が弱い場合もあります。

どんなに濃厚なクリームを塗っても乾燥してしまう・・・という場合は、セラミドの入ったスキンケア化粧品でセラミドケアをしてみましょう。
「保湿」だけでなく「保水」に力を入れたケアにすることで、カサカサ状態に変化がみられるかもしれません。

敏感肌さんにおすすめのセラミドケア化粧品 5選

セラミド配合の化粧品は最近どんどん増えてきています。
セラミド配合、と書いてあるものなら、どれでもそれなりの保水感を期待できるのですが、セラミドと一言でいっても実はヒトの肌にあるセラミドに近いものからセラミドに似た働きをするセラミドっぽいものまで、さまざまです。

セラミドの種類についてはこちらの記事でまとめていますが、化粧品の成分名にとても詳しい人や化学に強い人以外にとってはなかなか複雑です。

おすすめのセラミドケア化粧品を5つに絞ってみましたので、これからセラミドケアを始める人はこちらを参考に、お肌に合うセラミドコスメを見つけてくださいね!

キュレル(花王)

キュレル

乾燥性敏感肌向けに作られているキュレルは、CMなどでも「セラミドケア」という言葉を使っています。

キュレルのいいところは、どこのドラッグストアでも大抵置いてあるので、いつでも簡単に手に入りやすいところです。
同じ理由で、アルージェ(全薬工業)もオススメです。

ただし、「セラミドの種類」という意味でいうと、残念ながらベストなチョイスとはいえません。
キュレル・アルージェに配合されているセラミドは、肌になじみやすい「ヒト型セラミド」ではないからです。

でも、キュレルやアルージェを試してみて肌に合うことが分かっていれば、急なお泊まりのときや旅行先でスキンケアアイテムがなくなってしまった場合などに、とりあえず緊急のセラミドケアとしていつでも購入できるのは心強いですよね。

キュレルに配合されているセラミド

  • ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド(非ヒト型セラミド)

アルージェに配合されているセラミド

  • ビオセラミド(セレブロシド:非ヒト型セラミド)

yajiキュレルの公式サイトを見る
yajiアルージェの公式サイトを見る

 

ヒフミド(小林製薬)

ヒフミド

あったらいいね!の小林製薬は日用品分野のイメージが強いかもしれませんが、製薬会社としての研究と技術を駆使したセラミド化粧品「ヒフミド」を作っています。

小林製薬のヒフミドは、」洗顔料からクリームまで、全アイテムにヒト型セラミドが配合されているのが特長です。

セラミドは、化粧品にたくさん配合すると使用感が悪くなったり乳化しにくくなったりする弱点があります。
小林製薬は、製薬会社の技術力を生かしてその弱点を克服し、クリームにはセラミドを4%も配合することに成功しました。
(4%という数字だけを見ると少なく思えるかもしれないですけど、かなりの高配合です)

小林製薬の製品なら身近なドラッグストアなどで購入できそうですが、ヒフミドは公式通販限定での発売です。

その理由は「敏感なお肌に触れるものだから、徹底した品質管理をするため」。
一般の店舗で販売する場合、どんな保管状態に置かれるかまでは管理しきれないので、製造から日数が経った古いものが売られたり、温度変化が激しい場所や直射日光があたる場所など化粧品が劣化しやすい環境に置かれてしまったりするかもしれません。

そういったリスクを回避して、徹底した品質管理をしたものを使ってもらいたい、というこだわりから、ヒフミドは公式通販のみでの販売となっています。

トライアルキャンペーンでは1000円以下(しかもスパバッグ付き)でおためしできるので、試してみる価値大です。

ヒフミドに配合されているセラミド

  • セラミド1、セラミド2、セラミド3(すべてヒト型セラミド)

yajiヒフミドの公式サイトを見る

 

エトヴォス

エトヴォス

石けんで落とせるミネラルファンデなど、お肌に優しいメークアップアイテムが人気のEtvos(エトヴォス)は、スキンケアアイテムもこだわりをもって作っています。

医学博士が監修して作られたエトヴォスのスキンケア化粧品は、5種類ものヒト型セラミドを配合しているのが特長です。
シリコン、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物湯、合成着色料、合成香料不使用と、お肌に優しい処方も敏感肌さんにとっては嬉しいポイント。

エトヴォスは、東急ハンズ、LOFTなどのコスメ売り場や、PLAZA、@cosmestoreなどのバラエティショップ(店舗によっては扱っていない場合もあります)、ナチュラルビューティースタイル展などのナチュラルコスメイベントなどで購入することができます。

公式サイトでは通常価格よりお得に試せるトライアルキャンペーンがあったり、トライアルを使って気に入った場合にお得に購入できるお知らせがあったりするので、公式キャンペーンサイトで買うのがいちばんお得です。

エトヴォス モイスチャーラインに配合されているセラミド

  • セラミド1、2、3、5、6Ⅱ(すべてヒト型セラミド)

yajiエトヴォススキンケアの公式サイトを見る

 

メディプラスゲル

メディプラスゲルは、ネット通販やテレビショッピングで人気のオールインワンタイプの化粧品です。
オールインワン化粧品は便利なアイテムである一方で、うるおいがもの足りないことも少なくありませんが、メディプラスゲルは「1本でもしっかりうるおう」ことで評判です。

ヒト型セラミドを5種類も組み合わせて配合しているだけでなく、4種類のヒアルロン酸、2種類のコラーゲン、14種類のアミノ酸など、美肌をサポートする美容成分がたっぷり。

また、オールインワン化粧品なので、化粧水に美容液、クリーム、というように何度も塗り重ねる必要がないことが「肌への刺激になる摩擦を減らす」ということにもつながります。

忙しいからスキンケアは簡単にしたい、という人にも、できるだけ肌をこする回数を少なくしたい、という人にもピッタリです。

メディプラスは、楽天やAmazonなどでも購入できますが、定期購入申し込みで初回1000円OFF、30日間返金保証付きなどのお得なキャンペーンは公式サイトのみの特典です。

メディプラスゲルに配合されているセラミド

  • セラミドNG、セラミドAP、セラミドAG、セラミドNP、セラミドEOP(すべてヒト型セラミド)

yajiメディプラスゲルの公式サイトを見る

 

米肌(KOSEプロビジョン)

米肌(まいはだ)には、セラミドは配合されていません。
でもその代わりに、厚生労働省が「皮膚水分保持能改善」の効果を認めた「ライスパワーNo.11」が配合されています。

米肌そのものにはセラミドは入っていませんが、ライスパワーNo.11は肌そのものがセラミドを作り出す機能をサポートします。

セラミドを補うのではなく、セラミドを生み出すためのスキンケアができるのがコーセーの米肌です。

ライスパワーNo.11配合の化粧品はほかにもありますが、米肌は誰もが知っているKOSEブランドの製品なので、はじめてライスパワーの効果を試してみたい!という人にも安心感があるところがおすすめポイントです。

さらに、ライスパワーNo.11以外にも肌のうるおいを保つ植物発酵エキスなどを組み合わせて配合しています。

米肌は通販限定ブランドなので、ドラッグストアなどで購入することはできません。
でも、約2週間試せるトライアルセットはメール便でポストに届くので、気軽にお試しすることができます。

米肌(まいはだ)に配合されているセラミド

  • セラミドは無配合
  • セラミドを生み出す肌を作る成分「ライスパワーNo.11」配合

yaji米肌(まいはだ)のトライアルキャンペーンを見る

以上、5つのセラミドケア化粧品を紹介しました。

敏感肌や乾燥肌向けに作られているものをピックアップしていますが、どれだけよい化粧品でも肌に合う合わないという相性はあります。
トライアルセットや返金保証などを上手に利用して、あなたの肌に最適なセラミドケア化粧品を見つけてみてください。

セラミドを補うことで、これまでどれだけクリームやオイルを重ねても乾燥してしまっていた肌が、きっと変わってくるはずです。

 

【あわせて読みたい】
yaji 自らセラミドを生み出す肌を作るライスパワーNo.11とは?厚生労働省認可の美容成分ライスパワーNO.11の開発元にお話を聞いてきました

yaji 敏感肌さんに本当におすすめしたい化粧品@敏感肌のスキンケア研究所

yaji ドラッグストアで買える敏感肌用セラミド化粧品アルージェとキュレル、どっちがいい?違いを比較してみました

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。