そもそも敏感肌ってどんな肌質なの?

私、肌が敏感だから・・・。
私、敏感肌なんだよね・・・。

何気なく使っている「敏感肌」という言葉ですが、敏感肌とはそもそもどういう肌状態、どういう肌質なんでしょうか。

まずは敏感肌というものについて少し考えてみましょう。

敏感肌とはどういう肌質のこと?

あなたは、どういうときに「肌が敏感だ」「自分は敏感肌だ」と思いますか?

例えば、化粧品で刺激を感じやすかったり、摩擦に弱かったり。
新しいコスメを試すと失敗しやすいので、慎重になる人も多いかもしれません。

ストレスや寝不足などですぐにニキビができたり、生理前などにお肌が荒れやすい、というのもあるかもしれませんね。

「敏感肌」というのは、お肌が弱って敏感な状態に傾いている状態のこと。

もともと肌が弱くて常に刺激に弱い人もいれば、ホルモンバランスの変化や生活リズムの乱れなどで一時的に敏感になる人もいます。
ホルモンバランスの変化は肌の状態に大きな影響を与えるので、8割以上の人がなんらかの形で「私って敏感肌なんじゃないかな・・・」と思ったことがあるとも言われています。

本当に肌質が弱く荒れやすい人から、一時的に肌の状態が弱っている人まで、敏感肌と一言でいってもその状態は人によってさまざまなんです。

ちなみに、医学的には「敏感肌」という病名は存在していません。
あくまでも「肌が敏感になっている状態」「肌が外部刺激に対して弱くなっている状態」のことを指す言葉です。

 

敏感肌、どんな状態になってるの?

敏感肌といっても人それぞれ・・・とはいえ、敏感になっている状態のお肌というのは 皆、お肌のバリア機能がとても弱った状態になっています。

ダメージ

肌が健康な場合は、肌の表面(角質層)はうるおいで満たされ、皮脂の膜で覆われています。
そのうるおいのバリアによって、外部からの刺激が入らないようになっているのが本来の健康な肌の状態です。

ところが、肌荒れや乾燥によってそのバリアがもろくなっていると、通常ならばはじくことが出来るはずの外部刺激が お肌の中に入りやすくなってしまいます。

ここでいう外部刺激というのは、紫外線やほこり、大気中の化学物質、化粧品に含まれる成分などのこと。

お肌が敏感になっているときにいつもの化粧品を使った際、ピリピリしたりかゆみを感じたりしたことがある、という人は多いのではないでしょうか。

お肌が健康な状態ならなんともないようなわずかなアルコールや防腐剤などが刺激になるほど、お肌が刺激に弱い状態になっているということです。

そういった、健康な肌であればなんでもないような「外部刺激」によって、皮膚が荒れたりチクチクヒリヒリ感じたり、アレルギーを起こしたりしてしまうのが敏感肌の状態です。

 

敏感肌を健康な状態にするには?

しかも、弱った肌が外部刺激にさらされ続けると、お肌を守らなきゃ!早くなんとかしなきゃ!と急いで角質層が細胞を作ろうとします。

そのため、未熟な細胞がどんどん押し上げられて未熟な角層が肌表面を覆うことにになってしまいます。
皮膚のターンオーバーが乱れてバリア機能が弱まることで、悪循環になってしまうんです。

敏感肌を健康な状態にするには、なんといっても「肌が持つバリア機能を強化すること」、これに尽きます。

そのためには、体の内と外、両方からのケアをすることが大切です。
適切なスキンケア(特に保湿)をしつつ、生活や食べ物を見直して体の中からメンテナンスをすることで、肌がグッと元気になってきます。

自分はもともとこういう肌質だから…と諦めないで、敏感肌を健康肌にしていきましょう!

 

【関連記事】

yaji 敏感肌の年代別・お悩み別スキンケア人気アイテムランキング

yaji  顔の乾燥からくるかゆみをなるべく早く落ち着かせるために知っておきたい原因と対策

yaji  カサカサ乾燥・ピリピリ敏感対策にセラミドケアを!おすすめのセラミド化粧品5選

 

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。