敏感肌さんの正しい化粧水のつけ方 コットンで?それとも手のひらで?どっちがいいの?

化粧水を付けるとき、どうやって付けていますか?
コットンで?それとも手のひらで?これはメーカーさんによって推奨している使い方が違ったり、美容家さん達の間でも意見が分かれているようです。

コットンを使うと化粧水がこぼれにくく、顔全体に素早くなじませることができます。手のひらを使うと、手の温度によって化粧水が浸透しやすくなります。どちらも良い点はあるんですね。正しい使い方、というよりも好みや目的に合わせて使い分けることができそうです。

ただし、「敏感肌さんにとって」という面で考えると、コットンよりも手のひらを使うことをオススメします。

 

敏感肌さんには手のひらを使うのがオススメ

コットンを使った場合、どうしても「摩擦」が大きくなります。もちろんコットンでもゴシゴシと化粧水を付ける人はいないと思いますが、どんなに毛羽立ちにくいコットンでもやはり繊維の刺激はゼロではありません。また、コットンを使うと「パッティング」したくなってしまうのも要注意。パタパタと肌をたたくことは大きな刺激になってしまいます。

やはり敏感肌さんにとっては、自分の手がいちばん柔らかく優しく化粧水がつけられる優秀な道具です。化粧水を手で付けるようにすると、その日の肌状態にとても敏感になります。手触りはどうか、弾力はどうか、化粧水の浸透はどうか。その日の状態によって化粧水の量を増やしたり少なめにしたり、そういった微調整が自然とできるようになるので、「自分の肌と向き合う」という意味でもオススメです。手で温められることで、化粧水の浸透も高まるのもうれしいですよね。

 

化粧水を手のひらで付ける正しい付け方

化粧水を手のひらで付けるとき、どうやって付けていますか?正しい付け方をご紹介します!

  1. 少量(10円玉大)を手のひらに取り、両手に伸ばして広げます。
  2. 手のひら全体で顔を包み込むようにして化粧水をなじませます。
    目もとや口もと、鼻の下、眉間など、細かい部分は指の腹で優しく。
  3. お肌の状態に合わせて、これを数回繰り返します

一度にたくさん付けようとするとボタボタこぼれてしまうだけでなく、浸透にも時間がかかってしまいます。焦らず、少しずつを数回に分けて付けることがポイント。

表面に水気が残っておらず、お肌がモッチリ吸い付くような状態になれば完璧です!

 

yaji 敏感肌の年代別・お悩み別スキンケア人気アイテムランキングを見る

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。