敏感肌の人の美白はローションを気になる部分にすりこんではいけない!その理由と正しい使い方

夏のような日差しが降り注ぐようになってきた今日このごろ、日傘をさして歩いている人も多く見かけるようになりました。
美白ケアにも特に力を入れなきゃ!なシーズン到来です。

やはりシミひとつない明るい肌は憧れですよね!
このシミさえなければ・・・と鏡の前でシミとにらめっこをしている人も多いのではないでしょうか。

でも気になるシミを消したい一心で美白ローションや美白クリームをせっせとすり込んでいる人、ちょっと待った!

「シミよ、消えろ~~~!」と念じながらすり込みたくなる気持ちは分かりますが、そのケア方法が却ってシミが消えにくく、逆効果になってしまっている可能性大なんです。
 

そもそも、シミができる原因とは?

シミの元といえば、メラニン色素。
メラニン色素は、表皮の奥にある「メラノサイト」という色素細胞で作られます。

シミの元となるせいで、メラニン色素というとすごく悪者のように思われがちですが、実はメラニン色素は紫外線からお肌を守るための大切な防御反応なんです。

紫外線から細胞を守るための日傘の役割というと分かりやすいでしょうか。
影を作って細胞をガードするのがメラニン色素の役目です。

メラニン色素は肌が外部から刺激を受けたときに、その刺激から細胞を守るために作られます。
そして刺激がなくなって細胞を守る仕事が終われば、本来であれば排出されてなくなっていきます。

夏に小麦色の肌になって冬になると色白になる、というのは極端な例ですが、メラニン色素の働きをよく表しています。

つまり、本来はその役割を終えればターンオーバーによって排出されていくはずのものなんです。

この新陳代謝が上手くいかなかったり、外部刺激を受け続けていたりするとメラニン色素は排出されずに蓄積してしまい排出が追いつかない状態、それがいわゆる「シミ」です。

でも実は、メラニン色素が作られるのは紫外線にさらされることだけが原因ではありません。

ポイントは「外部刺激」。
ニキビや湿疹ができたあと、シミのような痕が残ってしまったことはありませんか?
下着が擦れる部分の皮膚が黒ずんでしまった経験は?

紫外線だけでなく、ニキビや湿疹などの炎症やそれらを掻いてしまうこと、肌に摩擦を与えることも「外部刺激」となってメラニンが作られる原因になってしまいます。

 

シミがある部分は細胞が弱っている部分

シミの原因のいちばん有名なものは紫外線です。

メラニン色素には活性酸素を還元する働きがあります。
紫外線を浴びると活性酸素が発生するので、メラノサイトはメラニン色素を作る態勢になります。

ですから、紫外線対策をすることはもちろん必須ではありますが、実はメラノサイトを刺激するのは紫外線だけではありません。
肌荒れなどの炎症や毎日のスキンケアによる摩擦がシミの元を作ってしまいます。

肌荒れのように目に見える炎症だけでなく、積み重なった摩擦は皮膚の内部で目に見えない炎症を起こします。
炎症の起こっている部分には活性酸素が発生するので、この活性酸素を還元するべくメラニン色素がたくさん作られるわけです。

美しくなるためのスキンケアが、逆にシミの原因を作ってしまう結果になることもあるということです。

メラニン色素は細胞を守るために作られるもの。
ということはつまり逆に言えば、シミがある部分はその下にある細胞が弱っている部分と言い換えることができます。

ただでさえ敏感肌の人は肌そのものが弱りがち。

そんな細胞が弱っている部分にローションやクリームをせっせとすり込むことは、弱った部分に摩擦という刺激を自ら与えているということになってしまいます。
それでは、せっかくの美白化粧水や美白クリームの効果がきちんと得られません。

美白ケアをする時は、以下のポイントを必ず守ってケアをしましょう。

 

ポイントは「いたわるように、優しく包み込む」

しみを増やさないために今すぐできるスキンケアとして大切なのは「こすらないスキンケア」です。
摩擦を減らすことで目に見えない微弱な炎症を減らすことができ、シミの原因を減らすことができます。

特に、洗顔は摩擦がおきやすいスキンケアの代表です。

できるだけ摩擦を減らすために、洗顔は直接手で触れずに泡で包むようにして洗う泡洗顔を。

クレンジングも摩擦が大きくなりやすいですから、落ちにくいメイクから落としやすいメイクにシフトすることもひとつの手です。
マイルドなミルククレンジングを使うのもよいですね。

美白ローションを使うときは、まず手のひらに出して、もう片方の手のひらと挟んで軽くこすり合わせます。

そうして手のひらの温度になったローションをそのまま手のひらで優しく包むようになじませます。
目の周りや鼻、口もとなどの細かい部分は、指の腹をつかって優しく押さえるように。

化粧水だけでなく、美白美容液や美白クリームの使い方も同様です。

優しく手のひらで包み込むようになじませるのが基本、横に伸ばす時は乳液やクリームのなめらかさを利用してサッと滑らせるようにしてください。

決して顔に直接ぐりぐりとすり込まないこと。
特に気になる部分には労わるように優しく重ねづけを。

肌の悩みが大きいほど、悩みに合わせてアイテム数を増やしてしまいたくなるものですが、あれこれたくさんのアイテムを重ねるスキンケアも、弱った敏感肌にとっては摩擦・刺激になってしまうと考えられます。

スキンケア化粧品をつけるときは、どんなものでも優しく手のひらで包み込むようにしてなじませましょう。
オールインワンタイプの化粧品を選べばそれだけ塗り重ねる回数が減り、摩擦は最小限で抑えられますので、選択肢のひとつとして考えてみるのもよいかもしれません。

また、メイク時のパフやスポンジ、ブラシは肌当たりの柔らかい刺激の少ない物を選ぶことも大切です。
リキッドファンデやアイシャドウなどは手や指先を使えば道具を使うよりも摩擦が少なくなります。

 

刺激が少なく、保湿力の高い美白化粧品を選ぶことも大切

敏感肌さんにとって美白ケアはなかなか難しいもの。
というのは、美白化粧品は全体的にお肌に刺激になりやすい成分が配合されていることが多く、さらに乾燥しやすい傾向が高いため、なかなか継続してケアをすることが難しい場合が多いんです。

とはいえ、近年は保湿感の高い美白化粧水や美容液も開発されていますし、オーガニックコスメでも美白に特化したものが発売され始めています。

美白に大切なのは「予防」と「継続」。

紫外線や外部刺激からお肌を守ることと、低刺激で保湿力の高い美白ケアを続けることを徹底すれば、透き通った白い肌も夢ではありません!

摩擦の少ないスキンケアを心がけることで、シミができる可能性をグッと減らすことができます。

たったそんなことで・・・と思うことなかれ。
20歳でスキンケアを始めたとしても、40歳までに20年×365日×朝晩2回でなんと14600回もスキンケアをすることになるんですよ。

日々のお手入れの小さな積み重ねが10年後の肌に大きな差を作ります。
早速今日から、摩擦の少ないスキンケアを始めましょう!

 

yaji 当サイトおすすめの美白化粧品はこちら

yaji 紫外線からお肌を守る!お肌に優しい日焼け止めはこちら

 

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。