化粧品にも消費期限があるんです・・・そのコスメ、大丈夫?

新しいもの、良さそうなものを見つけるとつい買ってしまう化粧品。

そのまま自分の定番アイテムになることもあれば、合わなくて何となく使わなくなってしまったもの、もったいなくてチビチビ使っているもの、想像以上にしっとりしてるから冬になったら使おうと思っているものなど、その後の化粧品の運命は様々です。

でも、化粧品にも消費期限があるって知ってますか?

消費期限は安心してその化粧品を使える目安の期間。消費期限をきちんと把握していないと、思わぬ肌トラブルを招いてしまうことにも繋がりかねません。
ずっと前に購入したものを「いつか使うかも?」と大事に取ってある人、要注意です!

未開封の化粧品の消費期限ってどれくらいなの?

化粧品の箱や本体に消費期限が書いてあるのを見たことがありますか?
多くの化粧品は、消費期限が書かれていません。薬事法では、

製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品には消費期限を記載する

と定められているので、未開封で3年以上品質が保たれるものに関しては消費期限の表示義務がないんです。
つまり、一般的な化粧品の場合、保存状態が悪くなければ未開封で3年は大丈夫ということです。

ただし、未開封であっても場合によっては成分が分離してしまったり、目に見えない変化が起こっている可能性もありますので、購入後はなるべく早く使用するのがオススメです。

箱等に消費期限が記載されているものについては、もちろんその期限に従ってくださいね。

開封後の化粧品の消費期限ってどれぐらいなの?

では、一度開封した化粧品の消費期限はどれぐらいでしょうか。

基本的には1シーズンと覚えておきましょう。
スキンケア化粧品、日焼け止めや化粧下地、リキッドファンデーション、マスカラなど、水分が多くて消費期限が書かれていないものについては、できれば1シーズン、長くても半年以内には使い切りたいものです。

見た感じは何の変化もなくても、開封した化粧品は空気に触れることで酸化が始まります。
また、どんなに気をつけていても手で触れたり指ですくったりしているうちに雑菌が入ってしまいます。

酸化が進んだ化粧品や雑菌が繁殖した化粧品がお肌に良いわけがないですよね。

口紅やパウダーのアイシャドウ・チークなどは2年程度大丈夫と言われていますが、こちらも早めに使い切ることがベター。
化粧品も新鮮な方が、お肌のためにはいいんです。

どのアイテムであっても、保管方法や使用方法によっては期限より早く品質が劣化してしまうこともあります。

分離していたり色やニオイが変わったり、何か少しでもおかしいな?大丈夫かな?と思うことがある場合は思い切って捨てること!
綺麗になるために使う化粧品で肌トラブルを招くなんて、悲しいですからね。

要注意!無添加化粧品やナチュラルコスメ

気をつけたいのが無添加化粧品や自然派化粧品、ナチュラルコスメです。

防腐剤や保存料を使用していない化粧品は(もちろん代替の処方をしているとはいえ)どうしても品質の劣化が早いもの。
消費期限については、特に気をつける必要があります。

ナチュラルコスメやオーガニックコスメの場合、消費期限が設けてあるものも少なくありません。
必ず、使用前に消費期限が箱や容器に記載されていないか確認し、開封した日付を記録しておきましょう。

そして開封後の保存状態に気をつけて、できるだけ早く使い切ることが大切です。

化粧品の消費期限 まとめ

1)箱や容器に消費期限が記載されていないか確認する。
  書かれていない場合は未開封で3年以内を目安にすること。

2)開封後は基本的に半年以内に使い切ること

3)消費期限内であっても、異変に気付いたら使用しないこと

4)無添加コスメやナチュラルコスメはより消費期限や品質の変化に気をつけること

「もったいない」と思ってしまうのはよーく分かりますが、それで肌トラブルを招いてしまっては元も子もありません。
おかしいなと思うコスメやいつ買ったのか思い出せないアイテムは思い切って処分してください。

せっかく手元にやってきた化粧品ですから、品質の良い状態で使い切るようにしましょう!

 

yaji 敏感肌のための年代別・お悩み別スキンケア人気アイテムランキング

yaji 本当に信頼できる国産オーガニックコスメ厳選5ブランドランキング

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。