Arouge(アルージェ)ってどう?アルージェの特長・口コミまとめ

ドラッグストアコスメの中で、敏感肌向けのものといえば「アルージェ」または「キュレル」の名前が挙がるのではないでしょうか。

どちらも歴史があり、敏感肌のバリア機能低下やセラミド不足に着目して作られているスキンケア化粧品です。
>>アルージェとキュレルの比較記事はこちら

アルージェは、特にミストタイプの化粧水が大人気で、雑誌の美容特集でもたびたび取り上げられています。

プチプラ、ドラッグストアコスメといえども、知名度と実力の高さは他メーカーに勝るとも劣らないのがアルージェブランドです。

キュレルと同じくどこのドラッグストアでも手に入るので、普段使いに便利なのはもちろんのこと、事前に肌に合うかだけ確認しておけば、手持ちの化粧品を切らしてしまったときや急なお泊まりのときなどにも非常に便利です。

そういう意味でも、アルージェは敏感肌や乾燥肌で悩みがちな人は一度は試しておくべきブランドのひとつだといえます。

このページでは、そんなアルージェの特徴や実際に使ってみた感想、みんなの口コミや評判などをまとめてみました。
まとめるにあたっていろいろ調べてみた結論からいうと、アルージェは特にこんな人にオススメのスキンケア化粧品です↓↓↓

  1. ドラッグストアコスメが好き
  2. 敏感肌・乾燥肌に悩みがち
  3. 製薬会社開発コスメに安心感がある
  4. 低刺激処方のスキンケアを探している

アルージェの公式サイトを見る

管理人yo-koが使ってみた感想を見る

アルージェの口コミ・評判は?

  アルージェシリーズ、どこで買える?

 

アルージェってこんなブランドです

アルージェは、製薬会社が敏感肌の肌トラブルに向き合い、「バリア保湿」を重視して開発したスキンケア化粧品です。
かぜ薬のジキニンで有名な全薬工業が作っています。

アルージェの「バリア保湿」とは、敏感肌の乱れたバリア機能を整え、うるおいを生み出すチカラをサポートすること。
全薬工業が製薬会社として取り組んできた皮膚病薬の研究とノウハウが生かされた製品づくりが特長です。

アルージェの前身は、今現在も販売されている「アピットジェル」という敏感肌向けの薬用保湿ジェルでした。
アピットジェルは、

  • 弱った肌に刺激になりやすい界面活性剤を使用していないこと
  • 特殊技術で天然セラミドをナノ粒子化したものを配合していること
  • 低刺激で高い保湿力があること

を誇る保湿剤です。

アトピーや、激しい乾燥に悩まされたことがある人は、ドラッグストアなどでこのアピットジェルに出会ったことがあるかもしれません。

アピットジェルが店頭での紹介や口コミで評判が広がる中、肌に優しく安全なスキンケア化粧品を作ることが多くの悩める女性に必要とされていると実感した全薬工業は、2001年敏感肌用スキンケアシリーズとして「アルージェ」の販売を開始しました。

肌荒れを抑える有効成分であるグリチルリチン酸2Kとε-アミノカプロン酸のダブル配合、界面活性剤を使用せずにナノ化されたビオセラミド(セレブロシド)の他、カンゾウ葉エキス、トリメチルグリシンなどの保湿成分などがアルージェの特長です。

また、敏感肌向けに開発されているだけのことはあって、

  • 弱酸性
  • 無香料・無着色
  • 鉱物油無添加
  • 表示指定成分無添加
  • 界面活性剤無添加
  • ノンアルコール(エチルアルコール無添加)
  • ノンパラベン
  • 敏感肌の人の協力によるパッチテスト済み
  • アレルギーテスト・コメドテスト済み

など、肌へのやさしさと安全性に徹底的にこだわって作られています。

敏感肌向けに作られているものの、ドラッグストアコスメなのに保湿力の高さがすごい!という口コミで若い女性を中心に人気があるのも、アルージェの大きな特長かもしれません。

赤ちゃんから大人まで年代を問わず、また肌が弱った状態でも使える身近な敏感肌向けブランドとして、アルージェはどこのドラッグストアでも取り扱われているブランドです。

 

アルージェの人気アイテムはミストタイプの化粧水とジェル乳液

低刺激、無香料、無着色、エチルアルコールフリー、合成界面活性剤不使用など、徹底的に敏感肌への負担を減らして作られているアルージェの製品は、敏感肌に悩む人やアトピーなどで他の化粧品がなかなか肌に合わない人など、多くの人から選ばれています。

特に人気のアイテムは、ミストスプレー式の化粧水です。

アルージェの化粧水は、

  • モイスチャーミストローションⅠ(さっぱり)
  • モイスチャーミストローションⅡ(しっとり)
  • モイスチャーリッチローション(とてもしっとり)

の3種類がありますが、名前にもあるとおり「さっぱり」と「しっとり」の2種類はミストタイプ(スプレー式)になっています。
敏感肌さんの場合、肌が乾燥しやすいタイプが多いので、しっとりのミスト化粧水を選ぶ人が多いようです。

また、ジェル乳液と保湿クリームもアルージェの人気商品です。

特にジェル乳液は、アルージェの前身として作られたアピットジェルのよいところを引き継いでおり、溶け込むような浸透力となめらかな使い心地が特長的です。

「しっとり」と「とてもしっとり」の2種類ある保湿クリームも、刺激がない、ベタつかないのにしっとり感が高い、肌が敏感になっている時に頼りになる、などなど、たくさんの口コミが集まっています。

アルージェには 5アイテムを試せるトライアルセットがあります。

  • メイク落とし
  • 洗顔石けん
  • ミスト化粧水(しっとり)
    ※おためし用はスプレーミストではなくパウチに入っています
  • ジェル乳液
  • 保湿クリーム(しっとり)

5種類ものアイテムが試せるのは嬉しいポイントなのですが、内容量は朝晩使って2日分と一般的なトライアルセットよりも量的には少なめなので、じっくりおためしするというよりは肌に付けたときに刺激や違和感がないかを確かめるためのセットといえます。(お泊まり用にも手軽でいいかもです)

また、公式サイトでもサンプル請求ができるので、はじめてアルージェを使ってみる場合はサンプルを取り寄せてみるのもよいですね。

アルージェには、これらの他にもスペシャルケアアイテム(美容液、パックなど)や部分ケア(目もとクリーム、リップ美容液など)、美白・UVケアアイテムなどがあります。

身近なドラッグストアで手に入り、敏感肌の幅広い悩みをカバーしてくれるので、年代問わず愛用している人が多いブランドです。

アルージェの公式サイトを見る

 

管理人yo-koがアルージェを使ってみた感想

かつてアトピーがまだまだ酷かったころ、アルージェを何度かリピートしたことがある管理人yo-koですが、それもかれこれ20年近く前のこと。

何度か買ったということは、それなりに良かったということなのだろうとは思いつつも、なにしろずいぶん前なのでどんな使用感だったかは覚えていません。
十数年ぶりに、アルージェのスキンケア化粧品を試してみることにしました。

使ってみたのはこちらの3アイテムです。

  • モイスチャーミストローションⅡ(しっとり)
  • モイストトリートメントジェル(ジェル乳液)
  • エクストラモイストクリーム(とてもしっとり)

化粧水はミストタイプから選びたかったので、さっぱりかしっとり2択だと乾燥がちな敏感肌の私としてはやはりしっとりを選びます。

乳液とクリームは、評判のよいジェル乳液(多分 昔お世話になったアピットジェルに近しいと思われる)は試しておきたかったのと、乳液・+クリームの中で最高の保湿力であるはずの「とてもしっとり」でどの程度の保湿感があるか知りたくて、このチョイスになりました。

まずはこちら、モイスチャーミストローションⅡ(しっとり)から。
このミストローションは、デパコスなどの強豪ひしめく中でたびたびコスメ大賞やアワードなどに登場するほどの人気を誇る化粧水です。

アルージェ モイスチャーミストローションⅡ(しっとり)の全成分はこちら ↓↓↓

【有効成分】
グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸
【その他の成分】
水、BG、濃グリセリン、カンゾウ葉エキス、米ヌカエキス、植物性スクワラン、トリメチルグリシン、ヒアルロン酸Na-2、ビオセラミド、マカデミアナッツ油脂肪酸コレステリル、ジグリセリン、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、水添大豆リン脂質、D-ソルビット液、フェノキシエタノール、ヘキサオキシステアリン酸ジペンタエリトリット、1,2-ヘキサンジオール、粘度調整剤、pH調整剤

肌荒れを抑えるグリチルリチン酸2Kとε-アミノカプロン酸を配合しており、医薬部外品(薬用化粧品)として扱われています。

スプレータイプの化粧水は、使いやすさと清潔さがよいですよね。

ただし、スプレーの形状によってはミストというより水鉄砲かよと思うような出方をするものもあるので、単純にスプレー式=よいとは言いにくいのですけれども・・・。

その点アルージェのミストは比較的細かく霧状に出てくるので、とてもよいです。
上の写真では、ある程度液体が見えるように数プッシュしているので、ちょっと粗い霧のように見えてしまうかもしれませんが、フンワリとしたミストです。

メイクの上からでもご使用になれます、とあるので、夕方の肌の乾燥にメイクの上からシュシュっと水分を補給するのに便利です。

肝心の保湿感ですが、ぐいぐい浸透していく感じがすごくてしっとりふわふわ肌になるので、「これがナノセラミドのチカラ?」とちょっと感動するくらいです。

ただ、個人的な感想としては、そのうるおい感の持続性はもう一歩かな、と思いました。
だからこそ、手軽なスプレー式の機能性とメイクの上からでも使える点を活かして、ちょこちょこ補給すればよいのかもですけど。

そしてこちら2種類、乳液とクリーム。
アルージェ モイストトリートメントジェルと、エクストラモイストクリーム(とてもしっとり)です。

モイストトリートメントジェルの全成分はこちら ↓↓↓

【有効成分】
グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸
【その他の成分】
水、BG、濃グリセリン、ペンチレングリコール、PEG(20)、カンゾウ葉エキス、米ヌカエキス、スクワラン、トリメチルグリシン、ヒアルロン酸Na-2、ビオセラミド、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE、フェノキシエタノール、粘度調整剤、pH調整剤

こちらもローションと同じく、2種類の炎症を抑える成分で医薬部外品扱いになっています。

エクストラモイストクリーム(とてもしっとり)の全成分はこちら↓↓↓

【有効成分】
グリチルレチン酸ステアリル、ε-アミノカプロン酸、γ-オリザノール
【その他の成分]】
水、濃グリセリン、BG、植物性スクワラン、ヘキサオキシステアリン酸ジペンタエリトリット、カンゾウ葉エキス、シア脂、トリメチルグリシン、ヒアルロン酸Na-2、ビオセラミド、マカデミアナッツ油脂肪酸コレステリル、サラシミツロウ、ジグリセリン、水添大豆リン脂質、水添ホホバ油、天然ビタミンE、トリオクタン酸グリセリル、フェノキシエタノール、1,2-ヘキサンジオール、ベヘニルアルコール、粘度調整剤、pH調整剤

こちらはγ-オリザノールが加わって、3種類の有効成分になっています。

ジェル乳液とクリームの質感の違い。
左がモイストトリートメントジェル、右がモイストクリームです。

モイストトリートメントジェルはポンプ式、モイストクリームはジャータイプと、使い勝手も違いますが、パッと見の質感もだいぶ違いました。

モイストトリートメントジェルをちょっと伸ばしてみたところ。

いちおう公式にはジェル乳液となっているのですが、なんと言ったらベストなのか難しい質感です。
ジェルというにはとろとろで、乳液というには軽すぎのような。

さらに、手のひらで肌に押し込むとあっという間に浸透しすぎで、「はっ?」と驚くくらいです。
めちゃくちゃ浸透が早くて、軽い使い心地のわりに保湿感はまあまあちゃんとしているので、肌が弱ってる乾燥肌さんや敏感肌さんの保湿に向いているというのも納得と言わざるを得ません。

じゃあクリームのほうはコッテリ重いのかというと、ジェル乳液と比べればそりゃあコッテリしているのですが、一般的なクリームから考えるとかなり柔らかくてつるんとした使い心地です。

とはいえさすが「とてもしっとり」を名乗るだけあって、うるおいがギュッと詰まっている感じがします。
でもクリームにしてはかなり軽めの使い心地なので、必ずしも使い心地=うるおい持続力ではないとはいえ、真冬の乾燥には耐えられるか現状ではちょっと不安が残ります。

私の肌の具合で考えると、8月であればミスト化粧水+ジェル乳液にして、その後に使う日焼け止めも美容成分・保湿成分たっぷりめのものにするとちょうどよいかな、と思います。

冬場になったらジェル乳液をクリームに変えて、化粧水も「もっとしっとり」を視野に入れた方がいいかもしれません。
ただし、もっとしっとりの化粧水はスプレー式ではないのがちょっと残念かも・・・。

アルージェのスッと肌に入っていく感じはちょっと感動モノなので、多くの人に試してみてほしいです!
(乾燥が強い人ほど肌にぐんぐん入っていく感じは実感しやすいかもしれません)

ただし、ドラッグストアコスメあるあるではありますが、保湿と肌へのやさしさ重視!な作りなので、スキンケアの喜びとかコスメの楽しみ的なものを求めたい場合にはちょっと不向きであるかもです。

また、保湿感もかなり高めではありますが、世の中にはもっとしっとり保湿できるものもあるぞ・・・というわけで、個人的な得点を付けるとしたら(ちょっと厳しい採点ではありますが)75点くらいかな、という印象です。(今現在の私のベスト高保湿コスメはこちら

それでも、ちょっと肌が不安定なときドラッグストアですぐに買えるお助けコスメがあるというのは、敏感肌さんにとって非常に心強いことなので、肌の状態が普通~ちょっと弱り気味のときに相性を試しておくとよいですよ!

私も何かのときにはまたお世話になると思うし、ミスト化粧水は手元に置いておこうかな?とも思います(*’ω’*)

アルージェの公式サイトを見る

 

アルージェの口コミ・評判は?

敏感肌用の化粧品といえば、というトピックには必ず名前が挙がるであろうドラッグストアコスメ、アルージェの口コミや評判はどうなのでしょうか。
実際に使ったことがある人の声をSNSやブログ、口コミサイトなどで調べてまとめました。

まずはよい口コミから。

  • 口コミでミスト化粧水がよさそうだったので使い始めました。グングン肌が吸い込むのでかなりハマっています。
  • 以前はキュレルを使っていたのですが、ふとアルージェに切り替えてからずっとお世話になっています。ジェル乳液だけは絶対手放せません。
  • 敏感肌でも安心して使えるドラッグストアコスメならアルージェかな、と思います。
  • すごく浸透が早くて、サラッとしてるけどうるおってる不思議な感じです。ベタベタする使い心地は苦手なので、この軽い使い心地は嬉しいです!

など、アルージェの浸透感や使い心地の軽さ、敏感肌でも安心して使える肌への優しさに対する評価が高かったです。

一方で、残念ながら中にはアルージェが合わなかった、という声も。

  • 無香料だし肌にも優しそうなので使ってみたけど、私の肌には合わず、こまかいニキビができてしまいました。今は代わりにキュレルを使っています。
  • みんなの口コミをみるとすごくうるおうみたいだけど、私はあまり実感できませんでした。ドラッグストア系では年齢的にもう物足りないのかもしれません・・・。
  • 敏感肌向けなので大丈夫だろうと思ったのですが、少し顔にかゆみが出てしまいます。何が合わないのか分からないけど、残念です。もったいないのでボディ用にしましたが、体は大丈夫です。

全体的にはよい口コミが多いアルージェですが、中には肌に合わなかった、物足りなかった、という声もありました。

敏感肌向けであっても、無添加にこだわって作られたコスメでも、どんなに優秀なコスメでも人によって肌に合う合わないはありますので、初めて使う場合はトライアルセットを使う、パッチテストを行うなど、自分の肌との相性を確認してみてくださいね。

アルージェの公式サイトを見る

 

アルージェの化粧品、どこで買える?

アルージェの化粧品は、マツモトキヨシやツルハドラッグなどのドラッグストアや薬局で購入することができます。
ほとんどのドラッグストアに置いてある有名商品ですので、入手するのに困ることはなさそうです。

アルージェの取扱店舗検索はこちら

そのほか、Amazonや楽天などの通販でも購入することができます。

また、アルージェの公式サイトでは「アルージェ 体験キャンペーン」としてサンプルプレゼントのキャンペーンが行われていることもあるので要チェックです。

アルージェの公式サイトを見る

店頭では有料になりますが2日分のトライアルセットが売っているので、初めてアルージェを使う場合はぜひトライアルセットで肌との相性を試してみてください。

 

【あわせて読みたい】
花王Curél(キュレル)ってどう?キュレルの特長・口コミまとめ

ドラッグストアで買える敏感肌用セラミド化粧品アルージェとキュレル、どっちがいい?違いを比較してみました

敏感肌さんに本当にオススメしたいスキンケア化粧品まとめ

 

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。