野菜不足は肌荒れの元!敏感肌さんのための青汁の選び方

美肌を保つために大切なのは野菜たっぷりのバランスの取れた食事と、睡眠、そしてスキンケアですよね。
とはいえ、分かっていても毎日しっかり野菜を摂るのって意外と難しいことです。

特に外食が続いたり、野菜が高騰して買い控えたり、忙しくてワンディッシュで済ませてしまったり・・・思い当たることがある人も多いのではないでしょうか。

ただでさえ現在の野菜は昔より栄養価が低くなっているといわれているので、きちんと野菜を食べているつもりでも実はビタミン不足になっていることも。

野菜サラダ

栄養を補うという意味では手軽に摂れるサプリも便利ですが、精製された栄養素よりも野菜不足を補うにはやはりできるだけ自然な形で補えるのがベストです。
野菜不足=単にビタミンやミネラル不足だけでなく、食物繊維不足も深刻だったりします。

カラダの構造からして特に便秘になりやすい女性は食物繊維不足は美肌の大敵。

そう考えると、野菜の汁だけを絞り取った野菜ジュースよりも野菜を粉末状にした青汁を飲む人が最近若い人たちの間でも増えているのは当然の流れのようにも思われますね。

ただ、青汁と一言で言ってもその品質や製品のこだわりはピンからキリまであるのが現状です。
どうせ野菜不足解消を目指すなら、よい青汁を選びたいもの。

でもよい青汁って?なにを目安に選べばいいの?
そんな疑問を解決するべく、美肌になれる青汁の選び方を探ってみました!

 

美肌になるための青汁の選び方の目安3つ

せっかく野菜不足解消・美肌のために青汁を飲むのであれば、やはりきちんと効果が実感できるものがいいですよね。
でも最近は、安いものからとっても高価なものまで、さまざまな青汁が売られています。
それぞれのアピールポイントも各メーカーさまざまです。

いったいどれを選べばいいのか?分からなくなってしまいますよね。

ここでは、「野菜不足を解消する」ことを目的とした青汁の選び方をご紹介します。

1)主原料になっている野菜は何か

ケール

青汁と言っても、原材料になっている野菜はさまざまです。
苦くてマズイけど栄養豊富で野菜の王様の異名を持つケール、あっさりと飲みやすくお抹茶のような風味の大麦若葉、独自の成分でダイエット中の女性にも人気の明日葉、栄養バランスにすぐれた桑の葉など、それぞれの青汁にはいろいろな野菜が使われています。

栄養だけでいうのであれば、昔ながらの青汁の代表ケールがおすすめですが、「青汁は苦くてまずい」というイメージを作り出したのもケールです。

野菜不足を解消して美肌になるためには、飲み続けられることも大切なポイント。
ケールと他の野菜を組み合わせて飲みやすさや味にもこだわったものを選ぶか、その他の野菜を主原料にしたものをチョイスするのも継続するためには重要です。(人によってはケールでも全然平気!という人もいるかもしれないので、まずはお試しを!)

2)ビタミン等を別途添加していないものを

青汁の中には、野菜の粉末だけでなくビタミン類やコラーゲンをプラスしたものもあります。
それはそれで、「これひとつ飲むだけで野菜不足を解消するだけでなく他の美肌成分も摂れちゃう」というのがウリですし、決して悪くはありません。が、本来青汁は野菜のビタミンを豊富に含んでいて、わざわざサプリメント的な成分を添加する必要があるのか少々疑問も残ります。

「野菜不足を解消する」というシンプルな目的のためであれば、ビタミンやその他美容成分を含んでいないシンプルな成分構成のものを選ぶのがオススメです。

3)食品添加物はなるべく少ないものを

せっかく野菜不足を解消するために青汁を飲む=健康になりたい!と考えているのに、選んだ青汁が食品添加物たっぷりだったらちょっとガッカリですよね。

青汁を飲む

敏感肌のスキンケア研究所が考える「青汁に唯一添加されていてもOKな食品添加物」はデキストリンのみです。

デキストリンとはデンプンのことで、主に食品にとろみをつける目的で配合されますが、青汁の場合は粉末が固まってしまわないよう(サラサラな状態を保ちやすいよう)、水に溶けやすいよう配合されているようです。

それ以外の食品添加物は青汁には本来不要なもの。購入前に原材料をきちんとチェックして、保存料などの不要な添加物が入っていないかを確認しましょう。

 

青汁じゃなくて野菜ジュースはどうなの?

野菜不足を解消するなら、青汁じゃなくて野菜ジュースでもいいのでは?と考える人も多いのではないでしょうか。
「これ1本に1日分の野菜が入っています」と謳っている野菜ジュースもありますし、今日は野菜不足だから野菜ジュースを飲もう!と野菜ジュースを手にする人も居ると思います。

野菜

が、市販の野菜ジュースの多くは「野菜の搾り汁」です。野菜に含まれる栄養素はともかく、繊維質はほとんど取り除かれてしまっています。

また、メーカー等によって差異があるので一概には言えませんが、加熱処理を施したり濃縮還元をしたりすることによって、せっかくのビタミン類がほとんど残っていないことも。

野菜ジュースを飲むのであれば、コンビニなどで買う野菜ジュースよりも少々お値段は張りますが食物繊維入り(野菜ピューレ入り)の健康志向のものやカフェなどのスムージーを選ぶほうが野菜不足解消目的としては数倍オススメです。

yaji美味しく手軽に続けられる!「おいしい青汁」を見る

 

青汁マニアに聞いてみた!今イチオシの青汁ってどれ?

管理人yo-koの知人に青汁マニアのYさんという方がいます。
Yさんは世の中に売られている青汁全部飲んだ事があるんじゃないかというほどの青汁マニアです。

Yさんは青汁の味はもちろんのこと成分や原材料にもこだわりを持っていて、夏の暑い時期にがぶがぶ飲めるくらいおいしくて飲みやすくて無添加の青汁を教えて!と言ったらお茶村 神仙桑抹茶ゴールドというのを薦められました。
これはちょっと高かったけど、ホントにお茶のようにおいしくて毎日ガブガブ飲める青汁でした。

そんな青汁マニアのYさんに「今アツい青汁ってどれ?」と聞いてみたところ、意外な答えが返ってきました。
「サンスターの粉末青汁か、缶入りのおいしい青汁」とのことです。

サンスターといえば、歯磨き粉などでおなじみの会社ですよね。
そのサンスターが青汁?と思って話を聞いてみると、サンスターには社員の健康状態を維持するための「健康道場」という施設があり、そこで飲まれているものを一般向けに発売されたものなんですって。

お味のほうはどうなのか?試してみるためにサンプルをもらってきました。

サンスター青汁

健康道場の粉末青汁は、サンスターが社員の健康のために作っただけあって、かなりこだわりの青汁のようです。
食品添加物は完全無添加。
5種類の西日本産の野菜100%でできた濃厚な青汁です。

青汁を飲んだ事がある人なら分かるかと思いますが、青汁のパウチってだいたいそもそも細長いスティック状です。ところがサンスター健康道場の青汁はパッケージがでかい。

粉末青汁中身

もちろん中に入っている粉末量も多くて、一般的な青汁と比較すると1包の量が約2.5倍も入っているそうです。
しかも無添加なのでこれ全部野菜の粉です。

ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤの5つの国産野菜が使われています。ブロッコリーが入っている青汁はちょっと珍しいように思います。

混ぜ混ぜ

溶けやすくする目的で入れられるデキストリン等も無添加なので、やや混ざりにくいです。
というか、粉の量が多すぎるせいで混ぜにくいです。汗

シェイカーか、ホイッパー(今、商品を買うとオマケでプレゼントでついてくるそうです)があればすぐに混ざりそうではあります。

濃厚青汁

混ぜきったところ。なんだか、普通の青汁よりも濃いです。
ややどろっとしています。こんなに色の濃い青汁は見たことありません。さすが粉量2.5倍です。

さて、肝心の味ですが、正直あまりおいしくはありません。
続けられなくはなさそうですが、大麦若葉単体の青汁やお茶村 神仙桑抹茶ゴールドなどの味に慣れている管理人yo-koはちょっと野菜感が強すぎました。

ケールが入っているので苦くてマズいのかと思いきや、苦味は全然感じませんでした。
なんていうんでしょう、まずくはないんですけど青々しくて正直少し飲みにくい・・・。ただし、これを継続したらものすごく健康になれそうな味ではあります。

おいしい青汁

「粉末がダメだったらこっちね」とYさんが渡してくれた缶入りの「おいしい青汁」にも挑戦してみました。

こちらは9種類の青野菜にリンゴとレモンがプラスされていて、飲みやすさ・おいしさにかなりこだわった青汁です。名前も「おいしい青汁」と「おいしい!」と言い切っています。

おいしい青汁とろとろ

コップに注いでみると、とろりとしているのに驚きます。
青汁というより、自分でミキサーで作ったスムージーみたいです。

こちらは本当においしく飲める!さっぱりとしていて飲みやすいし、セロリの香りがほのかにして、上等なグリーンスムージーを飲んでいるようです。

ピューレの残り

そして注目はこの飲んだ後に残る繊維質。

健康道場のおいしい青汁は青野菜のピューレを25%も配合しているので、市販の繊維質の入っていない野菜ジュースとは訳が違います。
これならお通じにも良さそう=お肌にも良さそうですよね。

しかも、独自の技術でできる限りフレッシュ感と生の野菜の栄養を損なわないように作られているので、足りない野菜を補給するという意味でもこれなら飲む価値があります。

個人的には断然こちらの「おいしい青汁」が飲みやすくて続けやすそうです。
缶入りで自分で混ぜる必要もないので、出勤時に飲みながら出かけたり、ランチタイムに飲んだりすることもできそうなのもgood。

1日(1本)あたり200円と、通常の市販の野菜ジュースよりはややお高めですが、この味とこの質ならむしろ自分でスムージーを作る手間や野菜を買い揃える手間を考えたら全然OKかと。

スキンケアだけでなく、体の中から整えていく必要性をひしひしと感じる年頃になってきた管理人yo-koは当面この「おいしい青汁」を続けてみることにしました。

もちろん毎日の食生活は何より重要ですが、野菜が足りない日は青汁パワーで美肌をサポートしてみませんか?

 

yaji無添加&本格健康志向派さんに!「粉末青汁」の詳細を見る

yaji美味しく手軽に続けられる!「おいしい青汁」の詳細を見る

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。