ニキビ肌・敏感肌向けマツエク対応クレンジング「allna(オルナ)ナチュラルクレンジングゲル」

肌荒れやニキビを隠すためについ塗りすぎてしまうしっかりメイクや、お肌の状態を改善したいがために過剰になりがちなスキンケアは、だんだんお肌への負担となって積み重なっていきます。

美肌の基礎は「付ける」ことよりもまずは「落とす」ことから。お肌をリセットするための「クレンジング」選びはスキンケアの中でもとても重要です。

よいクレンジングの条件は「きちんと落とす」ことはもちろんのこと、「落としすぎない」ことがポイントになります。特に敏感肌さんの場合は健康な肌に比べてお肌のバリア機能が弱っていますから、きちんと汚れは落としながらもお肌のうるおいや必要な皮脂は落としすぎないクレンジング選びが美肌への近道。

もう1点気をつけたいのが、「クレンジング時の摩擦」です。クレンジングに限らず、化粧水をつけるときもクリームを塗るときも「お肌をこする」のは厳禁!お肌をこすること=摩擦はお肌にとって大敵!正しい洗顔の仕方でも「モチモチの泡で直接指が手に触れないよう泡でなでるように洗う」とよく言われますが、もちろんクレンジングにも言えます。

【理想的なクレンジングの条件】reten 汚れをきちんと落とすこと

reten うるおいや皮脂は落としすぎないこと

reten 摩擦が少なくお肌に負担をかけないこと

敏感肌さんにおすすめしたいのはクリームタイプかジェルタイプのクレンジング剤です。クリームやジェルはお肌の上で滑らせて汚れを浮かせて落とすので摩擦が少なく、お肌への負担が小さいのが特長的。また、美容成分をたっぷり配合しているものが多いので、スキンケアしながら汚れを落とすリッチなクレンジングができるのがよいところなんです。

逆に気をつけたいのは、オイルタイプとリキッドタイプ。クレンジングオイルは滑りがよく摩擦は少ないところはよいのですが、洗浄力が強すぎて刺激になりやすいものが多いので注意が必要です。(ただし中には合成界面活性剤を含まない美容オイル100%でできた優秀クレンジングもあります)

リキッドタイプはさっぱりした使用感と使いやすさが人気ですし、まつ毛エクステ(マツエク)対応のものが多いため最近需要が高まっています。が、リキッドタイプはその名前のとおりさらっとしすぎていて水のようですのでお肌への摩擦はやや高め。コットンでふき取るタイプは特に摩擦が大きくなるので気をつけたいところ。

オルナ

お肌への摩擦が少ないジェルかクリームタイプで、敏感肌でも安心して使えて、マツエク対応のクレンジングってないかな?とあれこれ探して見つけたのが、「allna(オルナ)ナチュラルクレンジングゲル」です。まだ発売から日が浅く(モニター販売などはされていたようです)ほぼ無名で@コスメでも1件も口コミがない状態・・・ですが、これはこの先人気が出そう!

まだまだ知られていない今のうちに、一足お先にオルナの質感や汚れ落ちを試してみました(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

オルナ ナチュラルクレンジングゲルってどんな製品?

オルナはもともとニキビで悩む女性のために作られたクレンジングゲルです。ニキビ対策の2大NG要因「刺激」と「摩擦」を可能な限り排除して、自然の力で汚れを落とす処方にこだわっています。

はちみつパッと見はとてもシンプルなパッケージのオルナですが、中身はたくさんの美容成分が詰まっています。特に注目したいのが、ハチミツ。蜂蜜にはビタミンB群やビタミンCが豊富で、保湿力も高く、さらに抗菌作用、抗炎症作用があることで知られています。古くはクレオパトラがハチミツをパックに使用していたというほど、昔から美容に生かされてきたんです。

またハチミツには皮脂バランスを整える働きもあるので、乾燥肌にはうるおいを与えオイリー肌にはベタつきを抑えてくれる、ひとつでさまざまな肌悩みに応えてくれる頼もしい美容成分です。食べておいしいだけじゃなくお肌に付けてもいいんですね!

さらにオルナにはお肌にうれしい成分がたっぷり。マンダリンオレンジ果皮エキスが角質の乱れを整え、きめ細かい透明感のあるお肌へ導いてくれます。そのほか消炎作用や抗酸化作用の高い7つの天然ハーブエキスが肌荒れや洗浄成分の刺激からお肌を守りながら美肌をサポート。全成分中98%が美容成分でできています。

お肌にやさしいだけでなく、汚れを落とすクレンジング力もしっかり。だけどまつエクで使われる接着成分が溶けない為の独自処方「マツエク保護処方」によって、マツエクしていても使えます。

マツエク対応クレンジング

お肌に不要なもの・負担になるものは極力排除するため、6つの無添加にもこだわっていて「パラベン、アルコール、鉱物油、着色料、合成香料、石油系界面活性剤」は使用していません。ニキビ肌だけでなく、敏感肌でも安心して使用できるお肌に優しいクレンジングです。

yaji オルナ ナチュラルクレンジングゲル公式サイトを見る

 

オルナナチュラルクレンジングゲルを使ってみました

オルナナチュラルクレンジングゲル

オルナナチュラルクレンジングゲル、初回970円モニターキャンペーンでお得に買えました!3回継続購入を条件に、初回は82%OFF、2回目以降は27%OFFで購入することができます。(キャンペーン内容は変更になる場合がありますので、公式サイトで確認してくださいね)

1本120g入り、約1か月分です。

オルナジェル

中身はぷるん!とした透明のジェルです。ほんのりオレンジの香り。1回の使用量は500円玉1個分くらい。マスカット1粒分くらい?

オルナ全成分

オルナ ナチュラルクレンジングゲルの全成分。合わない成分がないかどうかチェックしましょうー!

水、DPG、イソステアリン酸PEG-25グリセリル、グリセリン、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ペンチレングリコール、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ラベンダー花エキス、はちみつエキス、ローヤルゼリー、はちみつ、プロポリスエキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、グリチルリチン酸2K、10-ヒドロキシデカン酸、セバシン酸、リモネン、ヤシ油アルキルグルコシド、1,10-デカンジオール、BG、PEG-20ソルビタンココエート、水酸化K、カルボマー、フェノキシエタノール

はちみつだけでなくローヤルゼリーやプロポリスエキスなど、ミツバチやハチミツの美肌成分が惜しげもなくたっぷり配合されていますヾ(´∇`)ノ

どれぐらいメイクが落ちるか?比較するためにリキッドファンデ+フェースパウダー+マスカラ(フィルムタイプ)を手に塗ってみました。

ベースメイク+マスカラ

右だけ落としてみます!面積が狭いのでオルナはちょびっとで。

オルナ半分クレンジング

くるくるなじませると、だんだんメイクが浮き上がってきます。最初はあれ?落ちるの?と思いきや、フッと急に汚れが浮き始める感じです。

オルナメイク落とし

透明だったジェルがだんだん濁った状態に。フィルムタイプ(スマッジプルーフ)のマスカラも浮き上がって細かくなってきました。

さっぱり汚れ落ち

水でさっと洗い流したら、きれいさっぱり落ちてました!肌のキメに入り込んだファンデもすっきり。これならアイラインなんかもきれいに落とせますね♪(ただしウォータープルーフのは専用クレンジングで落としておいたほうがいいかも)

オルナ汚れ落ち

ジェルクレンジングはくるくるしているうちにトロリとやわらかくなってゆるゆるになるものも多いけど、オルナのクレンジングジェルはやわらかくなりながらもそれなりの濃度というかコッテリ感があるので指が肌に直接触れずにジェルで汚れを浮かすことができます。写真でその感じが伝わるでしょうか。

この濃厚ぷるん!とした感じは本当にお肌への摩擦がかなり少ない!ニキビ肌や敏感肌もメイクを優しく落とすことができます。

オルナのクレンジングはサンプルやトライアルサイズがないので、もしお肌に合わなかったら・・・と気になるところなのですが、90日間返金保証制度があります。なかなかいきなり本商品を買って使うのは勇気がいる敏感肌さんも、万が一肌に合わなかった場合は返品・返金が可能な嬉しい制度です。

ニキビ肌、敏感肌、マツエク対応。このワードが気になる人は試してみる価値アリのクレンジングだと思います。まだまだマナラなどに比べたら知名度は低いですが、要チェックアイテムです。

 

yaji オルナナチュラルクレンジングの詳細&モニターキャンペーンを見る

 

 

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。