ニキビの原因「アクネ菌」は日和見菌!アクネ菌を増やさないための3つのポイント

ニキビといえばアクネ菌が原因!というのは、ニキビに悩まされたことがある人にとってはもはや常識ですよね。

でもそのアクネ菌自体は皮膚常在菌のひとつで誰の肌にも存在している菌だということはご存知ですか?

ヒトの皮膚には、腸内と同じようにたくさんの常在菌がいます。
そしてその常在菌には、これまた腸内と同じく「善玉菌」と「悪玉菌」そして「日和見菌(ひよりみきん)」がいて、健康なお肌はそれらの菌が絶妙なバランスを保っているのです。

腸の中の菌がいないと食べたものを消化できないように、肌の常在菌も皮脂や汗を食べて保湿成分を作ったり、弱酸性のバランスを保ったりすることで皮膚にとって重要な働きをしています。

憎きアクネ菌もそれらの常在菌のうちのひとつ。
ですがアクネ菌は「日和見菌」でもあります。

日和見菌というのは、皮膚のバランス次第でよい子にも悪い子にもなり得る菌ということです。

そう、ニキビはアクネ菌がほどよいバランスを崩して量が増えすぎ、炎症が起きてしまった状態のこと。
つまり、アクネ菌はふだんから肌の上にいて当たり前のものだけれど、それが増えすぎてしまうことがニキビを引き起こす原因であり、スキンケアをする上で問題になるポイントなんです。

 

アクネ菌が増えるのを防ぐにはどうしたらいいの?

アクネ菌は増えすぎると肌に悪さをする(=ニキビを作る)菌ですが、普段は肌を守る働きをしてくれています。
誰の皮膚の上にも存在している常在菌のひとつです。

それなのに、ニキビができやすい人、ニキビができにくい肌質の人がいるのはなぜなんでしょうか。

ニキビケア

その原因のひとつは、皮脂の量です。

皮脂の分泌がさかんな思春期にニキビができやすいことを考えるとピンとくると思うのですが、アクネ菌の好物は皮脂。
皮脂を食べることで勢力を増していきます。

皮脂が出やすい体質の人はそれだけニキビができやすいというのは、アクネ菌の好物がたくさん皮膚の表面にあるからというのが原因のひとつ。

また、角質が硬くなって毛穴がふさがりがちになると、その毛穴の中でひっそりとアクネ菌が増えようとします。

大人ニキビの場合はさらに、表面には皮脂が多いけれど内側の水分が足りていないインナードライ状態になっていることが多いので、ますますアクネ菌にとっては勢力を強めやすい環境になってしまっています。

肌の善玉菌といわれている「表皮ブドウ球菌」が元気であればアクネ菌の勢力を抑えてくれますが、善玉菌が弱ったり全体の常在菌のバランスが崩れているとアクネ菌がどんどん増殖してしまうのです。

つまり、アクネ菌が増えるのを防ぐには、アクネ菌だけを敵視して殺菌するケアだけでなく、皮膚の善玉菌優位の肌環境を作って常在菌のバランスを正常に保つケアが理想的なんです。

yaji 皮脂分泌を抑制する最新成分!根本からの皮脂対策でニキビケアができる新しい化粧品

 

洗顔は大切!だけど洗いすぎは禁物!

ニキビができやすい人は、洗顔に力を入れている人が多いと思います。
皮脂が出やすい肌質ということを知っているから、ニキビができるのは皮脂のせいだと知っているからですね。

洗顔

皮脂も油ですから、いつまでも肌の上に乗っていると酸化してしまいます。
酸化した油は皮膚にとって良いものではありませんから、洗い流すことも大切です。

が、洗いすぎには要注意。

強い洗浄料を使うと、余分な皮脂だけでなく善玉菌も同時に洗い流されてしまう場合が多いんです。
善玉菌も一緒に洗い流してしまうと、常在菌のバランスが整わないのでさらに肌が弱ったりアクネ菌の勢力が増したりしてしまいます。

ニキビ向けの洗顔料の中でもマイルドなもの、上質な油を使った洗浄料を選ぶことが、常在菌のバランスを整えてアクネ菌の増殖を防ぐことに繋がります。

清潔だけに気をとられて、大事な菌まで落としすぎてしまわないように気をつけましょう。

 

ストレスや睡眠不足…自律神経の乱れがニキビを招く

ニキビができやすい体質の人は、自律神経のうち交感神経が活発である傾向が高いそうです。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は活動しているときや緊張しているとき、ストレスがあるときなどに優位になり、副交感神経は休息しているときや身体を回復するとき、リラックス状態のときに優位になります。

交感神経優位になると、皮脂の分泌が活発になりアクネ菌が増えやすい環境ができるだけでなく、いわゆる「ストレスニキビができやすい状態になってしまいます。

少し難しい話になりますが、交感神経が優位になると白血球の中で顆粒球(好中球)が増えます。
顆粒球は活性酸素を武器に細菌をやっつける働きをしている物質です。

顆粒球

細菌をやっつけてくれる顆粒球はカラダを守るためになくてはならない存在です。
が、顆粒球は外敵を認識して増え始めるとどんどんどんどん増殖してしまいます。すると、その死骸が増えて膿になります。

リラックス

顆粒球はニキビ菌を殺すだけではとどまらず、さらにどんどん増えて体内の活性酸素が増えることで炎症が引き起こされます。

この炎症がストレスニキビを引き起こす原因になってしまう上に、増え続けていた顆粒球がもういいかな?と活動を止めるころには、アクネ菌がまた増えるという悪循環に陥ってしまうのです。

ニキビができやすい人は頑張り屋さんで知らず知らずのうちにストレスを溜めこみやすくなっています。

たっぷりの睡眠やのんびりリラックスできる時間を意識してとるようにすることで、休息やリラックスを司る副交感神経を高めて自律神経のバランスを整えるよう心がけましょう。
(※ 自律神経は交感神経・副交感神経どちらが高まると良いというわけではなく、両方のバランスが大切です!)

 

健康な皮脂膜・常在菌を育てるには水分と油分のバランスを

ニキビが気になる人の中には、皮脂を取り除くためしっかり洗顔して、これ以上油分はいらないからと化粧水だけのケアで終わらせている人はいませんか?

健康な肌を作るのに大切なのは、水分と油分のバランスを適切に保つことです。

適切なスキンケア

水分だけをたっぷり肌に与えると、その水分に見合った量の油分が必要と肌が判断してどんどん皮脂を作ろうとしてしまいます。
水分をたっぷり与えたら、少し油分を補ってあげることが大切です。

こんなに皮脂が出るのに外から油分を与えるなんて!と思うことなかれ。

水分をしっかり与え、油分を控えめに与えることでバランスが取れると、皮膚は「これ以上皮脂を作らなくてもいいな」と判断します。

洗顔後、5分~10分何も塗らない状態で自分の肌の状態をよく観察してみましょう。
皮脂が出ている部分、乾いている部分、つっぱる部分などをよく見てみてください。

皮脂が多い部分には水分をたっぷり&乳液などを薄く、乾いている部分には水分と乳液を多めにするなど、ひとりの顔のスキンケアでも部位や状態に合わせたメリハリが大切です。

 

日和見菌のアクネ菌を上手にコントロールする3つのポイントまとめ

ノーアクネ

誰の肌にも存在するアクネ菌。

アクネ菌そのものは悪いものではなく、皮膚の状態によってアクネ菌が増えすぎることが問題ということなんですね。

アクネ菌の増殖を抑えるには、善玉菌優位の肌バランスを保つことが重要なポイント。

  1. 落としすぎない適切な洗顔と角質・毛穴ケア
  2. ニキビができやすい人は頑張り屋さん。リラックスや休息を大切に
  3. 水分と油分のバランスのとれたスキンケア

これらのポイントを意識した生活・スキンケアを心がけることで、皮脂のバランスや常在菌のバランスが整いはじめ、アクネ菌が増えにくい健康な肌に近付きます。

ニキビはできてからの対策よりもできないように予防することが何よりも大切。今日から3つのポイントに気をつけて、ニキビレス肌を目指してくださいね!

 

【関連記事】

yaji 繰り返すニキビやしつこいニキビ跡にお悩みの敏感肌さんがするべきこと3つ

yaji ライスパワーNo.6が「皮脂分泌を抑制する」有効成分として登場!新しいニキビ・毛穴・皮脂ケアの薬用化粧品

 

 

この記事を書いた人

管理人yo-ko

40代乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュです。

美肌のために、食べものにもなるべく気を付けているつもりですが、最近はソフトクリームの食べ比べにハマっています。